- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて<オープン>【思い出して】

1名無しさん@おーぷん:2015/03/23(月)09:06:06 ID:Z8i()
馴れ初めを語ったり、惚気たり、mogeたりするスレです
75名無しさん@おーぷん :2015/05/15(金)23:44:04 ID:qrC
>>74
箇条書きにするのが惜しい内容だw
mogeたら例のスレでもageてくれ!
お幸せに!
76名無しさん@おーぷん :2015/05/16(土)10:44:47 ID:o4q
>>74
大した話だろw
諸々の部分が気になるがw
お幸せに!
77名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)00:08:07 ID:CEw
ウチは姐さん女房なんだが逆光源氏されていたらしいw
78名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)14:31:12 ID:dkO
>>77
是非その辺をくやしく!
7977 :2015/05/24(日)00:13:02 ID:KWI
おk!
まとめてみたら結構長くなった、文章おかしいかもしらんが、許してくれ。

嫁さんとの出会いまでほとんど記憶がないので伝聞も合わせて。
俺両親、母親の不貞で俺が年少の時に離婚。
親権母親で養育費月8万貰ってたらしい。
母親は実家を勘当され、見知らぬ田舎のボロアパートへ。
繁華街の風呂で稼ぎつつ、最低限の学費以外ナイナイして稼ぎと合わせて男漁り。
田舎だから母親がそんなんだって一瞬で伝わり。
俺は都会からやってきた部外者っていうのもありいじめの対象だったらしい。
教師もグルだったらしい。
まあ、私服学校で一年通して二枚の色あせてぼろぼろのシャツを
延々着まわしてたらいじめられるわな。
我が家に掛布団などなく、部屋の真ん中に敷布団がぽつんとあるだけ。
それも母親の行為用で、家に男を連れ込むとき、俺は押し入れに入れられていた。
押し入れの中は比較的あったかかったので寝るのも押し入れの中に座ってだった。
8077 :2015/05/24(日)00:13:42 ID:KWI
おぼろげに覚えているのは小学3年の冬、例年以上に冷え込むといわれていたらしい日。
比較的早い時間に帰ってきた母親。
あったかそうなコート着こんでべろんべろんに酔っぱらってた。
玄関で倒れこんでそのまま寝た。
あまりにも寒かったから、俺はあったかそうな母親のコートを脱がせてくるまってた。
ドキツイ香水の匂いが嫌だったけど寒いのよりはよかった。
あったかくなって眠気のままに落ちて、翌朝。
目が覚めた俺は焦ってた。
酔っぱらって帰ってきた翌日の母親は機嫌が悪い。
その上コートを無理やり脱がせてたから怒られると思ってランドセル引っ掴んだ。
玄関に行くと母親まだ横になってた。
起きたら絶対に怒られると思って急いで逃げた。
学校は面白くもなんともなく、給食だけが目当てだった。
朝のことを思うと怖くて家に戻れず、風がしのげそうな橋の下で過ごした。
いつ連れ戻されるのか怯えながら、家出したまま学校に通った。
8177 :2015/05/24(日)00:14:19 ID:KWI
数日後、学校に俺を引き取るために父親が来た。
母親はタヒんでいた。死因は凍死。
俺がコートをはぎ取ったあの日がそうだった。
母親の男の一人が遊びに来て発見。
絶叫して逃げたので近隣住人が何事かとKに通報。
父親に伝達され、引き取りに来たらしい。
父親は離婚して1年後再婚していたが、再婚3年後に事故で再婚相手を失い、
再婚相手の連れ子(女性、俺の5コ上)と暮らしていた。
この血のつながらない姉が、嫁さんだった。
8277 :2015/05/24(日)00:14:39 ID:KWI
父親の家で過ごす日々は何もかもが新鮮だった。
朝も夜もご飯が食べられる。
暖かい風呂に入れる。
長袖長ズボンの温かさを知った。
掛布団の存在を初めて知った。
8377 :2015/05/24(日)00:15:11 ID:KWI
一方で嫁さんは5コ下の弟の今までの暮らしに衝撃を受けていた。
何を言ってもしてもほとんど無反応。
笑わないし泣かないし、何を考えているのかわからない。
朝と夜のご飯を出すと「……?食べても、いいの?」と疑問形。
箸の持ち方もおかしい。
沸かした風呂に入ったはずの弟が全然あったまってない。
洗面器に水をため、その水だけで髪を洗い体も洗っていた。
しかも全部ただの石鹸で。
寝巻を渡すと「こんな、袖の長い服、あるんだ」。
布団を敷いておいたのに翌朝見ると使った形跡がなくパッと見どこにもいない。
父親とあわてて探すと押し入れの隅でちっさくなって寝ていた。
8477 :2015/05/24(日)00:15:40 ID:KWI
なぜか「この子は私が育て上げる!」と意気込む嫁さん(14)。
思い返せば、そうでもしないと自分の居場所がないように思えたとのこと。
再婚して家族になっただけの自分と、離れていたとはいえ父親と血がつながっている弟。
親類縁者のいない嫁さんにとっては家族はもうこの二人しかいなかったから、らしい。

嫁さんのおかげでまともになりつつあった俺。
嫁さんは高校生になった時くらいに
「このまま弟の世話してたら青春とかできないよね」と思ったらしく
「じゃあ、このまま弟を自分の理想の男に育ててしまおう」という斜め上の結論に。
8577 :2015/05/24(日)00:16:17 ID:KWI
俺が大学に入ってもメールやら電話やらでいろいろ教育され、
社会人になって1年くらいした時に親父が急逝。
49日が過ぎたころにファミレスで今後のことを話し合い。
俺「ねーちん、俺のことは大丈夫だからそろそろ結婚相手探しなよ、いい人いないの?」
といったところ
嫁「もう私の家族はあんたしか残ってないのに離れるのは嫌」
俺「いや、姉弟だからねーちんが結婚しても離れるわけじゃ」
嫁「あーもうこのにぶちん!」
俺「!?」
がしっと顔掴まれてむちゅう、と奪われましたよ。
大きな声出してたせいで注目されてて衆人環視の中であっついベーゼ。
おおーwとかきゃーwとか声がしてたけど俺の頭の中真っ白。
嫁「わかった?」
俺「……」
嫁「おい」
俺「ひゃい!」
嫁「どうするの?」
俺「ねーちん俺をもらってください」
嫁「乙女か!」
的なやりとりがあり、今では尻に敷かれつつ2児のパパを頑張っていたりする。
大体そんな感じっすわ
86名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)15:32:38 ID:IHS
今夜は盛大にもげろ
87名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)16:12:03 ID:xZ1
くだらん
88名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)16:20:31 ID:9VB
光源氏をよく知らないってのは伝わったわ。
あとなんか気持ち悪い。
89名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)00:52:59 ID:ufj
おもろい
90名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)12:31:57 ID:oDH
馴れ初めでありつつ、修羅場でもある
俺はこういうの好きだ
mogeろ
91名無しさん@おーぷん :2015/05/25(月)18:50:19 ID:Itx
>>77
おもしろかったよ
921/2 :2015/06/24(水)23:31:33 ID:Exs
旦那との馴れ初めです。

普通に大学の自然科学系サークルの先輩後輩(旦那3年・わたし1年)で、
熊本・宮崎の山間部への夏合宿中の出来事です。

旦那をリーダーとする6名の班で未舗装の林道を歩いていたところ、前方のヤブが
ガサゴソと動いて・・・・イノシシが出ました。
イノシシは20mくらいの距離でこっちを向いて止まり、わたしたちと
にらみ合う格好になりました。

わたしは真ん中くらいに位置していたのですが、皆がさりげなく
じりじりと後退していくのに、わたしだけ足が竦んで動けず
知らない間に最前線単独でイノシシを迎え撃つヒロイン・ポジに
なってしまっていました。
周囲に誰もいないと気づいた時の絶望感はもうなんというか・・・

と思ったら、旦那がいつの間にか横に立っていて、わたしの二の腕を
ぐっと掴み、小声で「平静を装って立ってろ。頑張れ」といってくれました。

最後尾にいた旦那は前から逃げてきた班員へ身振りで避難を指示しつつ
イノシシを刺激しないようにゆっくりと前進し、わたしを助けにきてくれたのです。

旦那は私の前に進み出ると、イノシシから目を離さないままで、
「ゆっくり下がれ。襲ってきたら、俺がちょっとでも抵抗して食い止めるから、
おまえ、振り向かずに全力で逃げろ」
と指示しました。

そして三脚とハリバートンケースを手に身構えること数分?数十秒?
・・・イノシシは山裾へと消えていき、後ろをウリ坊が5匹ほどちょこちょこと着いて行きました。

「子連れ・・・マジでやばかったのかよ」と嘆息する旦那と涙目ですがりつくわたし。
932/2 :2015/06/24(水)23:32:34 ID:Exs

そこへ逃げた皆も戻ってきてわたしを置き去りにしたことを盛大に謝られました。
皆に怒る筋合いはないです。わたしも他の人のことなど考えられませんでしたし
足が動いてたら真っ先に逃げてました。
旦那も「逃げる気持ちは分かるが、きみたち、もう少し頑張れ(笑)」と皆を笑わせて
班の空気が悪くならずに済みました。

むしろわたしの動揺が激しいということで、その日は行動中止して即座に逃げ帰ったため
予定が消化できなくなり、申し訳ない思いでした。
が、旦那は「また出るかも知れないし、中止はおまえのせいじゃない。
むしろ強行指示したら俺が馬鹿だわ」と笑いました。


これがきっかけです。
感謝と尊敬の気持ちがすぐに恋愛感情にかわりました。
それ以降のサークル活動では、部室で旦那をみつけるとあからさまに駆け寄り、
同じ班になるよう画策しました。旦那の好みそうな分野を集中的に勉強しました。

旦那は在学中にある資格を狙っていて勉強が忙しく、サークルの中心というわけではなかったので
頑張ったわりになかなか進展しませんでしたが、サークルの先輩の皆さんが
旦那に「彼女のこと何とかしてあげて。あんなに慕われてるのに」といって下さったらしく
イノシシ遭遇から3ヶ月くらい後に旦那から「ごめん。ただ感謝されてるだけだと思ってた」
「よかったらお付き合いをお願いします」といってもらえました。

わたしはその後、旦那の後追いで関連のある資格をとり(旦那と同じ資格は難しすぎたので)
今は机を並べて働けています。

特定されるとまずいので詳しくは書けませんが、職場にはイノシシをモチーフにした「あるもの」が
で~んと飾ってあります。
941/2訂正 :2015/06/24(水)23:47:06 ID:Exs
夏合宿ではなくGW合宿の遠征でした・・・って大筋に影響はないですね
95名無しさん@おーぷん :2015/07/01(水)16:08:11 ID:czK
>>94
そこ重要w

でもまぁ、盛大にmogeてくださいw
96名無しさん@おーぷん :2015/10/30(金)14:21:38 ID:Xlj
上司の娘は、当時まだ10代なのに顔がパンパンで目は糸みたいだった。
酒の席で、どうしてうちの娘が・・・と上司がへこんでいたので、社交辞令的に
「いや、やっぱり女も男も顔じゃないですよ。性格いいなら大丈夫ですって!」
と酒の勢いもあり、上司の背中をバンバン叩いて励ましてたら、いつの間にかその娘とデートすることに。

上司娘が外に出たがらないので、仕方なく初日から上司の自宅でデートという拷問w
上司夫妻は気を利かせて外出したが、当然ムラムラもせず・・・
手料理が得意だというので作ってもらったら、なんだかすげー微妙だった。
次も会いたいと言われたので、じゃあ次は俺が手料理ふるまうねと約束して、上司帰宅前にさよなら。
翌週にまた上司に家に呼ばれ、何故か今度は上司夫妻も同席のもと、俺の料理を一家にふるまう羽目に。
俺も料理は得意だったので、そこそこ喜んでもらえた。

さすがに2回も行けば義理は果たしただろうと思っていたら、上司娘から
「私は料理上手だとうぬぼれていたみたい。俺さんのほうが上手だった。教えてほしい」
と電話がかかってきて、仕方なく3回目の訪問。
今度は一緒に作ったが、いまいち手元がおぼつかなくて危なかったので、ついつい手伝ったりしてた。

そうこうしているうちになんとなく仲良くなって、これはそろそろ逃げないと大変なことになるなと思っていた矢先に
上司娘が入院→手術。
全然知らなかったんだが小さい頃から持病を患っていたそうで、ついに命に関わるほどになったから手術することにしたと。
さすがに心配になって病院まで見舞いに行ったら、不安そうに涙目になってたから、手術当日も行くことを約束した。
手術室に行く前に手を握ってやったら「退院できたらまたお料理教えてください」って言われて俺までなくかと思ったw

手術は無事成功し、術後も良好だったので、退院の日に上司夫妻の前でプロポーズした。
顔のむくみは薬の副作用だったそうで、手術後に他の薬に切り替えたらどんどんすっきりして人並みに可愛くなった。
体力取り戻すために水泳に通うというので、俺も付き合ってやったら俺の方までやせてイケメンになってやったぜ。

で、今日が初めて会ってから1年目だったので婚姻届を提出してきました。今週末に結婚式やります。
幸せにしてやんよー!
97名無しさん@おーぷん :2015/10/31(土)08:25:46 ID:in9
>>96
嫁さんまだ10代?
何はともあれ、おめでとう!
あなたも嫁さんも人柄も良かったってこったね。
98名無しさん@おーぷん :2015/10/31(土)10:22:26 ID:YTV
>>96
そんな状況から好きになって結婚するなんてあるんだな
9996 :2015/10/31(土)12:19:20 ID:yvF
ありがとう!!
新婚生活楽しい!オムレツに名前なんてくだらないことでも幸せだw

>>97
今年末に20歳になるよ
俺は人柄がいいというか「お人よし」だと評判らしいorz

>>98
多分、最初に料理一緒に作ったあたりから惚れてたのかなーって思う!
手術成功してなかったら、俺も後追ったかもしれんw
100名無しさん@おーぷん :2015/11/04(水)12:28:17 ID:kzL
なんかみんなドラマあるなー
俺のネットのゲームが出会いとか、たいしてドラマもないしリアル知人にもなかなか話せんw
101名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)01:46:45 ID:JQl
>>59
その受け取り方だとその1億は収入となると思うが、所得税は払ったの?
半分近く税金になると思うが
102名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)16:57:26 ID:fnV
馴れ初めかあ、部活動が同じだったからだな
最初は警戒されまくりだったがw
103名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)17:56:55 ID:mpz
>>102
その辺りを軽快にkwsk!
104名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)18:47:23 ID:mVD
>>103
あんまり面白味は無いと思うが・・・

俺と嫁が知り合ったのは高校の部活動
吹奏楽部で合奏以外のときは楽器の種類ごとに教室を借りて練習していたんだ
俺も嫁も同じ楽器を扱ってる人が居なかったし、使える教室にも限りがある。似たような楽器だったこともあり一緒に練習することが多かった
・・・が、ぶっちゃけ初めは「暗くて地味な女」という印象しかなかったし、しばらくは会話のない日が続いた(実際メルアド交換も三年になってからだったし)

何時だったか俺は練習にも飽き、嫁が楽器を演奏している姿をボンヤリ眺めてたら夕焼け空に演奏していた曲と相まって凄く切なげで、綺麗に見えたんだ
それからはもう駄目だった
意識する日が続き、紆余曲折あって今に至ると
105名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)20:47:41 ID:6xv
>>104
その紆余曲折を書くまでが kwskだと解ってやってるな?
106名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)22:39:08 ID:a9P
>>105
紆余曲折っつーか付き合って7年目で結婚したからまあ色々あったなあ、と
初めは本当に会話が続かなくてひたすら俺が話してる感じで、付き合うなんて無理なんじゃないか?と何度も思った
でも嫁もたまに微笑んでくれたり、ポツポツと話しはじめたりするようになって・・・やっぱり演奏している姿が綺麗でw諦めきれなかった

三年になっても後輩が出来なくていつもみたいに2人で練習してる時、初めて綺麗だと思った1年の彼女と重なって見えて、気が付いたら「好きだ」って言ってた
彼女はただ頷いてくれたんだ

それから7年だもん、長いよなあ
あー、なんか思い出したら恥ずかしくなってきたw
107名無しさん@おーぷん :2015/11/06(金)22:45:32 ID:Wy4
>>106
良い人に出会えたのだな、
長生きして幸せに天寿を全うする呪いをかけてやる!
108名無しさん@おーぷん :2015/11/09(月)23:35:42 ID:KTV
>>106
それから7年を、詳しく~~
109名無しさん@おーぷん :2015/11/28(土)13:30:54 ID:HnM
入籍記念カキコ
気団入りしたばっかで実感わかない事もあるけど
倒れてる嫁の口に魚肉ソーセージねじ込んだらプチストーカー化して
色々あって、ついこのあいだ入籍
披露宴(パーティー)は年明けの予定!
110名無しさん@おーぷん :2016/03/04(金)23:51:48 ID:R7C
皆さん、ロマンスがあって良いですね

10月、見合いで会って
2回目のデートでプロポーズ
11月結納
翌年4月に挙式
結婚してから、恋愛している気分

もう30年たったけど
朝、昼、晩、愛してるって言ってるが
妻からの返事がないのが寂しい
111名無しさん@おーぷん :2016/05/05(木)09:10:28 ID:MJg
>>110
わりとまじで仏壇に愛してると言ってんのかいい旦那だなと思ったけど違うよね
112名無しさん@おーぷん :2016/06/29(水)19:25:39 ID:YPy
俺もそんな面白みない
大学二年生だった夏に、仲良かった先輩から絵画展のペアチケットを貰った
あまり興味なかったけど、バイト先のデザイン系の専門学校通いの女の子(当時の嫁)を思い出し、声かけた
使ってよって意味で声かけたのに「行きましょう」と向こうが乗り気
当日は、絵画展は観に行けたが帰りに酷い雷雨がきちゃって電車が使いものにならなかったので
そこから俺宅へ
アイス食って、テレビ見て学校の話したりして、その後送りに帰ることに
一応日程都合合わせてもらったのは俺なので、天気のことに関して「ゴメン」と詫び入れといたところ「すごく楽しかったんでまた誘って下さい」と…
社交辞令ってか良い子だよな〜って思ってたら
解散直前に「デートみたいでドキドキしてた」「私だけですよね」としょんぼりされた
これで俺が意識したのがきっかけ
113名無しさん@おーぷん :2016/07/01(金)23:54:28 ID:h0f
よそであんまり書けるもんでもないのでここで書き捨て
ネタ認定で宜しく
嫁と初めて会ったのは、表向きには友人同士の飲み会ってことにしてる
本当は某所の箱ヘル、嬢と客の関係だった
当時は彼女もおらず、月一ぐらいで風俗いってた
が、嫁は指名料の高い人気嬢だったので、貧乏人の俺には縁がなかった
出勤決まればほぼ予約で埋まってたしな

ところがその日は指名料カットでしかも偶然キャンセルがあって、嫁が空いてた
さらにタイミングよく他の子は埋まってて嫁だけという状況で奇跡的に嫁と会った
嫁の方が俺に惚れてくれたらしいが、俺には偶然はいれた予約の奪い合いになる人気嬢でしかなかった
その後、お金もあまりなく風俗通いから足を洗っていった

そんな折りに、SNSに嫁から唐突にコンタクトがあった
どうやって探したのかと思えば、なんの気無く見せたスポーツ中の写真を頼りに探して突き止めたらしい
そして、「お店やめてきたんで付き合ってください」と言われてあれよあれよの間に押しきられとんとん拍子で結婚まで行った
ちなみに金遣いも派手ではなく、風俗で稼いだ分はほぼ全額貯金されてた
自営業の親の倒産を経験してたから、老後の資金だけは自分で貯めたかったらしい
黙ってれば普通の子煩悩な母なので、わかるところには吐き出せない馴れ初め
114名無しさん@おーぷん :2016/09/02(金)21:25:37 ID:NCL
俺も出会いは箱ヘル

そこまで美人でもトップ嬢でもなかったが
頭が良くて、他の嬢が嫌がる客でも上手くあしらうらしく、常に上位に居た
とにかく話を聞いてくれるのが上手い。
絶対余計な事は言わず、けれど何かこちらが心配事を言うと、厳しい一言と共に抱き締めてくれるような嬢だった

当時仕事で色々あった俺は情けないと思いつつも本当に救われたし、芯の強さに惚れた

近づけたきっかけは嫁の義理堅さかな
絶対にプライベートでは会わないが信条だったらしいが、受付終了間際に滑り込んだある日
週末から海外旅行に行くと珍しくウキウキした彼女がずっと話していて、シャワーすら浴びなかった
楽しいなと思いつつも悶々とする俺に非常のコール

「流石に申し訳ない、すぐ上がるからコーヒーでもご馳走させて」
「いや、、ええと」
「30分後にあのカフェで」

千載一遇と思いつつヘタレな俺、本当にコーヒーだけご馳走になって送って退散

ただ、送った彼女のアパートが本当にボロでびっくりした
私服も古いデニムにタンクトップでびっくりしたけどな

未だに「あの時はホテル位行こうと思ってたんだよ」と言われるが、妙に嬉しそうな嫁を見て多分手を出さなくて良かったんだと思っている



今はきっちり研究職について
115名無しさん@おーぷん :2016/09/02(金)21:27:40 ID:NCL
しまった猫ポチで変なとこであげた、許して
116名無しさん@おーぷん :2016/09/03(土)00:12:55 ID:Ofy
ごめん、続き書かせて

それからは時々遊ぶようになり、海外旅行(短期留学な気がする)の化石のお土産も貰った
付き合う事は拒否され続けていたけど、話すのがとにかく楽しかったんだ

たまに、大学に行きたい、親はいない、奨学金を借りたかったけど親族は誰も保証人になってくれなかった、もし上手く行って希望職に就けたら静かに暮らしたい等々聞いた
正直その辺りはありがち過ぎて、話半分に聞いていた

でも遂に古い部屋に入り込んだ日、専門書と新聞のの量に圧倒されたんだ
そして汚い部屋だけど、と言いながら豆挽いて淹れたコーヒーを出してくれたの
今まで一緒に行ったどのカフェのコーヒーよりも美味しかった

ああ、この子はどんな環境にも負けずに丁寧に生きていて、のほほんと育った俺を慰めてくれるんだと思ったらなんだかもう色々はじけて、思わず告白
「学費援助させて。君のお陰で俺は仕事辞めずに昇進まで出来た。お礼をさせて欲しい」

勿論、嫁からは断固拒否された
でも、「就職もあるし君の時間が勿体なさすぎる。せめてすぐ受験して、大丈夫(根拠無し)」との言葉は聞いてくれてしかもあっさり合格

合格聞いた直後に覚悟決めて銀行に行った
人生で一番有意義な定期の崩し方だったと思う
そして嫁を連れて半ば無理矢理学費を直接振り込んだ

「まさか本気だと思わなかった、用意が足りなくて記念受験のつもりだったのに」と、泣きそうな顔で渡された頭金と返済計画書には
「俺さんがご結婚される等の場合を考えて振込名義は○○とします。また、請求いただければいつでも全額返済致します」とあった
忙しい学部だから、今までのようには稼げないだろう。
俺が請求して貯金が空になったらサラ金か?と思ったら無性に腹が立って、その後すぐプロポーズした

結局、結婚までは紆余曲折あったけど
嫁、今では希望の研究職に就いてバリバリ働いてる
猫のエサも嫁が買ってくれてるし、ほぼ同分野なのに俺より早く出世しそう、てか情けないがもうそろそろ年収は超される

でも、どんなに周囲に「こいつにこんないい嫁さん勿体ねーw」と囃されても
「俺さん以外との結婚はありません。最高の人です、感謝しています」
そう言ってくれる嫁に誰よりも感謝してる
117名無しさん@おーぷん :2016/10/19(水)12:09:38 ID:gwE
>>112 お疲れ様 出来たらそのあとの話も聞きたいです
>>113 お疲れ様 ネタと思わず楽しく読ませていただきました
 過去にとらわれず子煩悩な奥さんと幸せな家庭を築いてください
>>114 感動する話をありがとう
 個人的にはGJ!を送りたい
118名無しさん@おーぷん :2016/10/29(土)12:12:13 ID:1sl
めんて
119名無しさん@おーぷん :2016/11/15(火)23:46:07 ID:RpF
めんて
120名無しさん@おーぷん :2016/12/18(日)22:16:12 ID:yVY
めんて
121名無しさん@おーぷん :2017/02/10(金)22:10:05 ID:4Gn
メンテ
122名無しさん@おーぷん :2017/03/21(火)14:16:20 ID:rDw
めんて
123名無しさん@おーぷん :2017/05/04(木)07:14:22 ID:7UZ
めんて
124名無しさん@おーぷん :2017/06/19(月)00:16:12 ID:Ds8
めんて

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて<オープン>【思い出して】