- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

既婚男性雑談スレ1

※ID非表示スレ
3618 :2014/04/10(木)11:29:48 ID:???
続けます。
一月ほどたった土曜の夜、会社で残って仕事してたら息子から電話がかかってきた。
「ちょっと話があるんだけれど、今からそっち行っていい?」
なんか思いつめたような声だったので、これは只事ではないし、俺に直接電話してきたのを見ると妻には言いたくない話に違いない。
「いいけど、どうした?」
と聞くと
「ちょっと、彼女のことで・・・」
なんていうものだから、俺はてっきり妊娠させたかと慌てたりもしたんだが実はもっと深刻な話だったりしたんだ。
会社にやってきた息子は開口一番、
「彼女のお母さんに交際は許さないといわれた、」と。
理由は「あなたがあの男の息子だからだ」と。
「俺にはどういうことだかよくわからんぞ」と息子に言うと
「僕も分からないよ、親父の息子だから駄目だってどういうことだよ?」
とりあえず、順を追って話してみないかと言ったら息子がいうには
今日初めてT町の彼女の家に遊びに行った、玄関では彼女のお母さんはにこやかに迎えてくれたのだが、自己紹介をした瞬間にお母さんの顔色が変わった。
親父の名前を聞かれたので教えたところ、帰ってくれ、うちの娘との交際は許さない、理由はあなたがあの男の以下略・・・

「ちょっと待て、お前の彼女の家はT町なのか?」
「そうだよ。」
「もしかして彼女の苗字はM野か?」
「そうだけど・・・やっぱりなにか知ってるのか、親父」
「そのお母さんはもしかしてお前の彼女によく似ていなかったか?」
「似てたけど・・・」
「そうか・・・」
「何なんだよ、親父、どういことなんだよ」
「いや、どうと言うことはない、その人は・・・お前の彼女のお母さんはY美さんと言ってだな、俺の高校の後輩だ、同じクラブの。」
「なんかあったのか?親父、その人と。」
「いや、なんていうか、ちょっとした誤解じゃないかな、Y美さんの。」
「?」
「俺はほら、クラブじゃ鬼のように厳しい先輩だって、トレーニングとかもビシビシさせて恐れられていたから・・・多分そのせいじゃないかと・・・」
「親父、合唱部じゃなかったっけ?」
「が、合唱部にだって鬼のようなトレーニングはあったんだよ、腹筋100回とか。」
「ふうん・・・」
「ともかく、あれだ。母さんには言うな、余計な心配をするから。折を見て俺が間に誰か入れてY美さんの誤解は解く。お前は何の心配もしなくていい。
 Y美さんの娘さん・・・なんて名前だ?」
「S織ちゃんっていうんだけど・・・」
「わかった、その、S織ちゃんと必ずお付き合いさせてやるから。」

思えばこのときなんで俺は妻に内緒にするよう、息子に口止めしてしまったんだろうか・・・
続きます
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(964件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





既婚男性雑談スレ1
CRITEO