- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

【安価】「提督!ラーメン食べに行くでち!」その2【コンマ】

323C9vIqtyVF2 :2018/11/09(金)21:02:36.741 ID:Wvq
とりあえず「パイコーラーメン」を濃口で注文する。前に新宿で食った時は、やたら味が薄かった気がする。濃口なら違うんだろうか?

「ゴーヤさんはここによく来てたんですか?」

「兄貴と一緒に、たまにでち。プールからの帰りに食べるラーメンは美味しかったでち」

「ほうほう、お兄さんと。してお兄さんは……あっ」

メモろうとしていた青葉を俺は睨んだ。それは聞くべき話じゃない。

「てーとく、いいでち。兄貴は戦死でち。開戦当初に」

「……それは失礼しました。皆、色々あるんですねえ」

青葉が遠い目をした。こいつにも、触れられたくない過去とかあんのかねえ。

「お待たせしました」

着丼。醤油スープの上には、薄く切られたパーコーがある。後はナルトに青菜、ネギ、海苔、あとはメンマだ。取り立てて変なものはない。

「じゃあ食うとするか。頂きます」

麺は極細のストレートだ。ほのかに焦がしニンニクの香りがする。啜ると……

「……これは」

「分かったでち?パーコーじゃなきゃいけない理由」

ゴーヤがニヤニヤしている。

「確かに!スープだけだとよく言えば優しい、悪く言えばボヤけた味ですけど、パーコーの油でコクと奥行きが!!」

「青葉の言う通りだな。こりゃデフォルトで味が薄いとか思うわけだ。
パーコーの油を計算に入れての薄さなわけだな」

「でち!このパーコーがまたいけるんでち」

パーコーは薄いが柔らかい。しっかりと味がついていて、ご飯を頼みたくなる。

「昔ながらの醤油ラーメンに、パーコーが入るとこうも違うんだな。……具ねえ」

パーコーを噛み締めながら考えた。白河ラーメンの具は正当派だ。だが、もう一つ加えるとしたら?
白河ラーメンは旨い。しかし奇をてらわなさすぎるところもある。海原たちが日常使いのそういうラーメンを目指していたのか、あるいは進化した店にしたかったのか。
それはイマイチよく分からないままだ。
このレスの続きを表示(152件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【安価】「提督!ラーメン食べに行くでち!」その2【コンマ】