- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】Part4

1名無しさん@おーぷん:2014/11/13(木)06:31:11 ID:NkdguPUWK()
近代タロットの理解にはカバラの知識が必須であることは、割とよく
知られていると思います。
しかしなから、タロットの理解に必要なカバラの知識って、日本に
おいては、あまり紹介されていないのが現実なんですよね。

というわけで、タロットの理解に必要なカバラの基本的知識を得るために
以下の本を引用、翻訳、考察しながら、色々と勉強していきたいと思います。

書名:The QABALISTIC TAROT
   A TEXTBOOK OF MYSTICAL PHILOSOPHY
   カバラ主義のタロット
   神秘主義的哲学の教科書
著者:Robert Wang

※話題への、ソコはちゃうやろ的ツッコミとか、雑談とかは歓迎ですが、
教えて的な質問に答えたりとかは面倒なので、スルーする可能性が高いです。

前スレ
【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】Part3
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/uranai/1377994155/

【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】Part2
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/uranai/1346550441/

【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】
187名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)06:53:15 ID:5qO
「セフィロトの図案たち」の章の続きです。

--- ここから --- (Robert Wang, 『The QABALISTIC TAROT』First paper edition, 1987, pp. 71) ---
Throughout the Sephiroth and the Paths, the qualities of Binah and Chokmah are
given different names, depending on their degree of density, i.e., their placement
on the Tree of Life relative to its completion in Malkuth.
「セフィロト」と「小径」の至る所で、「ビナー」と「コクマー」の特質たちは、それらの
密度の程度に応じて、すなわち、「マルクト」でのその完了と関連する「生命の木」での
それらの配置に応じて、種々の名前を与えられる。
--- ここまで ---

最初の「ケテル」から流出する3つの「小径」のうち、「ティファレト」に至る「小径」
については、最も後発であり、どちらかというと本流ではありません。
メインになるのは、「ケテル」から左右に分かれる「コクマー」と「ビナー」の流れで
あり、その後に「ティファレト」への流れが発生してくるという感じですよね。
さらに言うと、この「ティファレト」への流れというのは、性質が中庸であるため、
掴み所が無いというか、特徴付けするのが難しい面があるわけで、「quality/特質」と
いう点においては、いまいちネタにしにくいということなわけです。

ということで、ここでは、性格というか性別がはっきりしている「コクマー」と「ビナー」
ついての話になります。

「ケテル」から生まれたばかりの「コクマー」と「ビナー」は、いわゆる幼体、すなわち
「ようじ」と「ようじょ」の状態であり、世の中のロリコン共が歓喜すること間違い無し
の姿であったと思われます。
とはいえ、それは、はるか昔々の話であって、現在の下々の世界に生きる我々は、そういう
ロリ「ビナー」の姿を拝むことは、決して叶わない夢なのでした。

そして、幼い「ビナー」は、その後どんどん成長して、様々な姿として我々の前に現れ、
それは、いわゆる八百万の「女神たち」というものに象徴される、様々な「女性像」と
して描写されることになるわけです。

さらに言うと、「生命の木」の理論によれば、全ての女神は「ビナー」に通じるわけで
あり、結果的に、「ビナー」自体が、全ての女神属性を包合しなければならないという、
重責を担うことにも通じるわけです。
でも、そういうのって、ちょっとムチャというか、やりすぎのような感じもありますよね。

というわけで、ワタシは、そういう現世の女性、いやいや女神様たちの特質に関する一切の
しがらみを放棄して、純真無垢なままの、ロリ「ビナー」たんを、ひたすら愛でることに
しようと思うのでした。←現実逃避w
188名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)16:33:49 ID:Nc4
「セフィロトの図案たち」の章の続きです。

--- ここから --- (Robert Wang, 『The QABALISTIC TAROT』First paper edition, 1987, pp. 71) ---
Thus, we may speak of Isis in Binah, or on the Path of THE EMPRESS or THE HIGH PRIESTESS.
従って、我々は、「ビナー」の内にある、もしくは「女帝」あるいは「高等女司祭」の
「小径」を歩む「イシス」のことを話すかもしれない。

Or we may discuss Venus, Diana, Hecate, or even Ceres in other Sephiroth, knowing
that these are aspects of the same Divine Energy.
もしくは、我々は、他の「セフィロト」の内にある「ビーナス」や、「ダイアナ」や、
「ヘカテ」、または「ケレス」について、これらが同じ「神の精力」の様相たちである
ことを知ることを議論するかもしれない。

The Jah of Chokmah and the Jehovah Elohim of Binah wear many robes throughout the
Universe.
「コクマー」の「ヤー」および「ビナー」の「イェホヴァ・エロヒム」は、「宇宙」の
至る所で、数多くのローブたちを着用している。
--- ここまで ---

つまり、古代エジプト派の人は、「イシス」に、古代ギリシア神話派の人は「ヘカテ」に、
古代ローマ神話派の人は「ビーナス」「ダイアナ」「ケレス」を持ち出して、この元祖
女神を語るわけですが、これらの女神って、実のところ「中の人」が同じで、登場する
舞台が違うだけなわけで。もう全部みゆきち一人でいいんじゃないかな、というくらい、
どこかで見たような、似たようなストーリーに仕上がっているわけです。

もちろん、これは「女神」だけでなく、ほぼ全ての「古代の神々」に共通するプロットで
あり、これは、とりもなおさず、いわゆる古代神話の脚本や構成が、おしなべてパクリに
よって出来ているということに他ならないわけです。
そして当然のことながら、この神話におけるパクリ体質は、現在においても受け継がれ
ており、ほぼ毎日のように、数多くの自称「神さま」が発生しているわけですよね。

では、なぜこのようなことになっているかと言うと、それは以前に述べたように、
神の存在そのものが、人類の「原始的無意識」とか「集合的無意識」に関することで
あって、要するに、人間は本能的に「神さま大好き」体質であるからなのです。

そして、その本能的な「神好き」に、さらに本能的な「男好き」と「女好き」が加わって、
「男らしさ」を追求する「男神崇拝」と、「女らしさ」を追求する「女神崇拝」という、
ヲタクたちの二次元妄想と同じレベルの域に達してしまうわけですよね。
まあ、ヲタクたちも「神」という表現を多用しますが、これは決して誇張でも何でもなく、
素直な気持ちではないかとも思ったりするわけなのでした。

つまり何が言いたいかと言うと、まずは生まれたばかりのロリ「ビナー」たんにハァハァ
することから始めたらいいんじゃないかな、ということですよね。←割とマジでww
189名無しさん@おーぷん :2015/06/08(月)07:07:55 ID:iAC
「セフィロトの図案たち」の章の続きです。

--- ここから --- (Robert Wang, 『The QABALISTIC TAROT』First paper edition, 1987, pp. 71) ---
One of the most important attributions of Binah is Chronos, oldest of the Gods and
called "Father Time."
「ビナー」の最も重要な帰属たちの1つは、最古の「神々」であり、「時の翁(おきな)」
と呼ばれる「クロノス」である。

The concept of time is highly restrictive, and appropriately related to Binah.
時間の概念は高度に制限的であり、「ビナー」に適切に関連する。
--- ここまで ---

日本語で「クロノス」と呼ばれるギリシア神話の神は、実は二人います。
一人は、ゼウスの父である農耕神の「Cronus/クロノス」であり、もう一人は、ここで
出てくる、時の神である「Chronos/クロノス」です。
もちろん、後代になって二人は混同され、クロノス(農)の収穫用の大鎌を、クロノス(時)
も持たされて、人間の終末を刈り取る「Father Time/時の翁」の姿として描かれるように
なっているというわけです。

まあ、そういう「擬人化」された物語の顛末はともかくとして、ここで重要なのは、
「ビナー」が「形の概念」と同時に「時の概念」を持つということです。
つまり、この宇宙の万物を司る基本概念である「時空」の概念が、この「ビナー」において
「restrictive/制限的」になる、すなわち、初めて公式化されるということなんですよね。

そしてこれは、誕生したばかり(ケテル)で、一瞬にして消えてしまう可能性のあった
不定形で不安定な宇宙(コクマー)が、インフレーションというトンデモ理論を通じて、
公式化可能な安定した存在(ビナー)になった瞬間でもあります。

そしてこのことは、「ケテル」「コクマー」「ビナー」は、宇宙背景放射のごとく、
この宇宙全体に完全に遍在しているということも示しており、このため「至高の三角形」の
存在は、あまりにも基本的で、あまりにも当たり前な存在であるために、我々にはそう簡単
には捉えられない、空気以上に存在感の無いものになっているわけです。

要するに、通常のオカルト系の「電波」受信能力では捕捉できないわけであり、その存在を
きちんと語ろうとするのであれば、それなりの理論武装というか、哲学的思考能力が求め
られる最先端な領域でもあるわけです。

とはいえ、そういう難しいことは、現代宇宙理論の最先端を研究する人々に任せておけば
いいことであって、我々のような一般人が簡単に立ち入れるようなものでもありませんので、
ワタシのような下々の者は、「上の如く、下も然り」の法則を悪用し、あまねく遍在する
ロリ「ビナー」たんにハァハァしながら、色々な妄想を垂れ流すというのもアリかな~、
なんて思うわけなのでした。←やりたい放題やってますw
190名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)06:36:28 ID:e2b
なぜかカキコできませんorz
何か規制とか制限とか、機能追加されたのかな
191名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)22:45:22 ID:89X
どんなエラーが出る?
192名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)06:39:15 ID:Rno
エラーは出なくて、普通に書けるような感じなんだけど、リロードすると書けていない。
何度やっても同じ。
スレ番もスレ容量も、まだ余裕あるし、おそらくレスの行数制限か禁止ワードではないかと。
今までは50行制限だったけど、仕様変更あったのかなぁ・・・
193名無しさん@おーぷん :2015/06/11(木)06:56:07 ID:j50
なるほど
最近は人数も増えたし、荒らし対策に
文字数か行数制限が入った可能性はあるかもね

なんだったらここ辺りで聞いてみると返事あるかも
おーぷん2ちゃんねるについての質問に誰かが答えてくれるスレ
http://open.open2ch.net/test/read.cgi/open2ch/1426352312/
194名無しさん@おーぷん :2015/06/13(土)06:50:33 ID:guy
カキコできない原因がいまいち掴めないので、ちょっと手狭(32行制限)にはなりますが、
近頃は規制を食らうことも無くなった2chに戻ろうかと思います。
まあ、ここに移住した理由も、単に2ch規制でカキコできなくなったからということであって、
ワタシとしては、特に場所に対するこだわりは無いわけですしおすしw
195名無しさん@おーぷん :2015/06/13(土)07:52:53 ID:8Lv
あらそうなんだ
1人で頑張ってるなーと思ってたけど
寂しくなりますな
おつかれさまでした
196名無しさん@おーぷん :2015/06/14(日)06:32:19 ID:zqU
ということで、スレの途中ですが、以下のスレに移行します。

次スレ
【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1341180469/98

最初に使っていたスレを再利用しますので、
 1~96 が、Part1
 98~が、Part4.1
となっております。

>>195
エラーメッセージとかも何も出ないので、こちらとしては対処のしようが無いわけで (^^;;
とりあえず、あっちで続けますので、また遊びに来てください。 (^^)/

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【勉強会】The QABALISTIC TAROT【+雑談】Part4
CRITEO