- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

S銀行との戦いの日々

1名無しさん@おーぷん:2017/12/26(火)18:58:28 ID:FbD()
備忘録として書いてく
全部ばれても今は困るので多少フェイク入れてく
2名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:02:26 ID:FbD()
2017年6月

去年病気で死にかけた母親が財産関係の書類一式を見せ始めた
何か覚悟があったのかもしれないがそのへんは言わずに黙ってみた

その中にオーストラリアドルという
人生で出会ったことのないような通貨単位の証書が見つかった
S銀行で買った一時払い保険というやつだった
3名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:10:12 ID:FbD()
N生命で扱っているものだったのでとりあえず問い合わせてみた
母親は生命保険だということはわかっていたようだが
これが外貨だということもわからず為替なんてますますわからなかった

パンフレットや証書を見ると5パーセントの儲けが出ると終了
または母親が亡くなると契約は終わるというものだった
金利は年2パーセントちょっとらしい

手数料は7パーセント
これはパンフレットにはあったが電話で知った
約1千万払っていたから70万が手数料50万儲けると終了
これだけ聞いて怪しさが一気に来た
どうして70万払って50万もらうのか?
小学生でもわかるぼったくりだけどバカだったから母親は騙されてしまった
4名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:14:59 ID:FbD()
しかもレートは1ドル88円
問い合わせた時のレートは1ドル82円くらいだったから
解約すると820万になるということだった

これを母親に伝えると驚いていた
保険がどうしてマイナスになるのか理解できていなかったらしい

大事なお金をどうして何もわからず契約するのか
かなりひどく罵った気がする
これからしばらく罵り合いの日々が続く
銀行のせいで家の中がぎすぎすしはじめた
5名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:23:24 ID:FbD()
投資信託の書類も出てきた
ひとつはなんとなくやっているような話を耳にしていたけど
いくつも出てきた

これも千万単位でぶちこんでいた
以前株で1千万損をしたということを聞いたので
そういう博打のようなものはやめておけと口をすっばく言って来たのに

保険以上に激怒した
さんざん罵った
6名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:25:56 ID:FbD()
金の出処は亡くなった弟の保険金
地元の銀行は昔からの顔なじみだから母親はいろいろしゃべってる
そういう背景も知っている行員もいると思う

母親も許せなかったが銀行も許せなかった
亡くなった弟の命の金を騙して巻き上げたのが
7名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:32:43 ID:FbD()
2017年7月

とりあえず書類一式は預かった
全部足すと5・6冊くらいはあったかもしれない
1冊30ページくらいあって資料も付いてる

少しずつは読み始めたがすぐ嫌になるし
理解できないところも多い
これをどれくらいの時間説明して売ったのか知らないが
高齢者の母親にはとても理解できないだろうとは思った

読んで理解したら対処法もわかると思ったが
なかなかすすまない
8名無しさん@おーぷん :2017/12/26(火)19:37:35 ID:FbD()
2017年8月

相変わらず書類を読むペースが上がらない
面倒なのでこのまま置いておいて満期が来るまで待とうかな
そんなことも考えてしまった

豪ドルもちょっとずつ戻り始めたのでうまくいけばなんとかなるかも
甘いことを考えていた

日常生活に追われていたのであまりこのことは考えていなかった
9名無しさん@おーぷん :2018/01/19(金)22:27:09 ID:WCK
まだ残ってた
続きどうしようかな
もう少し現状が動いてからにするかな
膠着状態
10名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)01:01:20 ID:7tm
何度か話し合いをしたけど感想だけ

どうも人を騙してるっていう後ろめたさは全く無いみたいだ
むしろこいつ何言ってるの?みたいな感じ
洗脳というかベクトルが完全に違う言語も
話せばこちらも納得すると思ってたみたい数百万も巻き上げられてるのに
11名無しさん@おーぷん :2018/01/20(土)01:23:07 ID:7tm
アムウェイとかそっちに近いのかな身内で群れて外側が見えない感じが
あれでは調停は当たり前で裁判くらいは行くかもしれない
本気で弁護士を探したほうがいいかもしれない

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





S銀行との戦いの日々
CRITEO