- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)★4

13名無し :2015/06/27(土)22:32:46 ID:v2S
>>3
3の話を見て、自分の事かと思ってびっくりした。
3の話で言えば、自分は嫁側になる。

親に育児放棄されて、貞操観念が低いままでそだった。
季節の行事にも疎いし、雛祭りについては女の子の祭りである事は知ってたけど
学校や保育園でするものだと思っていた。
ちなみに自分の実家は貧乏ではない。
でも、家族でする行事や、その思い出が全く無かった。

大人になって奇跡的に結婚できて、女の子を産んだ。
子どもが1歳になった時、旦那が「雛祭りの準備はしないのか」と言った。
自分は「家で雛祭りってするんですか?」と答えると、何とも言えない顔をした。
その時はそこで話は終わった。

雛祭りの当日、旦那が大きな箱を持ってきた。
お内裏さまとお雛様が入っていた。
「飾るぞ」と旦那が言って、2人で飾り付けをした。
旦那は亭主関白みたいなところがあって、
家事には一切手を付けなかったから
ちまちま手を動かす旦那に驚きながらも
自分も飾り付けた。
その後、3人でお祝いした。
女の祭りだからお前も飲めと言われて、
美味しいお酒をのんで、ひなあられを子どもと食べた。

当時は全く訳が分からなかった。
雛祭りをする意味も、自分がなんで子どもをお祝いして、自分も旦那に祝われたのかも。
旦那が自分にも思い出を残そうと、苦心してくれたのが分かったのはずっと後だ。
子どもを生んでから自分の体調が中々戻らず、
結婚してから、旦那にとって家族水入らずでできる初めての行事が雛祭りだった。
出身が九州の裕福な家庭で、厳格な義父に育てられた旦那にとって、
私は嫁として大はずれだっただろう。
でも一緒にいてくれた。

3には頑張ってとは言えない。
でもあったかい家庭を作ってほしいと思っている。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(987件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)★4