- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【ポケモン】カキ「みんな。今日はわざわざ集まってもらってすまないな」

1IuY/8jVTR.:2018/10/12(金)20:21:13 ID:NrT()
アイナ食堂

カキ「せっかくの日曜日なのに悪い」

マーマネ「暇だったし別にいーよ!気にしないで」

サトシ「そーだよカキ!気にすんなよ!」

ピカチュウ「ピカァ」

スイレン(日曜日にサトシと一緒。これってもうデートじゃ…)ゴクリ

マオ「で?みんな集めて何の用なのカキ?」

カキ「ああ、実は……」

リーリエ「その様子ですと……何か重要な用件なんですねカキ?」
72IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)21:05:35 ID:wxe()
スイレン「そ、そういうわけで…ごめんなさい!ライチさん!」ペコッ

スイレン「サトシ!いこっ」グイッ

サトシ「お、おう………」

ライチ「…………………」

ライチ(いや、愛のパワーって………)


スイレン「それでね!その時アシマリが!」

サトシ「マジ?」

ワイワイ

ライチ「…………………」

ライチ(間違いないわね。きっとスイレンがサトシに"私を愛してるなら私以外の女と話さないで"とか言ってるんだわ…)

ライチ(……自分以外の女と喋らないようにサトシに言いつけるスイレンとスイレンに白昼堂々水着プレイをさせるサトシ……)タラッ


サトシ「でさー!その時ピカチュウが…」

スイレン「ふふっ」ニコッ


ライチ「最近の子のお付き合いって進んでるのねー」ヘー
73IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)21:39:41 ID:wxe()
ポケモンスクール

ワイワイ

マーマネ「いいよー!リーリエ!こっちに目線頂戴!」パシャ パシャ

リーリエ(シロンコス)「何故みなさん私を写真に撮ろうとするんでしょうか…恥ずかしいですコン///」

シロン「コン」

マオ「いやぁ、それにしてもリーリエもスイレンも本当にその格好でくるとはねー」

スイレン「そういうマオちゃんだってカキと一緒に登校してきた」

スイレン「ラブラブ」ニヤニヤ

マオ「げ、ゲームだし仕方ないじゃん!////」

スイレン「へー」ニヤニヤ

マオ「……そういうスイレンだって、今日どの水着きてこうかなーサトシはどんなの好きかなーとか悩んでたんじゃないのー?」

スイレン「うっ、私はそんな////」モジモジ

マオ「わかりやすいな~スイレンは」ニヤニヤ

ワイワイ

サトシ「みんななんだなんだ楽しそうだなー」

カキ「みたかサトシ!これがみんなのキズナを深めるアローラ伝統のしまキングゲームだ!」

サトシ「ああ!すっげーな!」

ピカチュウ「ピッカー!」


ククイ「よしみんなー!席につけ……」

ククイ「いっ!?」ビクッ
74IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)21:54:07 ID:wxe()
全員「?」

ククイ「お、おい!リーリエとスイレン!」

リーリエ、スイレン「?」

ククイ「お、お前ら……どうしたんだその格好!」

スイレン「……あー……」

リーリエ「えーと……」

ククイ(……?なんなんだ?まさか言いにくい事情でも……)

スイレン「……サトシ…」チラッ

ククイ「!」

ククイ(スイレンがサトシを見た?まさかサトシがスイレンにあの格好をさせてるのか……?)タラッ

ククイ(……そういえば……昨日のサトシの様子もおかしかったし……サトシに話を聞いてみる必要はありそうだな…)

ククイ「……なぁサトシ…」

サトシ「実はさ?博士」

ククイ「! な、なんだ?」

サトシ「スイレンは悪いムウマージの魔女の魔法にかかって…」

スイレン「サトシ!それはサトシ!」

サトシ「あっ、そっか」

ククイ(??? 悪いムウマージの魔女?)

リーリエ「悪いムウマージの魔女?何ですかそれ?コン」ワクワク

サトシ「あー、実はさー」

スイレン「あっ!サトシ、また私以外の女の子と口きこうとした」プクー

サトシ「あっ、つい…ごめんスイレン」

ククイ「!?」
75IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)21:58:52 ID:wxe()
ククイ(な、なんだ……?どういうことだ??)

ククイ(私以外の女と口きくな……スイレンはサトシにそう言った………そうだな、スイレンはサトシと結婚を前提に付き合ってるらしいし、そうは言ってもおかしくない……だが……)チラッ

サトシ「スイレン!ごめんって!機嫌なおせよ!」

スイレン「……………」プクー

ククイ(……………今からこの調子じゃ結婚した後が思いやられるな…サトシ、スイレン)ヒエー

ククイ(……いやいや、そうじゃない!)ブンブン

ククイ(そもそも……スイレンが水着姿なのはサトシとのそういうプレイってことか?)

ククイ(じゃあリーリエのシロンのコスプレは…)チラッ

リーリエ「?」

ククイ「なぁリーリエ……」

マーマネ「リーリエ!授業終わったら撮影の続きしていい?」

リーリエ「えー?またですかー?コン」

リーリエ「恥ずかしいから嫌ですコン」プイッ

マーマネ「そんなぁ…」

ククイ(マーマネ……お前の仕業か…)ガクッ
76IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)22:21:12 ID:wxe()
ククイ(いったいどうなっちまってるんだウチのクラスは……)

カキ「あ、あの…博士……」

マオ「大丈夫ですか?」

ククイ「……ああ、すまん。大丈夫だ…」ヨロッ

ククイ(……そうだ、とりあえずはマオとカキからサトシたちの様子を聞いて……)

ククイ「な、なぁ…マオ、カキ……」

マーマネ「カキー!お弁当作ってきてくれたー?」

カキ「おう、これな」スッ

マーマネ「ありがとう!」

ククイ「!?」

ククイ(カキがマーマネに弁当づくり???)

カキ「昨日マオと一緒に作った自信作だぞー?」

マオ「お兄ちゃんったらホシちゃんにいいとこ見せようとしてさー」クスッ

カキ「い、言うなよ!」

ククイ「な……?お兄ちゃん……?」

ククイ(カキ……マオ……お前らもか!?どいつもこいつもマニアックなプレイしやがって……)
77IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)22:21:49 ID:wxe()
マオ「しかもお兄ちゃんったらさー!昨日寝る時にー」ニヤニヤ

カキ「おいやめろ!」

ククイ「!」

スイレン「あーアツイアツイ」ニヤニヤ

リーリエ「論理的結論からいいますと、カキとマオの周りだけ温度が上がっていますコン」ニヤニヤ

マオ「な、なによ///」カァー

ククイ(カキ……マオ………お前らそんな関係にまで……)

ククイ「……………」スクッ

ククイ「……お前ら、今日の授業は中止だ」

サトシ「へ?」

ククイ「……今から学級会議を始める!」

全員「!?」
78IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)23:51:15 ID:wxe()
放課後

ワイワイ

サトシ「いやぁ、今日の学級会議はヤバかったなぁ」

スイレン「博士、だいふんかだった」

リーリエ「なんとかゲームのことは誤魔化せましたが……コン」

マオ「色々と取り返しがつかなそうな誤解が生まれたね…」ハァ

マーマネ「まぁ、ゲームが終わった後に全部説明するしかないね…」

カキ「おーい!マオ!帰るぞー!」

マオ「あー、うん!いまいくー!」

マオ「それじゃ!また明日ね!」

リーリエ「はい!」

スイレン「ばいばーい!」

タッタッタ

リーリエ「マオ……羨ましいですね……コン」

スイレン「マオちゃんにとってカキは…白馬の王子、いや……リザードンの王子さま!」

リーリエ「ふふっ、なんですかそれ。コン」クスッ

マーマネ「さてと、僕もそろそろ行かなきゃ」スッ

サトシ「どこに行くんだマーマネ?」

マーマネ「ロケット団のピカチュウゲット会議だよ」

サトシ「あー」

リーリエ「まるで他人事ですねサトシ。コン」
79IuY/8jVTR. :2018/10/14(日)23:55:22 ID:wxe()
リーリエ「それでは私たちも帰りますかシロン。コン」

シロン「コーン!」

スイレン「サトシ!私たちも帰ろ!」

サトシ「おう!」

スイレン「あっ」

サトシ「ん?」

スイレン「その……サトシも明日からケンタロスに乗ってむかえにきてくれてもいいよ?////」モジモジ

サトシ「え?なんで?」

スイレン「……言ってみただけ」プクー

サトシ「???」
80IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)00:04:31 ID:uTt()
帰り道

スイレン「サトシ!私がいない時も私以外の女の人と口きいちゃダメだからね!」ジトー

サトシ「わ、わかってるよ……」

スイレン「…ロトム、監視お願い」

ロトム図鑑「スイレン…束縛が強いロトねー」ボソッ

スイレン「なんか言った?」

ロトム図鑑「何も言ってないロト…」

ピカチュウ「ピカァ」

スイレン「じゃあね、サトシ!また明日!」ニコッ

アシマリ「アウ!」

サトシ「おう!」

ピカチュウ「ピカー!」
81IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)00:13:47 ID:uTt()
サトシ「ふぅー!何とか今日も無事に終わったなぁ」

ロトム図鑑「サトシ!大変なのは家に帰ってからロト!」

ロトム図鑑「昨日の件でククイ博士やバーネット博士もサトシを怪しんでるロト!」

サトシ「わ、わかってるよ!」

サトシ「……俺だって、いくら罰ゲームがないとはいえ、ゲームに乗った以上はゼンリョクでやりきる!博士たちには全部終わってから謝ればいいさ!」

ロトム図鑑「わかったロト。期日は後3日。ボクもゼンリョクでサトシをサポートするロト!」

ピカチュウ「ピカー!」

サトシ「へへっ!サンキュー!ピカチュウ!ロト…」

「あれー?」

サトシ「……ん?」

アセロラ「サトシだー!」

ミミたん「キュー」

サトシ、ピカチュウ、ロトム「!?」

アセロラ「えっへっへー!アローラ♪」ニコッ

ミミたん「キュー」

サトシ(アセロラ!?何でよりにもよってこんな時に……?)ダラダラ

ピカチュウ「ピカ……」

アセロラ「ん?どうしたの?アセロラの顔になんかついてる?」

サトシ「……………」ダラダラ

ロトム図鑑「これは……大試練開始ロト」
82IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)18:50:36 ID:uTt()
アセロラ「サトシー!アセロラがいてビックリしたでしょ?」ニシシ

サトシ「……………」ニコッ

アセロラ「……………?どうしたの?今日なんか元気ないねー?」

サトシ「…………………」ニコニコ

アセロラ「あーっ!まさかサトシ……突然アセロラに会っちゃって恥ずかしいとか?」

サトシ「……………」ニコニコ

アセロラ「…………?え、えーと?」

サトシ「……………」ニコニコ

アセロラ「……え、えへへー!じゃあ問題!」ビシッ

サトシ「!」

アセロラ「アセロラはなぜメレメレにいるでしょーか?」

サトシ「……………」

アセロラ「ふっふー、制限時間は10秒!答えてねー?」

サトシ「……………」

アセロラ「……10,9………8…」

サトシ「……………」
83IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)18:57:32 ID:uTt()
アセロラ「……4,3……2…」

サトシ「……………」

アセロラ「……1………あ、あー……タイムアップになっちゃったねー?残念」

サトシ「……………」

アセロラ「さ、さぁ……マサラタウンのサトシくん?お答えをどうぞー!」

サトシ「……………」シーン

アセロラ「……………」

サトシ(うわぁ………アセロラ、すっげー機嫌悪そう…)

アセロラ「……答えは?」

サトシ(ロトム!助けてくれ)チラッ

ロトム図鑑(ボクに任せロトサトシ!)グッ

ロトム図鑑「え、えー………答えは…たまたまメレメレに来……」

アセロラ「ロトムには聞いてないよね」

ロトム図鑑「ご、ごめんロト」ビクッ

サトシ(やべー……アセロラ、あれ絶対に怒ってるよ)

アセロラ「………サトシー?」ニコニコ

サトシ「」ビクッ

アセロラ「………何でアセロラのこと無視するのよ」
84【20】 :2018/10/15(月)18:58:01 ID:Wae
サンムーンになってからポケモンssもだいぶ増えて嬉しい
85IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)19:18:32 ID:uTt()
サトシ「……………」

アセロラ「……………」

サトシ(うわっ、すっげー気まずい……ライチさんの時はここまでじゃなかったのに……)

サトシ(せめてスイレンがいれば……)

ミミたん「キュー」

アセロラ「………サトシ、サトシにとってアセロラはウラウラでたまたま会ってほんの少し一緒にいただけの女の子かもしれないね。でも……」

サトシ「……………」

アセロラ「アセロラにとっては、そのほんの少しの間だってとっても楽しい思い出だったんだよ」

サトシ「……………」

アセロラ「………アセロラ……サトシに嫌われるようなことなんかしちゃったかな?だったらすっごく悲しいな

アセロラ「それとも…アセロラとお話ができない理由が何かあるのかな?だったら教えてほしいな?だってアセロラ……サトシが人を無視したりする子じゃないって知ってるもん」

サトシ「……………」

アセロラ「サトシは……ちょっぴり頼りないところもあるけど、優しくって…バトルに負けたら悔しくって泣いちゃうくらい負けず嫌いなところもあるけど、どんなことでもゼンリョク!のがんばりやさん!」

アセロラ「それで……キメる時はキメるカッコいいところも……えへへ、なーんてね?」クスッ

サトシ「……………」

アセロラ「ほんのちょっぴりの間でも……アセロラはサトシのカッコいいところもカッコ悪いところも知ってるつもり!だから………」

アセロラ「………なにかあるなら遠慮なく相談してほしいなって」ニコッ

ミミたん「キュー」

サトシ「……………」
86IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)19:19:42 ID:uTt()
サトシ(アセロラ……)ウルッ

サトシ(うぅ……俺はこんなに優しい子をゲームとはいえ、無視しなきゃいけないなんて……心がいたい…)

ピカチュウ「ピカピー」

アセロラ「サトシ!」ニコッ

サトシ「……………」

アセロラ「……………」ニコニコ

ミミたん「キュー」

サトシ「……………」

アセロラ「…………」ニコニコ

サトシ「……………」

アセロラ「………で無視、と」
87IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)20:14:03 ID:uTt()
アセロラ「………うんうん、そっかそっかーサトシはつまりそういう人なんだねー」

サトシ(うわぁ……アセロラ、本気で怒ってるよ絶対…)チラッ

ロトム図鑑「」コク

ロトム図鑑「アセ…」

アセロラ「アセロラは今サトシとお話ししてるよねー」ニコッ

ロトム図鑑「……今日もいい天気ロトー」

サトシ(ロトム!!)

アセロラ「サートシー?ほら、アレ覚えてる?サトシが大試練、アセロラがミミッキュの格好して応援してくれたら頑張れるって言うからしてあげたよねー
?」

サトシ「!」

アセロラ「サトキュー!頑張ってキューって♪」

サトシ「……………」

アセロラ「えへへ、それなのに……ずっと無視だなんてアセロラ、寂しいな?」

サトシ「……………」

アセロラ「サトシィ?」ズイッ

サトシ「!」

アセロラ「……またぽかぼかフレンドタイムくらいたい?」ボソッ

サトシ「」ビクッ

アセロラ「えへへー!なーんて!嘘だよー」ニコニコ

サトシ「……………」

ロトム図鑑「目が笑ってないロトアセロラ」

ピカチュウ「ピカァ……」
88IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)20:23:35 ID:uTt()
ロトム図鑑(ライチと違ってさすがにこれ以上はマズイ気がするロト)

ロトム図鑑「サトシ、ここは一人言を言うロト」ヒソヒソ

サトシ(! 一人言……そうか!ナイスロトム!)グッ

ロトム図鑑「任せロト!」グッ

アセロラ「サトシー?アセロラ、そろそろサトシとお話ししたいなー?」

サトシ「………い、いやぁ……参っちゃったなぁ!」

アセロラ「!」

サトシ「………そ、その……悪いムウマージの魔女にスイレン以外の女の人と話せなくなる魔法かけられちゃうんだもんなー」ハハハ

アセロラ「…………」

サトシ「………す、スイレンは……愛のパワー?で回避できたけど……いやぁ……金曜日まで他の女の人と話できないのはつらいなー」

ロトム図鑑「さ、サトシも災難ロトねー」

ピカチュウ「ピカァ」

アセロラ「……ふふっ、なによそれ?」クスッ

サトシ、ロトム、ピカチュウ「!」

サトシ「お、おい!アセロラ笑ってるぜ!」ヒソヒソ

ロトム図鑑「う、上手くいったみたいロト!」ヒソヒソ

ピカチュウ「ピカァ!」ホッ

アセロラ「もぅー!悪いムウマージの魔女とか愛のパワーって…サトシィ……!」アハハ

サトシ「あ、アハハ………」ハハハ

アセロラ「全然笑えないんだけど」

サトシ「ヒッ」ビクッ

ロトム図鑑「ぼ、ボク用事を思い出したから帰るロトー」ヒュー

ピカチュウ「ピカァ!」
89IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)20:46:21 ID:uTt()
アセロラ「……なんでそんな嘘つくのかなーサトシィ?」

サトシ(アセロラの顔…笑ってない…いつもの優しいアセロラじゃない…)ゾクッ

アセロラ「……アセロラはね?サトシが体調悪かったりイジメられたりしてないかなーって本気で心配したんだよ?なのに……」

サトシ「……………」

アセロラ「ムウマージの魔女?わかりやすい嘘つかないでよ。スイレンに私以外の女と口きくなとか言われたんでしょ?」ズイッ

サトシ(うわぁ……だいたい当たってんのがなぁ…)

アセロラ「……どうなのよ!」

サトシ「」ビクッ

アセロラ「……………」ジトー

サトシ「………………」

アセロラ「……もういいわよ」クルッ

サトシ「!」

アセロラ「……引き止めてもくれないんだね?……いこっミミたん」

ミミたん「キュー」

スタスタ

サトシ「……………」

サトシ「………完全にアセロラに嫌われた」ガクッ

ピカチュウ「ピカピ」ポンッ
90IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)21:13:45 ID:uTt()
サトシ「………うぅ…」ポロッ

ピカチュウ「ピカピ!?」

サトシ「あ、あれ……?なんだ?おかしいな?」ポロポロ

サトシ「………バトルに負けた訳でも…ポケモンとお別れした訳でもないのに涙が……」ポロポロ

ピカチュウ「ピカァ…」

ロトム図鑑「サトシ。それが"大人になる"ということロト」

サトシ「ロトム……」ポロポロ

ロトム図鑑「ボクがたまたま用事で抜けていなければ……サトシ、ごめんロト」

サトシ「うぅ……」グスグス

ロトム図鑑「サトシ。アセロラにはゲームが終わったら全部説明すればいいロト。アセロラならきっと許してくれるロト」

サトシ「………うん……」グスッ

ロトム図鑑「………今は思いのまま泣けばいいロト。その涙はサトシが一つ、男として大人になった証の涙ロト」

サトシ「………大人の……証…?」グスッ

ロトム図鑑「そうロト。………涙の理由は、思う存分泣いた後に考えればいいロト」ニコッ

サトシ「………ロドムゥ……」グスッ

ロトム図鑑「うんうん」

ウワァァァン!!

その日 サトシは

ちょっぴり 大人の

涙を流した ロト

ピカチュウ「ピカチュウ」
91IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)21:21:18 ID:uTt()
ウワァァァン

マーマネ(……たまたまサトシを見かけたと思ったら…えぇぇ?)

ウワァァァン

マーマネ(サトシ……何で道端で泣いてるの!?スイレンとケンカでもしたのかな?)

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ(……サトシの所に行って話を聞いてあげたいけど……)チラッ

コジロウ「どうした?」

ニャース「にゃんかあったのニャ?」

マーマネ「い、いや……」ハハハ

マーマネ(あんな大泣きしてるサトシが見つかったら……ピカチュウを簡単にとられちゃうよ…)

マーマネ「………べ、別に何も……」ハハハ

ムサシ「……………」

ムサシ「ならさっさと行くわよ」クルッ

コジロウ「………ああ、そうだな」クルッ

ニャース「早くおみゃーも来るのニャ新入り」クルッ

ソーナンス「ソーナンス!!」

マーマネ「う、うん…」スクッ

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ(サトシ、何があったか知らないけど頑張ってね)クルッ


ウワァァァン!!
92IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)21:43:55 ID:uTt()
マーマネ(ハァ……金曜日まで長いなぁ…とりあえず当面の目標は最終日のサトシとロケット団の対決だけど……)

コレイイー マダカウノカ?

マーマネ「………ん?」チラッ


マオ「ほらっ!このアマージョのヌイグルミ可愛くない?」

アマージョ「マッジョ」

カキ「たくっ、ヌイグルミって………いくつだお前は」ハァ

マオ「なによー?お兄ちゃんなら可愛い妹にプレゼントくらいしてくれてもいいでしょー?」プクリーン

カキ「………うっ!」キュン


イチャイチャ

マーマネ「………………」

マーマネ「ねぇ、あそこのバカップル相手に対ピカチュウのバトルの練習しない?」

ムサシ、コジロウ、ニャース「は?」

ソーナンス「ソーナンス!!」


火曜日終了

ゲームの期日 あと3日
93IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)22:21:19 ID:uTt()
水曜日

スイレン「アローラ!サトシ!」

アシマリ「アウ!」

サトシ「おう!アローラ」

ピカチュウ「ピカ!」

スイレン「サトシ!今日の水着、黒にしてみた!どう?」

サトシ「うん、似合ってるよ」ニッ

スイレン「……………?」

サトシ「ん?」

スイレン「い、いや……(サトシが水着をホメてくれたのは嬉しい……でも……)」

スイレン「………サトシ、ちょっと様子変?」ムゥ

サトシ「え?」

スイレン「……………何かあった?」

サトシ「ははっ、わかる?ちょっとな?」

スイレン「うん、サトシ…わかりやすいから」

スイレン「話してみて!」ニコッ

サトシ「実は……」
94IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)23:03:16 ID:uTt()
スイレン「……………なるほど、そんなことが…」ムゥ

サトシ「そうなんだよ…俺、アセロラに嫌われちゃったかな?」

スイレン「………うん、サトシの対応はダメダメ!サトシは全然女心をわかってない!」

サトシ「えっ!?」ガーン

スイレン「なんちゃって、うーそです♪」

サトシ「なんだ、嘘か……」ホッ

サトシ「………って、アセロラに嫌われたのかもしれないのは嘘じゃないし、ホッとはできないな…」ハハハ

スイレン「………でも、サトシがそんなことで悩むのは新鮮。サトシも大人になった」

サトシ「そ、そんなことってなんだよー」

スイレン「ご、ごめん…」

サトシ「たく~」

スイレン「……………ごめんサトシ…」

サトシ「え!?い、いや……そこまで謝らなくても…」アセアセ

スイレン「………私が、変な命令出しちゃったからサトシ……アセロラとケンカしちゃって…」

サトシ「………え?」

サトシ「い、いや!気にすんなよスイレン!俺だってスイレンの命令をたまたま引いちゃっただけだし……」

サトシ「それに、アセロラとケンカしちゃったのだって、スイレンが言うとおり俺がもっと上手く対応してれば……」

スイレン「……………」

アシマリ「アウ」
95IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)23:11:40 ID:uTt()
スイレン「…サトシ。アセロラは優しい子!全部話したらきっと許してくれる」ニコッ

サトシ「………そうかな?」

スイレン「うん、大丈夫!」ニコッ

スイレン「あっ、でも……私にも責任がなくはないし……謝るんだったら私もサトシと一緒に謝るよ」

サトシ「え?スイレンは謝る必要ないよ……」

スイレン「……………」ジトー

サトシ「………まぁ、でも…スイレンがついてきてくれたら心強いかもか?」ハハハ

スイレン「……うん、任せて!正直、サトシだけじゃちょっと心配だし……変なこと言って険悪になったら困る」ジトー

スイレン「サトシは女心わかってないから」

サトシ「ハハハ……」

サトシ「サンキューなスイレン?本当にありがとう」

スイレン「……うん、私で良かったら何でも相談して!」ニコッ

サトシ「ああ!」ニッ

スイレン「……………」ジーッ

サトシ「? どうした?スイレン」

スイレン「な、なんでもない/////」

サトシ「?」

スイレン(……やっぱり私………)

スイレン(太陽みたいなサトシが大好き)
96IuY/8jVTR. :2018/10/15(月)23:49:44 ID:uTt()
ポケモンスクール

マーマネ「………………」チラッ

カキ「でなー?昨日マオったらずっとそのアマージョのヌイグルミを抱っこしててな?寝る時も…」ニヤニヤ

マオ「べ、別にいいじゃん!////」

アマージョ「マッジョ!」

リーリエ「あーアツイアツイ。論理的結論からいいますと、こおりタイプにはこのアツさは堪えますコン」

シロン「コン」

マーマネ(ハァ……カキとマオ……前以上に仲良くなっちゃって……あれのどこがゲームなのさ?あんなのただのハッピータイムだよ)

マーマネ(……それに比べて僕は……ロケット団の宿題でカッコいい四文字熟語を考えてるとか…世の中ってなんて不公平なんだ)ハァ

サトシ「アローラ!」

スイレン「アローラ!」

マオ「アローラ!サトシ!スイレン!」

カキ「なぁ聞いてくれ!昨日マオが……」

マオ「も、もぅ!何回その話するのよ!////」

サトシ「なになに?」

スイレン「聞かせて聞かせて!」

リーリエ「またバカ夫婦ワンセット追加ですか。ここはサウナですか?」アッツ

マーマネ「……………」

マーマネ(……僕もリーリエとイチャイチャしたいなぁ…)ハァ

トゲデマル「マキュ」ポンッ
97IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)20:58:39 ID:3pt()
>>95
訂正
サトシ「………まぁ、でも…スイレンがついてきてくれたら心強いかもか?」ハハハ

サトシ「………まぁ、でも…スイレンがついてきてくれたら心強いかもな?」ハハハ
98IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)21:04:00 ID:3pt()
放課後

スイレン「サトシ!帰ろ」

サトシ「おう!」

ピカチュウ「ピッカー」

マオ「お兄ちゃーん!今日は帰りによりたいとこあるんだけどー」

カキ「牧場の手伝いもあるからなるべく早めにな」

マオ「うん♪さっすがお兄ちゃんだね!」

ワイワイ

リーリエ「みなさん、どうやらだいぶゲームに馴染んできてるみたいですね。コン」

シロン「コーン」

マーマネ「……………さてと」スクッ

リーリエ「マーマネも帰るんですか?コン」

マーマネ「うん、ロケット団があるからね」

トゲデマル「マキュキュ」

リーリエ「そ、そうですか…頑張ってください…コン」

リーリエ(マーマネ…ロケット団が放課後の部活動のような扱いに…)
99IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)21:15:13 ID:3pt()
ショッピングモール

マーマネ「ご、ごめん!遅れたー!」

トゲデマル「マキュキュー」

ムサシ「ちょっと!遅いわよ!」

ニャース「新入りの癖に遅刻とは生意気ニャ」

マーマネ「そ、そんなこと言ったってー!」

コジロウ「まぁまぁ、少しくらい多目に見てやろうぜー?」

ソーナンス「ソーナンス!!」

ムサシ「……たくっ、コジロウは甘いのよ」

ムサシ「まぁいいわ。んなことより……私たちが出した宿題やってきた?」

マーマネ「う、うん!えーと」ゴソゴソ

マーマネ「これに書いてあるよ!」スッ

ムサシ「んー?なになに?」

コジロウ「……焼肉定食に暴飲暴食……満漢全席、酒池肉林…」フムフム

ニャース「ニャー…見事に食関連ばっかニャ」

マーマネ「い、一生懸命考えたんだよ!」

コジロウ「まー、らしいっちゃらしいが……」

ムサシ「そんなんだからまるまる太んのよ」

ソーナンス「ソーナンス!!」

マーマネ「よ、余計なお世話だよ!」

マーマネ「……まったく……」ブツブツ

マーマネ「……ハァ…」

ムサシ、コジロウ、ニャース「?」
100IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)21:28:22 ID:3pt()
ムサシ「ちょっとなによ!ため息なんかついちゃって!辛気臭いわねー」

マーマネ「え?」

ニャース「もしかしてニャにか悩みでもあるニャ?」

コジロウ「なんなら俺たちに話してみろー?聞くだけなら聞くぜ?」

ソーナンス「ソーナンス!!」

マーマネ「………実は……」



ムサシ「は?クラスに好きな子がいる?」

マーマネ「す、好きっていうか……気になるっていうか……」モジモジ

ムサシ「ちょっとはっきりしなさいよ!男でしょ?」ズイッ

マーマネ「い、いや……」モジモジ

コジロウ「まぁまぁムサシ。んで?誰なんだ?」ズイッ

マーマネ「……えーと……リーリエって子///」モジモジ

ムサシ「リーリエ?」

コジロウ「あー、あのいつもジャリボーイたちと一緒にいるお嬢様でロコンを使ってる…」

ニャース「あの白ジャリニャ」ポンッ

ムサシ「あー、あのいかにも世間知らずそうなションベン臭そうなジャリガールね」

マーマネ「リーリエの悪口言わないでよ!!」

ムサシ、コジロウ、ニャース「」ビクッ

ソーナンス「ソーナンス!!」
101IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)21:42:08 ID:3pt()
コジロウ「まぁまぁ、そうアツくなんなよー」

ムサシ「そう、頑張んなさい。んじゃ、ピカチュウゲット大作戦の作戦会議始めるわよ」

マーマネ「えーー!?」

ムサシ「な、なによ?」

マーマネ「応援してくれるんじゃないの!?」

ムサシ「ハァ?なに甘ったれたこと言ってんのよ?私たちはジャリボーイからピカチュウをゲットすんのに忙しいのよ!そんなガキんちょの青春ごっこに付き合ってる暇なんかないわよ!」

マーマネ「そ、そんなぁ…」

コジロウ「ムサシ!少しは手伝ってやろうぜ?アイツがこのままじゃあいざピカチュウゲットのバトルになった時に作戦の士気にかかわる」ヒソヒソ

ムサシ「……………」チラッ

マーマネ「………ハァ」

トゲデマル「マキュキュ」ポンッ

ニャース「それに……ここでアイツに恩を売っておけば何かの役に立つかもしれにゃいニャ」ヒソヒソ

ソーナンス「ソーナンス!!」

ムサシ「……………ハァ、仕方ないわねー」

マーマネ「!」

ムサシ「今日の作戦会議はピカチュウゲット大作戦から"太陽も月もポケモンもあのコもゲット大作戦"に変更よ!」

ソーナンス「ソーナンス!」

マーマネ「え!?」

コジロウ、ニャース「おー!!」

マーマネ「………ロケット団のみんな…」ウルウル

トゲデマル「マキュキュー」ウルウル
102IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)21:51:59 ID:3pt()
帰り道

リーリエ「ハァ……今日も家に帰ったらお母様やお兄様から撮影会でしょうか……コン」

シロン「コーン」

リーリエー

リーリエ「?」クルッ

リーリエ「!?」ビクッ

マーマネ(トゲデマルコス)「マキュキュ!」

トゲデマル「マキュ!」

リーリエ「マーマネ!?なんですかその格好は!?コン」

ニャース「えー……今から、トゲデマルvsアローラロコンのポケモンバトルを始めますニャ」

リーリエ「ぽ、ポケモンバトル!?コン」

マーマネ「………」

コジロウ「いいか?今からお前は一匹の♂トゲデマルだ。男なら好きな女くらい、たいあたりでゲットしてみろ?」ヒソヒソ

マーマネ「リーリエとバトルか……いやだなぁ…何でこんなことに…」ハァ

コジロウ「つべこべ言うな!男だろ?」

マーマネ「うぅ……」
103IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)22:02:31 ID:3pt()
リーリエ「あ、あの……マーマネ…これはいったい…」

コジロウ「トゲデマル!相手はこおりタイプ!岩タイプの技が有利だ!ころがる攻撃!」

マーマネ「えぇ!?こ、ころがるって…」

コジロウ「いいから行けっ!」ドンッ

マーマネ「………! わわっ!」グラッ

ゴロッ

マーマネ「うわぁぁぁぁ!!!」ゴロゴロ

リーリエ「ヒッ…!マーマネがこちらの方に転がって!?コン」ビクッ

マーマネ「うわぁぁぁぁ!!とめてー!!」ゴロゴロ

リーリエ「うぅ……どうしたら…」

ムサシ「どうしたらって……そんなの決まってんじゃない!」

リーリエ「! あ、あなたは!?」

ムサシ「男が体はってゼンリョクでぶつかってきてんのよ?アンタも女なら受け止めてやんなさい!」

リーリエ「……受け止める……」ゴクリ

マーマネ「リーリエーー!!」ゴロゴロ

リーリエ「……マーマネ…」

マーマネ「うわぁぁぁぁ!!」ゴロゴロ

リーリエ「…論理的結論からいいますと、あんなの受け止められないです。ごめんなさいマーマネ。コン」スカッ

マーマネ「ギャアァァァ!!」ゴロゴロ

ゴロゴロ

ドカン
104IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)22:14:36 ID:3pt()
マーマネ「」ピクピク

トゲデマル「マキュ…」

ニャース「ニャー……おもいっきり壁に大激突…痛そうニャ……」ヒェー

ソーナンス「ソーナンス!!」

リーリエ「あ、あのマーマネ…大丈夫…」

ムサシ「なにやってんのよロコン!バトルに情けは無用!チャンスよ!メガトンキック!」

リーリエ「えぇ!?」ビクッ

コジロウ「お、おいー!起きろー!ロコンの攻撃かくるぞー!かわせー!」

マーマネ「」ピクピク

リーリエ「あ、あの……私、暴力は……」

ムサシ「ダメねこのロコン。全然指示を聞かないわ」ヤレヤレ

リーリエ「ダメって……コン」

コジロウ「お、おい!ロコンがムサシのいうことを聞かないでなまけてる!チャンスだ!おきろー!」

マーマネ「」ピクピク

コジロウ「お前のその子への想いはそんなものだったのかー!!」

マーマネ「!」ピクッ

リーリエ「あ、あの……マーマネのケガも酷いようですし、ポケモンセンターに……」

マーマネ「……その心配はないよリーリエ…」ムクリ

リーリエ「!」

マーマネ「……僕は……サトシやカキみたく強くてカッコよくないかもしれない……」ヨロッ

マーマネ「……Z技だって使えないし…誰かを守れる力もないかもしれない…でも…」

マーマネ「僕だって男だ!!」

リーリエ「マーマネ……」
105IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)22:51:49 ID:3pt()
ムサシ「なによ、案外根性あんじゃない?」

コジロウ「うぅー!青春だなぁ!」ウルッ

ニャース「コジロウ!おみゃー泣いてるニャ?」ウルッ

コジロウ「こ、これは目から汗が出ただけだ!男がそう簡単に泣くもんか!」ゴシゴシ

ソーナンス「ソーナンス!!」

マーマネ「うぅ……」ヨロッ

リーリエ「あ、あの…マーマネ…あまり動かない方が…コン」

シロン「コン!」

コジロウ「よーし!こうなったら俺がとことんゼンリョクでサポートしてやるぜ!」

コジロウ「トゲデマル!ロコンはひるんでる!今のう内にあまえる攻撃だ!」

マーマネ「リーリエー!!」ガバッ

リーリエ「!?」

マーマネ(僕のゼンリョクを………受け取って!!)

リーリエ「キャアァァァ!!」

マーマネ「…………へ?」



バチン
106IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)23:03:02 ID:3pt()
マーマネ「うぅ……」プスス

ムサシ「あー、こりゃー見事におうふくビンタが決まったわねー」

コジロウ「トゲデマルーー!!」

ニャース「こりゃー勝負ありニャ」

ソーナンス「ソーナンス!!」

リーリエ「も、もう!何なんですかマーマネは!」

マーマネ「リーリエ……」

リーリエ「いきなりトゲデマルのコスプレで現れたと思ったら私にころがってきて……その上飛びかかってくるなんて信じられません!最低です!最低すぎです!」プンプン

シロン「ゴン!」グルル

マーマネ「僕は……」

コジロウ「お、おい…」スッ

ムサシ「まぁまぁ、ここは私たちの出る幕じゃないわ」

コジロウ「お、おう……」

マーマネ「……リーリエ!その、僕は……!!」

リーリエ「知りません!」ポイッ

ゴツン

マーマネ「いだっ!」

ニャース「とどめのなげつける攻撃ニャ」

リーリエ「さようならマーマネ。いきましょうシロン。コン」クルッ

シロン「コン」クルッ

マーマネ「うわぁぁぁ!待ってよリーリエー!」

トゲデマル「マキュ」ポンッ
107IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)23:12:03 ID:3pt()
マーマネ「うぅ……最悪だ……リーリエに嫌われた…」グスグス

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ(今思えば昨日のサトシも……女の子とケンカして泣いてたのかな?)グスグス

コジロウ「まぁ、まだ完全にフラれた訳じゃないしそう気を……」

ニャース「……ん?おみゃー…さっきなげつけられたそれ……」

マーマネ「………え?」グスッ

コジロウ「お、お前……それは……」

ムサシ「きずぐすり?」

ソーナンス「ソーナンス!!」

マーマネ「………リーリエ…」ウルッ


ウワァァァン!!


リーリエ「……まったく、男の子ってバカだね?シロン?」クスッ

シロン「コン!」ニコッ


水曜日終了

ゲームの期日 あと4日
108IuY/8jVTR. :2018/10/16(火)23:12:55 ID:3pt()
>>107
訂正
4日→2日
109IuY/8jVTR. :2018/10/17(水)00:17:09 ID:UfT()
木曜日

サトシ「いってきまーす!」

ピカチュウ「ピカァ!」

ロトム図鑑「ロー」ヒュー

バーネット「サトシー!今日もスクール、ゼンリョクで楽しんできなさいよー!」

サトシ「………」コク

タッタッタ

バーネット「……………」

ククイ「……サトシの様子は相変わらずか?」

バーネット「………うん、月曜日からずっと口をきいてないわ。でも……」

バーネット「頷いたり、一人言を言ってくれるようにはなった」ニコッ

ククイ「………一人言ね。そうか」フッ

バーネット「サトシが言うには……ムウマージの魔女に魔法かけられてスイレン以外の女の人と口きけなくなったんだっけ?」

ククイ「みたいだな?」

バーネット「………私と口をきかないにしろ、意志疎通をしようとする気もあるみたいだし…きっと何かサトシにも事情があるのね?」

ククイ「………ま、あの様子ならサトシがいう金曜の期日になったら何か話してくれるだろ」

バーネット「そうだといいんだけど……」

ククイ「それに……様子がおかしいのはサトシだけじゃないしな…」
110名無しさん@おーぷん :2018/10/17(水)12:19:28 ID:c3l
一昨日くらいにSS速報が復活しましたよ
一応報告です
111IuY/8jVTR. :2018/10/17(水)17:48:30 ID:UfT()
>>110
ここにスレ立ってたので一応知ってはいました
わざわざ報告して頂いてありがとうございます
SS速報には戻るつもりです
このSSはここで終わらせます
112IuY/8jVTR. :2018/10/18(木)18:28:04 ID:VCR()
サトシ「ゲームも今日を入れてあと2日か~!この調子なら何とかなりそうだな!」

ロトム図鑑「よく言うロトサトシ~!ボクのフォローが無ければどうなっていたか」

サトシ「そうだっけ?」

ピカチュウ「! ピカピ!」クイクイ

サトシ「ん?どうしたピカチュ……」

ミミたん「キュー」フワフワ

サトシ「……あれは……」
113名無しさん@おーぷん :2018/10/18(木)19:43:43 ID:YpQ
来たか?
114IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)12:46:06 ID:xmR()
アセロラ「へっへー!アローラサトシー♪」ニコッ

ミミたん「キュー」

サトシ(アセロラ…)

ピカチュウ「ピカァ」

サトシ「……………………」

アセロラ「……うーん…まだアセロラとはお話してくれない、か……」

サトシ「……………………」

サトシ(………まさかここでアセロラに会うなんて…まだウラウラに帰ってなかったのかな?それともたまたま?)

サトシ(………なんにせよ、チャンスだ!この間のこと謝んなきゃ!)

サトシ「……ひ、一人言なんだけど…」

アセロラ「……この間はごめんねサトシ?」

サトシ「!?」

サトシ(ごめん……?なんのことだ?謝んなきゃいけないのは俺の方なのに…)

アセロラ「アセロラ……サトシのことを信じてあげないで……一方的に嘘だって決めつけちゃってごめんなさい!」ペコッ

ミミたん「キュー」ペコッ

サトシ(アセロラ………)

サトシ「……………………」
115IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)20:00:42 ID:xmR()
アセロラ「へっへー!それでね?アセロラから提案があるの!」

サトシ(提案……?)

アセロラ「……サトシがその悪い魔女に魔法をかけられたならー」ウーン

サトシ「……………………」

アセロラ「アセロラが退治してあげよっか?」ニコッ

サトシ「」ビクッ

サトシ(た、退治……?)

アセロラ「だって…そのサトシの話が本当なら、サトシに悪い魔法をかけた"魔女"がいるんだよね?」

アセロラ「サトシ!魔女の場所教えてよ!アセロラがサトシを助けてあげる!」

サトシ「……………………」

アセロラ「それとも……」

サトシ「?」

アセロラ「……何か教えられない理由でもあるの?」

アセロラ「魔女の居場所」

サトシ「……………………」

ピカチュウ「ぴ、ピカピィ…」
116IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)20:06:58 ID:xmR()
アセロラ「……どうしたのサトシ?あーまさかぁ…」ジトー

サトシ「?」

アセロラ「……嘘だったかな?いや、サトシがアセロラに嘘つくわけないもんねー?なら……」

アセロラ「………その"魔女"を庇ってるの?」

サトシ「」ビクッ

サトシ(な、なんなんだよアセロラ……いつものアセロラじゃない…)ガクガク

アセロラ「……どうしたのー?ほらっ、一人言でいいんだよ?アセロラ、聞いててあげるから」ニコニコ

サトシ(怖い……)ガクガク

ピカチュウ「ぴ、ピカ…」

アセロラ「……サトシィ、何で怯えてるの?こわくないこわくない♪」ナデナデ

サトシ「……そ、その…」

アセロラ「!」
117IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)20:16:05 ID:xmR()
サトシ「ひ、一人言なんだけどさ?ま、魔女の魔法は明日まで我慢すれば解けるし……」

アセロラ「………………」

サトシ「その……ムウマージの魔女だって悪気があって俺に魔法かけた訳じゃないんだ……だからさ……」

アセロラ「………………」

サトシ「ゆ、許して……」

アセロラ「……許す…?なにそれ?まるで、アセロラがサトシを追い詰めてるみたいな言い方だね」

サトシ「ち、違うよ!そんなつもりじゃ……」

アセロラ「……うーん、まぁ、わかったよ!サトシがそこまで言うならやめるよ」

サトシ「ありが……」

アセロラ「……なんでお礼?それじゃあまるで……」

サトシ「ち、違うよ!これは感謝のお礼だよ…」

アセロラ「ふーん、それならいいよ♪」ニコッ

サトシ「アセロラ…」ホッ

アセロラ「ところでサトシー?」ズイッ

サトシ「な、なに?」

アセロラ「……さっきからアセロラと普通にお話ししてるみたいだけど……」ジトー

サトシ「!」

アセロラ「……女の人と口をきけない魔法はどうしたのかなー?」ニコッ

サトシ「………ぁ………」

ピカチュウ「ピカピ…」

アセロラ「へっへー♪」ニコッ

ミミたん「キュー」
118IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)20:25:37 ID:xmR()
サトシ(しまった!)バッ

アセロラ「もぅー!まったくー!サトシは嘘がヘタなんだから」クスクス

アセロラ「さ、このバトルはアセロラの勝ちだね!じゃあおとなしく、アセロラを無視した本当の理由を…」

ミミたん「キュー!」クイクイ

アセロラ「ん?どうしたのミミた……」


サトシ「ひぃー!!」ビュー

ピカチュウ「ピカー!」タッタッタ


アセロラ「あっ!逃げた!」
119IuY/8jVTR. :2018/10/19(金)20:29:20 ID:xmR()
すみません
ちゃんと完結はさせますが、更新ちょっとゆっくりになりそうです
120名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)22:06:04 ID:UOP
>>119
焦らんでええよ
自分のペースを大事にして
121名無しさん@おーぷん :2018/11/01(木)21:23:30 ID:jm8
このSS楽しみにしてたんだけど作者疾走しちゃったかな?

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【ポケモン】カキ「みんな。今日はわざわざ集まってもらってすまないな」
CRITEO