- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレO1【勇者】

280名無しさん@おーぷん :2016/02/09(火)18:29:11 ID:nHz
このスレを見つけて、是が非でも嫁に言わねばと思って決行した。
来年孫が生まれるくらいにはオッサンの話だけど聞いてくれ。

最初に断る。
短くまとめきれなかったから昔話が長い。
もしスレチだから赦してくれ。

俺は片足が義足なんだ。
結婚四年目に飲酒した挙句に電柱に突っこんで自爆した。
当時はまだ飲酒運転に対する規制が弱くて、事故なんか起こすわけねえだろうってタカを括る俺みたいな馬鹿が後を絶たなかった。

俺が事故を起こした時点で長女は三歳、次女は生後間もないころでさ。
嫁はまだ二〇代の後半だった。
自業自得なんだが事故を起こした俺は方々から責められた。
カーブを曲がり損ねて山側の斜面に激突したんで被害者を出さなかったことだけが幸いだって俺の親父に言われた。
嫁の両親も俺の両親も離婚しろと言った。
片足になった俺は会社も首になって収入もない。
自分で立って歩くこともできないお荷物が子育てなんかできるかってさ。
兄貴に三人に詫びる気持ちがあるのならせめて貯金は全部嫁に渡せって言われてそうした。
情けない話、俺は自分の環境が激変したことについていけなくて周囲に言われるまま離婚届にサインして、貯金(大した金額じゃない)を渡した。
それで一度、嫁は実家の両親に連れられて戻って行った。娘二人を連れてさ。
世の中に見捨てられた気がして俺の人生終わったと腐った。

でも嫁、一か月後に娘を連れて帰って来たんだ。
離婚届出してなかった。
嫁は俺と結婚と同時に退職して専業になったから、就活して正社員の働き口を見つけてきた。
「片足だって生きているんだから頑張れば何とかなる」って両家の両親をはじめとした周囲の猛反対を押し切って戻ってきてくれた。
それから嫁は仕事と家事の両立で家計を支えて、ヘタレな俺の尻を蹴っ飛ばしてくれた。
そのおかげで(何年も掛かったが)何とか立ち直って、在宅でできる仕事にもありつけるようになった。
俺が事故を起こして以来、嫁は一度も俺の前で愚痴を言わなかった。
このレスの続きを表示(12件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【集え】妻に「愛してる」と言ってみるスレO1【勇者】
CRITEO