- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ぷにぷに

173肝井◆hC1yo3z59U :2018/06/02(土)00:44:24 ID:Fzz
まどかマギカif...Ⅱ(147)
立ち上がった、まどか達は元いた結界の様子を見る。
結界の入り口は紋章ではなく青白い光に覆われていた。
「ここを開けろ~ッ!」
槍の穂先に魔力を装填した必殺技で青白い光を突く杏子。
だが何の反応も起こらない。
「次は、なぎさがやってみるのです!」
手にしたラッパ銃から爆裂するシャボン玉を発射する、なぎさ。
これも効果が無かった。
「こんな事って・・・」
激しい攻撃をものともしない精神障壁に呆然とする、まどか。
その時、3人の背後に人影が現れる。
「無駄よ・・・これが美樹さやかの心の壁・・・」
暁美ほむらが諦めた様に言い放つ。
「ほむらちゃん・・・。」
まどかが縋(すが)る様な目で、ほむらを見る。
「あの子はいつも、こうだった。自分勝手に思い込んで閉じこもる・・・」
「ほむらちゃんも魔法少女なんでしょ?さやかちゃんを助けてよ!」
ほむらと、まどかの想いがすれ違う。
「鹿目まどか。よく目に焼き付けておきなさい。これが魔法少女の末路よ。」
そう言い残すと、ほむらは再び闇に消えた。
(148)へ続く
このレスの続きを表示(3件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ぷにぷに
CRITEO