- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

雑談スレッド

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2015/05/14(木)01:48:24 ID:???
道路に関する雑談スレです。
5名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)17:58:01 ID:???

【汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」】

わたくしたちは、この日本国で快適にネット通販を楽しんでいますが、その裏には運送サービスの現場の凄まじい労働環境があるわけです。
皆さんは、Amazon で本を買ったときに、送料が「無料(実際にはタダではないのですが)」を当たり前のごとく受け止めているかも知れませんが、これは世界的に見れば「異常事態」です。

適正価格が支払われない限り、サービスに従事する生産者の賃金が下落し、やがては「超人手不足」で維持不可能になってしまいます。
運送サービスは、90年に物流二法が制定され、運賃・料金事前届け出制や営業区域規制が廃止されました。

いわゆる、規制緩和です。
規制緩和をしても、当初は良かったのですが、1997年の橋元緊縮財政以降、とんでもない状況になってしまいました。

90年の規制緩和以降、確かにサービス価格は下がったのですが、賃金は上昇を続けました。
当時はバブルの余波で「需要」が十分にあったため、価格下落は所得縮小に直接結びつかなかったのです。

それが、98年のデフレ化以降は一変します。
98年以降、日本の運送サービスの賃金はサービス価格を上回るペースで落ちていきました。

本来、デフレ突入後に規制を強化するなどの調整をするべきだったのですが、日本の規制緩和はいつでも「やりっぱなし」です。
無論、サービス価格が抑制されれば、消費者側は得をします。

とはいえ、少なくともデフレ期には、物価の下落が「同じ日本国民の所得」を引き下げてしまうのです。
所得が下がった日本国民は、今度は「皆さんが生産するモノやサービス」の購入を控え、結果的に皆さんの所得が下がります。

他人の不幸(所得縮小)を喜んでいると、自分の脚も引っ張られるのがデフレ期です。
それでもいいじゃん。

などとやっていると、やがて人手不足が限界を越えて(すでに越えつつありますが)、サービス自体が維持不可能になります。
わたくしたちは、快適なネット通販生活と強制的にお別れすることになるのです。

【三橋貴明の「新」日本経済新聞より】
6名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)19:13:46 ID:???

【汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」】【つづき】

さて藤井聡先生を座長に、国土交通省がトラック運送業の適正運賃・料金検討会を立ち上げました。
国交省は7月13日、トラック運送業の適正運賃・料金検討会(藤井聡座長、京都大学大学院工学研究科教授)を立ち上げた。

初会合では、規制緩和以降の事業規模や独禁法の規制概要などを確認するとともに、今後の議論の方向性を共有した。
議論の柱は、

(1)標準運賃や最低運賃など価格の目安となる運賃の設定
(2)原価計算に基づく受注
(3)荷役作業や荷待ち時間など運送以外のコストを適切に収受できる仕組みの構築

の3点。
(1)(2)については、業界内で意見に隔たりがある。
目安があることで企業努力によって得られた分の料金がもらえなくなり、創意工夫の意欲が損なわれる懸念があるためだ。

ほかにも、原価を知ることで荷主の言い値で受注している実態の改善につながるという意見もある。
そのため、アンケート等を実施して幅広い声を拾うと同時に、運賃以外の料金を収受できない実態の調査と具体的な方策の検討を進める。(後略)

藤井先生のフェイスブックから引用しますが、

「トラック業界」というのは、実は日本のGDPの3%以上、18兆円もの規模を誇る巨大業界で、就業者は国内全就業者の約5%--ということはつまり、「平均賃金が低い」という状況にあるのが、このトラック業界の特徴です。
なぜ、賃金が低いのかというと、シンプルに言うなら「モノを送ろうとする荷主が、安いお金しか払っていないから」--この一点に尽きます。

その傾向はデフレ下で年々深刻化し、最低限の必要経費(ガソリン代や高速道路料金)すら、きちんと払ってもらえないケースが続発しているのが現状です。

【三橋貴明の「新」日本経済新聞より】
7名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)19:33:50 ID:???

【汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」】【つづき】

全くその通りで、デフレという「買い手」側が強い環境下において、規制緩和により過当競争を強いられ、運送業界は賃金を抑制せざるを得ませんでした。
今更ながら、運送サービスの規制について見直しが始まったのは、いいことだと思います。

規制あるいは「規制緩和」自体は、別に善でも悪でもなく、「経世済民が実現できる規制は善」という話に過ぎません。
同時に、経世済民から離れた規制緩和は「悪」です。

規制を見直すと同時に、わたくしたち日本国民は、快適な日常生活の「大黒柱」である運送サービスに、感謝するべきなのです。
もちろん、心で感謝するだけでは意味がなく、同時に「サービスに対し、適正な料金を支払う」という感覚を取り戻す必要があるのです。

さもなければ、我が国の運送サービスは、「価格は極端に高いが、まともにサービスが供給されない」という、発展途上国的なサービスへと落ちぶれるでしょう。

【三橋貴明の「新」日本経済新聞より】
8名無しさん@おーぷん :2016/08/26(金)20:22:52 ID:???

【汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」】【つづき】

昨日に続き、運送サービスの話題です。
なぜ、運送サービスについて取り上げるかといえば、まずは昨日も書いた通り、90年の規制緩和が、

「需要が十分にある時期(97年まで)は、サービス価格の低下(のみ)をもたらした」
「需要が縮小する時期(98年以降)は、賃金の低下をもたらし、生産者を貧困化させた」

と規制緩和の「善と悪」がもろに出た業界であるためです。
さらに、デフレ期に規制「強化」に踏み切らなかった結果、人手不足が深刻化しています。

現状、日本の「三大人手不足業界」の一つになっています。(残り2つは、介護と土木・建設)

トラック運送業界が危機的な運転手不足に直面している。
規制緩和により競争の激化で収入が減る一方、近年はインターネット通販の拡大で細やかなサービスが求められ、負担は増している。

「社会の血管」に例えられる物流システムをこの先も維持できるか、瀬戸際の状況が続く。(中略)
トラック運送業界は1990年の規制緩和で新規参入が進み、事業者が急増した。

過当競争のあおりで運転手の平均年収は減り、大型トラックの場合、ピーク時(97年)の510万円に対し、2015年は437万円。
全産業の平均より50万~60万円も低い状況が続いている。

読売新聞が「規制緩和による競争の激化で収入が減る」と、正しいことを書いています。

【三橋貴明の「新」日本経済新聞より】
9名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)07:48:08 ID:???

【日本の道路は、これ以上作る必要がない → のウソ】

>>3

【日本の高速道路と生産性】

>>4

【汗水垂らして働く運送ドライバーが家すら買えない「日本国の病」】

>>5-8
10名無しさん@おーぷん :2016/09/23(金)23:39:30 ID:???
「高速道路ナンバリングの実現に向けた提言(案)」に関する意見の募集について
ttp://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155160607&Mode=0

10/4まで
11名無しさん@おーぷん :2016/09/25(日)00:02:49 ID:???
lp
12名無しさん@おーぷん :2017/11/04(土)20:15:50 ID:???
栗子トンネル長すぎw
14経世済民 :2018/07/09(月)15:26:01 ID:???

【日本の道路は、これ以上作る必要がない → のウソ】

>>3

【日本の高速道路と生産性】

>>4

【汗水垂らして働くドライバーが家すら買えない「日本の病」】

>>5-8

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





雑談スレッド
CRITEO