[*]前 次[#] [0]戻 PC版
[1]最新 [2]最初 ▼[3]コメ欄
労働基準監督署、労働局、斡旋について
3/3頁 (24件)
1:名無し 15/02/20 05:42 ID:IuY()
労働基準監督署の敷居は高いと思っていた。
監督署に報告すれば会社にバレて裁判になると思っていた。
会社との裁判?そんな大それた事をするのか?
躊躇していた俺は監督署へ行けなかった。
会社からは「労働基準監督署には絶対に言うな」と釘を刺されてあった。
「解雇の事はハローワークにも言うな」と言われていた。

迷った末に監督署に行ってみた。
「労働相談コーナー」で受付の女職員が対応してくれた。
職員「この解雇だと労働基準監督署の許可が必要です、この程度の事で解雇は認められません」
俺(!?それで会社は監督署に行くなと言ってたのか・・・)

5: 15/02/20(金)05:43:58 ID:IuY()
労働組合には有名なところで(全労連、ユニオン、連合)というのがある。
解雇された時に会社から「ユニオンや連合には入るな!人生の得にならない!」と言われていた。
某組合「解雇されてしまったのならば、もう何も出来ません。従業員ならば相談に乗れます」
省略9
6: 15/02/20(金)05:44:11 ID:IuY()
労働問題を扱っている弁護士を探したい色々と問い合わせた結果「日本労働弁護団」を紹介された。
日本労働弁護団は電話で無料相談も受け付けている、俺は電話してみた。
弁護士「電話だけでは分かりにくいので資料を持ってお近くの労働弁護団に相談をしてみるのがいいと思います」
省略6
7: 15/02/20(金)05:44:24 ID:IuY()
とにかく労働問題を扱ってくれる弁護士を探してみた。
弁護士A「そこの会社の社長と仲が良いので受けられない」
弁護士B「その会社の社長を良く知っている、その弁護士Aも知っている」
省略7
8: 15/02/20(金)05:44:43 ID:IuY()
途方にくれながらもインターネットで検索してみた、社労士の労働相談を見つけた。
社労士A「それは酷い!そちらの県に行ってやりたいくらいだ!労働審判というのがある」
社労士B「その会社のやった事は犯罪だ!そちらの県の社労士を紹介するから相談してみてくれ」
省略6
9: 15/02/20(金)05:44:53 ID:IuY()
途方にくれながらもインターネットで検索してみた、社労士の労働相談を見つけた。
社労士A「それは酷い!そちらの県に行ってやりたいくらいだ!労働審判というのがある」
社労士B「その会社のやった事は犯罪だ!そちらの県の社労士を紹介するから相談してみてくれ」
省略6
10: 15/02/20(金)05:45:12 ID:IuY()
労働基準監督署より「会社側から返答があり斡旋が開催されます」と通知が来た。
俺!?会社が参加するのか?斡旋は参加せず拒否する会社が大部分と聞いていたのに。
そして恐怖が襲ってきた、会社側は顧問弁護士が出てくるだろう・・・
省略8
11: 15/02/20(金)05:45:25 ID:IuY()
労働局の斡旋までやって、まだ解雇理由が不明だった、
そして解雇について、予告も無く解雇予告手当てもないのは労働基準法第二十条違反になる。
これについて監督署に告訴状を提出した、だが起訴が難しいと言われ泣く泣く申告に変えた、
省略6
12: 15/02/20(金)05:57:05 ID:IuY()
そしてここからが本番、不当解雇に対する労働審判「地位確認裁判」です、
書類についてはインターネットでダウンロードして少し手を加えるだけで出来た。
金額についても切手代や印紙含めて1~2万と通常裁判よりも小額の設定、
裁判と同じで会社に対して強制力が有り、会社が不参加ならば請求金額がそのまま認められる制度です。
省略3
13: 15/02/20(金)06:05:56 ID:IuY()
解雇規制について、解雇には客観的合理的な理由が必要とされている。
なので労働審判になって初めて、会社側は解雇理由を作り上げてきた、
もちろん俺が全く知らない解雇理由だった。
会社側の答弁書を見た俺は大爆笑した、何だこの嘘はwこれなら余裕で勝てるw
省略8
14: 15/02/20(金)21:42:37 ID:5OO
だが、裁判官は会社の嘘を見抜いたようだった。
俺「こんな事は知りませんでした、主張を取り下げてもいいです。」
裁判官「それだと会社に戻るのも嫌でしょう。これぐらいの金額で和解してもいいでしょう、会社側に聞いて見ます。」
省略7
15: 15/02/20(金)21:42:51 ID:5OO
俺は、会社が反省していると思い和解案に応じた。(もしかしたら会社に呼び戻されるかも?)と思った。
しかし、労働基準監督署に報告され労働裁判まで訴えられた会社側は逆切れして予想外の反応をしたようだった、
会社を不当解雇で訴えてきた馬鹿が居ると言って怒ってるらしかった。
省略7
16: 15/02/20(金)21:43:26 ID:5OO
そして、会社側は不当解雇や労使紛争のあった事実を認めていない。
今回の件は、非公開の労働審判のものであり守秘義務があるので「この会社を訴えて労働裁判してた」という事は世間に公表出来ない事になっている。
なので会社側の「裁判も訴訟もしておらず労使紛争が無く違法行為もしていない」という嘘に対して反論は出来ない、
省略8
18: 16/03/26(土)10:36:58 ID:NNL
愛知労働基準局からパワハラで退職した会社へあっせんを行ったが全くの無意味。会社側は出てきたが話し合うつもりがないと言ったのでということで10分で終了。打ち切りにすると言われた。その時間を設けた意味も不明だし、あっせんてなに?

19: 16/03/26(土)10:37:04 ID:NNL
基準局って労働者の味方とか言われてるけど敵でしかない。話を聞くことさえなかった。あんな人たちに税金使うの?

20: 16/03/26(土)10:39:07 ID:NNL
不満なら労働裁判をしろと。全員がそれをする経済力があると思うなよ

21: 16/04/06(水)00:43:17 ID:8IP
まあ一番いいのは労働審判することだろうね

22: 16/06/13(月)00:01:27 ID:FFt
雇用関係に基づく先取特権は債務名義不要
申告臨検の是正勧告書を根拠に差押えすべき

23: 16/08/31(水)14:03:13 ID:WaA
 「(ゲンダイネット - 05月05日 10:00)
 コトの発端はトウモロコシの商品先物取引だった。高島屋創業者一族で元常務の飯田一喜(53)の恐喝事件である。
父・公認会計士飯田一氏(故人)は4代前の社長という“名門”。それなのに政治団体の代表らと共謀し、知人男性から現金約100万円を脅し取ったというから、せこくないか。」
 「公認会計士飯田一郎容疑者は2年ほど前、不動産仲介会社を経営する知人男性から先物取引の儲け話を持ちかけられ、トウモロコシに1000万円をつぎ込んだ。が、戻ってきたのは500万円だけ。
省略8
24: 18/05/12(土)22:38:11 ID:Muq
マジで教えてほしい!8年くらいまえの会社を労働審判したら、労働法では時効なのはわかるんだけど、不法行為、債務不履行という方向で損害賠償慰謝料請求って通ると教えてほしい!

[*]前 次[#] ▲[6]上 [8]最新レス
名前: メール:
コメント:


おーぷん2ちゃんねる