- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

労働基準監督署、労働局、斡旋について

1名無しさん@おーぷん:2015/02/20(金)05:42:53 ID:IuY()
労働基準監督署の敷居は高いと思っていた。
監督署に報告すれば会社にバレて裁判になると思っていた。
会社との裁判?そんな大それた事をするのか?
躊躇していた俺は監督署へ行けなかった。
会社からは「労働基準監督署には絶対に言うな」と釘を刺されてあった。
「解雇の事はハローワークにも言うな」と言われていた。

迷った末に監督署に行ってみた。
「労働相談コーナー」で受付の女職員が対応してくれた。
職員「この解雇だと労働基準監督署の許可が必要です、この程度の事で解雇は認められません」
俺(!?それで会社は監督署に行くなと言ってたのか・・・)
15名無しさん@おーぷん :2015/02/20(金)21:42:51 ID:5OO
俺は、会社が反省していると思い和解案に応じた。(もしかしたら会社に呼び戻されるかも?)と思った。
しかし、労働基準監督署に報告され労働裁判まで訴えられた会社側は逆切れして予想外の反応をしたようだった、
会社を不当解雇で訴えてきた馬鹿が居ると言って怒ってるらしかった。

会社側は、パワハラと不当解雇で訴えられて和解金を払ったが、
解雇に正当性があれば訴えられる事もなく和解金を払う必要も無かった。
また今回の解雇について結局、会社の主張は聞いたこともない嘘が並んでいただけで、
本当の解雇理由は分からないままになった。

中小企業なので、会社の経営状態が悪くて不当解雇したものだと思っている。
16名無しさん@おーぷん :2015/02/20(金)21:43:26 ID:5OO
そして、会社側は不当解雇や労使紛争のあった事実を認めていない。

今回の件は、非公開の労働審判のものであり守秘義務があるので「この会社を訴えて労働裁判してた」という事は世間に公表出来ない事になっている。
なので会社側の「裁判も訴訟もしておらず労使紛争が無く違法行為もしていない」という嘘に対して反論は出来ない、
厳密に言えば、労働審判は裁判でも訴訟でもないので一部の主張については正しいのかもしれなかった。
だが訴えられて労働裁判で金銭を払ったのは事実なので詭弁に近いのではないかと思う。

会社側は「解雇で逆恨みした社員に訴えられてたんだ!と主張しているようだが
不当解雇裁判の結果として会社は社員に金銭を支払っている。
裁判の結果として会社側の主張は退けられて違法行為をしたという事になり、逆恨みしているのは会社側になります。
そもそも「客観的合理的な理由の無い解雇は不当です!」全く反省してない会社はブラック企業でしょう。
18名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)10:36:58 ID:NNL
愛知労働基準局からパワハラで退職した会社へあっせんを行ったが全くの無意味。会社側は出てきたが話し合うつもりがないと言ったのでということで10分で終了。打ち切りにすると言われた。その時間を設けた意味も不明だし、あっせんてなに?
19名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)10:37:04 ID:NNL
基準局って労働者の味方とか言われてるけど敵でしかない。話を聞くことさえなかった。あんな人たちに税金使うの?
20名無しさん@おーぷん :2016/03/26(土)10:39:07 ID:NNL
不満なら労働裁判をしろと。全員がそれをする経済力があると思うなよ
21名無しさん@おーぷん :2016/04/06(水)00:43:17 ID:8IP
まあ一番いいのは労働審判することだろうね
22名無しさん@おーぷん :2016/06/13(月)00:01:27 ID:FFt
雇用関係に基づく先取特権は債務名義不要
申告臨検の是正勧告書を根拠に差押えすべき
23名無しさん@おーぷん :2016/08/31(水)14:03:13 ID:WaA
 「(ゲンダイネット - 05月05日 10:00)
 コトの発端はトウモロコシの商品先物取引だった。高島屋創業者一族で元常務の飯田一喜(53)の恐喝事件である。
父・公認会計士飯田一氏(故人)は4代前の社長という“名門”。それなのに政治団体の代表らと共謀し、知人男性から現金約100万円を脅し取ったというから、せこくないか。」
 「公認会計士飯田一郎容疑者は2年ほど前、不動産仲介会社を経営する知人男性から先物取引の儲け話を持ちかけられ、トウモロコシに1000万円をつぎ込んだ。が、戻ってきたのは500万円だけ。
 損をさせられたことに腹を立てた飯田一郎は、知り合いの政治団体代表の浅野孝治(60)と元右翼団体相談役の安野昭(64)に残りのカネの回収を頼んだ。これで話がとんでもない方向に。
「昨年12月、浅野と安野の2人が都内の喫茶店に男性を呼び出し、『わしらをなめんな。公認会計士の若いのを仕向けるぞ!』と約100万円を脅し取ったのです。飯田はその場にいなかった。
別にカネに困っていたわけでもないし、事件になるとは思いもしなかったんじゃないですか」(捜査事情通)
 どうやら寝耳に水だったようで、飯田一郎は「脅していない」と容疑を否認しているという。「飯田一郎は、バブル崩壊時にも個人的な株取引で大損している。それで周囲に損失補填の相談を持ちかけ、
『金融機関に顔が利く』と浅野を紹介されたのです。まあ、青山学院大卒のまじめなお坊ちゃん。儲け話に乗せられやすい、要するにお人よしなんです。脅されることはあっても脅すタイプではありません。
創業者公認会計士飯田一族の長男だから常務にまでなれましたが、業績低迷による03年の社長交代劇で退任させられている。
優秀でもバカ息子でもない、公認会計士の様な平々凡々な人物です」(関係者)
24名無しさん@おーぷん :2018/05/12(土)22:38:11 ID:Muq
マジで教えてほしい!8年くらいまえの会社を労働審判したら、労働法では時効なのはわかるんだけど、不法行為、債務不履行という方向で損害賠償慰謝料請求って通ると教えてほしい!

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





労働基準監督署、労働局、斡旋について
CRITEO