- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

結局、超回復理論は嘘なんだろ?

1名無しさん:2013/08/01(木)15:31:04 ID:qWx9vzmKk()
そこんとこ、どーなの?
2名無しさん :2014/03/05(水)22:29:30 ID:mSCGw4YA2
ウソっていうか勘違いの類じゃねえの?
3名無しさん :2014/03/05(水)23:13:30 ID:JwaFmUXcM
ウソっていうか翻訳ミスの類じゃねえの?
4名無しさん :2014/03/10(月)19:34:52 ID:OnjiIu8Fy
元々はグリコーゲン超回復(運動後、枯渇した筋グリコーゲンが運動前よりも多く蓄積されること)を意図的か勘違いか、タンパク質がそうなる言われたことが始まりらしい。
その後「筋繊維の微細裂傷が〜」とか言われて、仮説に仮説が積み重なっていった模様。
ただ筋繊維を消耗した後にタンパク質の同化が優位になるタイミングが存在するのは事実なので「(元の言葉の定義はおいておいて)現象としてそういうことはあるからいいんじゃね?」とされているようだ。
5名無しさん :2014/03/17(月)01:55:19 ID:kZgqVUE8d
俺は信じてるけどなぁ?
筋肉痛こないと不安でしょうがないし
実際筋肉痛明けはちょっとづつ重量増えてるかな
増えもしないのに筋トレやらない
6名無しさん :2014/03/21(金)13:00:55 ID:VhdRPxU9d
筋肉痛後に強く大きくなる事に嘘と思わないけど、
筋肉痛も、とれていない状態で筋トレしててもムキムキに筋肥大してる
人や職業の人とか見ると48~72時間休息させないと…の「超」回復するの超て文字に
疑問符?がついちゃうんじゃないか?もちろん休息が必要ないて言ってる訳でなく
7名無しさん :2014/03/24(月)01:23:54 ID:tmYbxZTe5
結局は効率の問題なのかね?
8名無しさん :2014/04/08(火)06:38:46 ID:MlL8Lwni0
効率というか、確認の問題?
ガシガシ鍛えて筋肉痛、治れば荷重も増やせるし
9名無しさん@おーぷん :2014/05/27(火)17:31:41 ID:ZqfJrhZeL
筋肉痛に関しては最近では繊維の微小損傷よりもその部分の神経が過敏になって痛みを発してる「気がする」という説もあるそうだ
10名無しさん@おーぷん :2014/07/12(土)14:05:01 ID:2nyFxKmrO
筋肉痛が起こらなくなってからは
適当に疲れさすことを目標に筋トレしたらちゃんと強化されとるで
12名無しさん@おーぷん :2014/11/09(日)21:00:10 ID:jKTfLux4j
筋肉はトレーニングをした直後から、ホルモンの分泌が増えて既に成長を初めるから、48~72時間休息させないといけないのは間違い
だから、強度によっては、毎日しても成長する
しかし、実際はコンディションとかが整うのに普通このくらいの時間は、かかるし
だいたい『俺は毎日トレーニングしてる』とか言ってるビルダーでも分割法を採用している
13名無しさん@おーぷん :2014/11/23(日)20:33:22 ID:61b
今のところ、経験則として、本当というのが正解だろう。
筋繊維が太くなってるかどうかは知らないけど。
14名無しさん@おーぷん :2015/03/12(木)21:10:00 ID:tnM
筋肉痛になったらオーバーワークだろ
15名無しさん@おーぷん :2015/09/05(土)12:40:36 ID:hKj
超回復理論は全部間違いではないが、矛盾しているところがちらほらある。今は筋力と疲労を分けて考える理論があってこちらの方が有力。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





結局、超回復理論は嘘なんだろ?