- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ぷにぷに

172肝井◆hC1yo3z59U :2018/06/01(金)02:38:04 ID:Wnd
まどかマギカif...Ⅱ(146)
「!?・・・さやかちゃん、何故?・・・」
幼馴染の意外な一言に当惑する鹿目まどか。
杏子と、なぎさは顔を上げた美樹さやかの額に填めこまれた宝玉を見て驚く。
「お、おい、お前・・その額の奴は・・・」
「驚いた?これ、ソウルジェムなんだよ。魔法少女の心が折れてマゾになると体に吸収されて、こんな形になるみたい。」
「墜ちたのか・・・だから帰れないんだな・・・」
「違う。帰らないんだよ。私、今が最高に気持ちいいんだもん。」
会話の間にも開かれた深淵の入り口から触手を産み落とす、さやか。
「見たでしょ?私、触手のママになったんだ。もう魔法少女でも人間でもない・・・。」
「助けるよ!帰ろうよ!さやかちゃん!!」
気力を振り絞って、まどかが叫ぶ。
「もういいよ、邪魔しないで。まどか。」
さやかは冷たく言い放つ。
「そうは行かねぇ!連れて帰るぞ、さやか!!」
槍を構えて触手の分娩座に躍り掛かろうとする杏子。
「やめて!!みんな出て行って!!」
叫ぶと同時に、さやかの体から念動力が発生し、まどか達3人を弾き飛ばす。
次の瞬間、3人は結界の外側に転んでいた。
「ち、ちきしょう・・・精神障壁って奴だな・・・。」
口惜しそうに呟く杏子。
(147)へ続く
このレスの続きを表示(4件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ぷにぷに
CRITEO