- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【ガヴドロSS】「ガヴリールを救え!」

1名無しさん@おーぷん:2018/06/27(水)21:15:31 ID:5VQ()
ガヴリール「ゲホゲホ!!!」

ヴィーネ「ガヴ、さっきから咳が酷いようだけど、大丈夫?」

ガヴリール「大丈夫だ」

ヴィーネ「そう?」

ガヴリール「あぁ、大丈b…ゲホゲホ、ゴホッ!!」

ヴィーネ「やっぱり大丈夫じゃないんじゃないの!?」

ガヴリール「だから、大丈夫だって言ってるだろ! ただ、むせただけだ!!」
2名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:19:18 ID:5VQ()
~その夜~

ガヴリール「ゲホゲホッ、ガホッ!?」

ガヴリール「うぅ……咳が止まらねぇな」

ガヴリール「まっ、いいや。ネトゲと……うっ!?」フラッ

ドサッ

ガヴリール「」
3名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:22:44 ID:5VQ()
~翌日~

ヴィーネ「ガヴゥ~」ドンドン

シーーーーーーン

ヴィーネ「あれ? もう一回…」ドンドン

シーーーーーーン

ヴィーネ「おかしいわね…。学校だから起こしに来たのに、まだ寝てるのかしら?」グッ

ガチャン

ヴィーネ「あれ、鍵が開いてるわ! まったく鍵も掛けずに寝るなんて、不用心ねぇ…」
4名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:25:13 ID:5VQ()
ヴィーネ「ガヴー、速く起きなs」

ガヴリール「」

ヴィーネ「えっ?」

ガヴリール「」

ヴィーネ「なに床で寝てるの? 早く起きて学校n」ユサユサ

ガヴリール「」

ヴィーネ「反応無し………」



ヴィーネ「えええええぇぇぇーーーーっ!!?」
5名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:28:43 ID:5VQ()
~しばらくして~

バタン

サターニャ「ヴィネット!!」

ヴィーネ「サターニャ…」

サターニャ「ガヴリールが起きないってどういう事よ?! 普通に寝てるんじゃないの!?」

ヴィーネ「違うわよ。本当に起きないって意味よ!」

サターニャ「えっ、なに、一体何があったの?!」

ヴィーネ「それが分からないのよ。私も何度も声を掛けたり、揺さ振ったりしたけど、反応なしなのよ」

サターニャ「まさか、死んでるんじゃ!?」

ヴィーネ「いや、それが脈はあるのよ。」

サターニャ「死んでないって事、じゃあなんなの!?」
6名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:30:53 ID:5VQ()
ヴィーネ「分からない。ただ、これはただ事じゃないと思って、ラフィにも来るように電話したの」

ヴィーネ「もう随分前に連絡したから、そろそろ来るはずだt」

ガチャン

ラフィエル「お待たせしました」

サターニャ「ラフィエル!」

ヴィーネ「ラフィ、やっと来てくれたわね」
7名無しさん@おーぷん :2018/06/27(水)21:36:29 ID:5VQ()
ラフィエル「ガヴちゃんが起きないと聞きまして、私だけじゃ手に負えないかもと思い、詳しい人を連れてきました」

サターニャ「詳しい人?」

ゼルエル「私だ」スッ

ヴィーネ「ぜ、ゼルエルさん!?」

ゼルエル「悪魔たちよ、久しぶりだな。ガヴリールの所に遊びに来た時に出会って以来だな…」

ヴィーネ「は、はい。お久しぶりです!」ペコッ
8名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)01:06:00 ID:2FR()
ゼルエル「ラフィエルから話は聞いている。ガヴリールが起きないそうだな…」

ガヴリール「」

ラフィエル「あらま、ほんとですね! ガヴちゃんがうつ伏せのままです…」

ゼルエル「起きない、というか…これは倒れた、という感じだな。どれどれ……」

ガヴリール「」

ゼルエル「う~ん、ふむふむ……なっ、これは!?」ビクッ
9名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)01:12:56 ID:2FR()
サターニャ「えっ?」

ヴィーネ「ゼルエルさん?」

ラフィエル「原因が分かったんですか?」

ゼルエル「あぁ…。ガヴリールの体に触れて見て分かったが、ガヴリールの体からウイルスの反応を感じた」

ヴィネサタ「「ウイルスッ!?」」

ラフィエル「ウイルス……もしや、かつてのアレが!?」

ゼルエル「あぁ、多分な…。」
10名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)01:31:56 ID:2FR()
ヴィーネ「かつてのアレ?」

サターニャ「アレ、じゃ分からないわよ!?」

ラフィエル「私が説明します……かつて天界では、あるウイルスが蔓延し、天使の間でとある病気が流行したのです」

ヴィーネ「あるウイルス?」

サターニャ「とある病気ってなによ!?」

ラフィエル「あるウイルスとは、天使特殊(てんしとくしゅ)ウイルス…略して『TTU』というものです」

ラフィエル「そして、とある病気とは、そのウイルスに感染する事で発症する『天使特殊感染症(てんしとくしゅかんせんしょう)』の事です」

ヴィーネ「なんだかウイルス名が、大雑把な気がするわ」

サターニャ「で、それはどれだけ酷いのよ?」

ラフィエル「TTUは潜伏期間が永遠で、ウイルス自体を無くさない限り症状は続きます」

ラフィエル「そして、天使特殊感染症の症状は激しい咳と意識不明です」

ヴィーネ「えっ!?」

サターニャ「な、なんですってぇーーっ!?」
11名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)01:49:54 ID:2FR()
ゼルエル「なにかガヴリールに変わった事は見られなかったか?」

サターニャ「いや、私は特に…」

ラフィエル「私もです…」

ヴィーネ「………そういえば、昨日、咳がかなり出てたわね、ガヴ」

サターニャ「えっ?!」

ゼルエル「成る程な。じゃあ、君の言う通りなら、ガヴリールはTTUの感染による天使特殊感染症で間違いないようだな」
12名無しさん@おーぷん :2018/06/28(木)01:55:23 ID:2FR()
ラフィエル「やはりヴィーネさんが見ていましたか…」

ヴィーネ「えぇ。あの時は大丈夫って声を掛けて本人は大丈夫って返したからあまり気にはしてなかったけど、まさかあれが兆候だ、なんて思わなかったわ!?」

ヴィーネ「私はなんて事を!!? あぁ、もう少しガヴの事を気にしていれば、こういう事にならなかったのかもしれない……」ズーン

ラフィエル「まぁまぁ、ヴィーネさん。別にヴィーネさん一人が悪い訳ではありません、私もガヴちゃんの体調に気付けなかったのもありますし…。」

ゼルエル「悪魔に掛ける言葉だが、あまりそう自分を責めない方がいい。それでもし、反省したいのならガヴリールを救ってからにしろ」

ヴィーネ「ラフィ、ゼルエルさん……」ジーン

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【ガヴドロSS】「ガヴリールを救え!」