- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ぷにぷに

134肝井◆hC1yo3z59U :2018/01/12(金)01:27:26 ID:BBC
まどかマギカif...Ⅱ(114)
「オラ!オラ!オラ!お前らの悪だくみもここまでだぜッ!!」
両手に持った手槍で次々と偽救急隊員と看護婦もどきを倒す杏子。
「お、おのれッ!魔法少女の仲間が来たか!!」
ラダカストは迫る杏子の矛先をかわしながら叫ぶ。
「実験に気を取られ接近を許すとは不覚・・・」
マーリンは修羅場から逃げ出そうと試みる。
「この場をなんとか立て直さなくては!」
サルーマンが数体のオークを出現させ、杏子へと向かわせた。
一方、小部屋に踏み込んだ暁美ほむらは、ソウルジェムを監視していた看護婦もどきを拳銃で打ち倒すと
ケースを壊してジェムを奪い返す。
美樹さやかのソウルジェムは異様な輝きを放ち、ほむらは心を曇らせる。
(この輝き・・・もう、あの子は限界なのね・・・)
そして杏子を援護する為、処置室へと急行した。
ほむらが処置室に飛び込むと、杏子が数体のオークと応戦しながら、他の使い魔たちに取り囲まれている。
「佐倉杏子!姿勢を低くして!!」
戦友の声に慌てて屈(かが)みこむ杏子。
使い慣れたサブマシンガンで杏子を囲まんとしていた使い魔どもを掃射する、ほむら。
銃声が止んだ時には殆どの使い魔が倒れていた。
敵(かな)わぬと見た魔法使いたちは結界の裏口から逃げ出していく。
静寂を取り戻した処置室で、ほむら達は、さやかと仁美を見つけ出す。
(115)へ続く
このレスの続きを表示(9件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ぷにぷに
CRITEO