- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

女勇者「さあ魔王、人間を滅ぼそうよ」魔王「何を言っているんだ貴様は」

1QcbNG153ik:2018/10/10(水)20:05:39 ID:LLz()
女勇者「何ももなにも言ったとおりだよ、さあ人間を滅ぼそう」

魔王「側近、女勇者が錯乱しているのだが」

側近「見たところ錯乱魔法の類の痕跡は見られませんが」

女勇者「何言ってるの?僕は正気で健全な勇者だよ?」

魔王「正気で健全な勇者はそんなこと言わないと思うぞ」

側近「女勇者さん、人間に何かされたんですか?」

女勇者「…実は僕は貧しい村の出で、勇者に選ばれる前は酷い虐待と餓えに苦しめられて…」

魔王「…そうだったのか」

側近「…それは、同情しますが…全ての人間が悪いわk」

女勇者「なんてことは一切ないんだけどね」アハハ


魔王「…」

側近「…」 
2QcbNG153ik :2018/10/10(水)20:12:47 ID:LLz()
側近「では何故?」

女勇者「理由?必要あるかな」

魔王「無いのか」

女勇者「それよりほら!早く魔物たち集合させてよ。ああ、楽しみだな」ワクワク

魔王「何故我が貴様の言うことに従う必要がある」

女勇者「だって魔王僕に負けたよね?」

魔王「ぐ…」

女勇者「側近、魔王に勝った人が次の魔王になるんだよね?」

側近「ええ、その魔王様も前魔王様のご子息とはいえ親殺しによって魔王の座を得ました」

魔王「親殺し言うな、きちんと蘇らせたわ」

女勇者「なら僕が次期魔王になっても道理は通るよね?」ニヤリ

魔王「通るわけあるか!」

側近「一理ありますね」

魔王「え」

女勇者「」ニコニコ
3名無しさん@おーぷん :2018/10/10(水)20:15:23 ID:pW7
おお、SS速報Rからずっと見てた!こっち来たのか
4QcbNG153ik :2018/10/10(水)20:17:08 ID:LLz()
魔王「いや通らない!貴様は人間であって魔物ではないだろ」

女勇者「それもそうか…なら魔王の妃になればいいよね」

魔王「駄目だと言っているに。そもそも我は人型の魔物ですらないではないか」

女勇者「後ろ足で立って前足は物を掴める手になってて頭は上についている。人型じゃん」

魔王「人の定義が広すぎるわ」

女勇者「むしろ人間に似てないのがいい!魔王のその爬虫類の鱗もとげの生えた尻尾も角の生えたワニのような顔も普段はたたんでいる竜の羽も巨大な鉤爪と牙も魔王の見た目がすごい好き!!」

魔王「側近…この勇者怖い」

側近「まあ魔物と人間の交わりぐらいよくあることですよ。フェティズムってやつです」

女勇者「さあ魔王、僕を妃として迎え入れてよ」

側近「そういえば前魔王を性奴隷にした魔王も存在しましたよ。もちろん血縁関係はありませんが」

魔王「何故それを今言う!?」
5QcbNG153ik :2018/10/10(水)20:24:24 ID:LLz()
女勇者「じゃあまずは触手プレイでも。腕触手化魔法で…」

魔王「待て待て待て!人間を滅ぼすとかいう話はどうした!」

女勇者「あ、そうだった」

側近(話し逸らしたましたね…残念です)

女勇者「じゃあまずは…」

魔王「説明」

女勇者「何の?理由なんて無いよ」

魔王「だったら何故最初からそう言わず勇者として我を倒した」

女勇者「どっちが力が上か示しておきたくて」ニンマリ

魔王「…」

女勇者「そして王様に魔王を殺したことを報告して」

魔王「平和協定だと言っていたのは嘘だったのか」

女勇者「嘘だよ、平和協定のせいで魔物たち鬱憤が溜まっているでしょ。人間のほうも魔王が殺されてから数年、そろそろ緊張が解けて平和ボケしているし」

女勇者「油断している人間に力が有り余っている魔物、きっと楽しいだろうなあ、きっと」
6QcbNG153ik :2018/10/10(水)20:39:21 ID:LLz()
女勇者「興奮しない!?10年以上、ずっと信頼していた勇者がいきなり掌返して襲ってくる。しかも死んだはずの魔王が生きていたなんて!」

女勇者「一体どれほど失望と絶望をしてくれるんだろう。ああ、たまらないよ、たまらない。魔王、僕は今日のこの日をずっっっっと十何年も待ち望んでいた!」

女勇者「さあ、人間を滅ぼそうよ!!」



魔王(やばい、マジだこいつ)
7QcbNG153ik :2018/10/10(水)21:05:14 ID:LLz()
側近「…魔王様、どうするんですか?」

魔王「…ふう。側近、我々は何だ?」

側近「魔物、そしてあなたはその凶皇です」

魔王「そうだな、我々は魔物だ」


魔王「人間の敵だ」


女勇者「ふふ、やっぱりあなたは僕の魔王だ」
8QcbNG153ik :2018/10/10(水)21:06:42 ID:LLz()
魔王「そうと決まれば側近、魔王城を人間界に浮上させるぞ。魔導師を集めろ」

女勇者「違う」

魔王「何がだ?」

女勇者「いつもと同じ場所じゃダメだよ、あそこ目立たないもん」

魔王「…そういう問題か?」

女勇者「そういう問題だよ」

側近「ではどこが適切なんですか?」

女勇者「世界樹、知っているでしょ?」

魔王「知っているがあそこには人間の村があるぞ」

女勇者「惨殺で。小さな村だし簡単でしょ」

側近「無駄な殺害ですね」

女勇者「魔物がそんなの気にするとは思わなかったよ」

魔王「まさかの認識の違いだ」

女勇者「まあほら惨殺しちゃえ!」

女勇者「そして世界樹を中心に魔王の牙城を築き上げ!魔界のオーラで包み込んで世界の中心を暗黒に染めちゃおう」

女勇者「あ、人間の骨を尖らせて装飾に使えば"牙"城っぽくなるかな?文字通り」

魔王「面白くない」

側近「むしろ怖いですが、魔物としては満点な発想です」

魔王「こいつ人間だぞ」

側近「さきほどからそれが疑問に思えてきました」
9QcbNG153ik :2018/10/10(水)21:25:31 ID:LLz()
女勇者「さて世界樹下の村を滅ぼしに行こう」

魔王「魔物たちにやらせるのではなかったのか?」

側近「士気を高めるにはまず城を建てるべきですから」

魔王「なるほど、それまでは我々だけでやるほうが良いのか」

女勇者「そういうこと、じゃあ行ってくるね」

魔王「おい待て、一人で行く気か?」

女勇者「え?うん。充分でしょ」

魔王「いや、我も行く。ここから人間界に行くと世界樹までは距離があるだろう」

側近「では私も!」

魔王「側近は魔導師を集めて説明しておいてくれ」

側近「何故ですか!二人きりがいいんですか!デートですか!」

女勇者「デートだよ!邪魔しないで!」

魔王「デートではない、そういう気も無い」

側近「えー」

女勇者「えー」

魔王「いいから魔王の言うことを聞け貴様ら」
10QcbNG153ik :2018/10/10(水)22:39:32 ID:LLz()
人間界:狂気の草原

人間界でほぼ唯一、魔界と繋がるゲートのある場所
ここら一帯は魔界の瘴気に触れ、穢れた地として知られている
普通の人間ですら耐性が無ければ狂気に溺れてしまい、知性の低い動物は魔物へと変化する呪われた地ともなっている


女勇者「なるほどね、ここからじゃ世界樹までは遠いや」

魔王「さて、飛ぶぞ」

バサァア


巨大な皮膜の羽が空へと大きく開く


女勇者「ま、魔王。何でお姫様抱っこ?///」

魔王「仮初にも我は王だ。どうすれば喜ぶかどうかぐらい分かる」

女勇者「…よく女たらしとか言われない?///」

魔王「したのはお前が初めてだよ」

女勇者「っ…///」

女勇者「…何か負けた気分///」

魔王「しっかり捕まっていろ」

女勇者「うん///」ギュ
11QcbNG153ik :2018/10/10(水)22:55:57 ID:LLz()
世界樹麓、リアテの村(特産物:世界樹の葉・雫・根)


女勇者「ああ、至福の飛行時間だった…///」

魔王「それは良かった。では始めようか」

女勇者「さっきの飛行をもっと味わいたい。のでちゃちゃっと終わらせちゃおう」

魔王「え」

女勇者「フィガリア・フレク・アクリアビリオ・エクレオリアンク…超級光魔法グレスビアディアンガ!」


星々、そして空に浮かぶ狂気的な形をした月が閃光を放つ。それは全ての家屋、村内の小動物へと無慈悲に降り注いだ


女勇者「いや、詠唱無しのほうが早くて良かったかな?まあいいか。ねえ魔王、終わったよ?」

魔王「…生存者は」

女勇者「いるとしたら卓越した冒険者か防御魔法に長けた人だろうね。この不意打ちじゃ無理だろうけど」

魔王「これは酷い」
12QcbNG153ik :2018/10/10(水)23:13:26 ID:LLz()
女勇者「ねえ魔王、御褒美頂戴。キスがいい」

魔王「王はむやみにキスなどしない。妃もな」

女勇者「ぐ…上手くかわされた」

魔王「それより生存者がいないかを見よう」

女勇者「いないとおもうけどな」
―――――
―――

赤ん坊「おぎゃあ、おぎゃあ」

魔王「…母は強いな。死して尚、自らの身と魂を触媒として防御魔法を託すなど…」

女勇者「そうだね、あわれだよ」

魔王「女勇者、この赤ん坊は近くの国n」


グシャ


魔王「おま…何をして」


女勇者「ん?殺しちゃいけなかった?」

魔王「…何とも思わないのか?」

女勇者「何が?」


人間の赤ん坊を踏み殺し、返り血を浴びた女勇者は
星に照らされて美しく、狂気的な月の下に、いたって普通の表情を湛えていた
13QcbNG153ik :2018/10/10(水)23:23:03 ID:LLz()
その後、世界樹は魔界の瘴気に侵された
世界中に溢れていた新鮮で神聖な空気は絶たれ、魔界の瘴気が薄く混じった汚れた空気が流れることになる

世界樹近くの村や町は全滅、全て死人か魔物に成り果てている

すぐに禁域に指定され、多くの人間、そして小動物までもが本能的に恐れるようになった


そこで何が起こっているのか、世界樹に何が起こったのか。各地の王達は懸念し、やがて調査の手を広げる
14QcbNG153ik :2018/10/10(水)23:30:37 ID:LLz()
フィエリア王国王城、玉座の間


王「騎士団長、危険な旅路であるのは分かっている。しかしどの国も恐れて尻込みしておる。誰かがやらねばいかんのだ」

団長「誰かがやらなければならないというのなら私が示しましょう。一人が行けば後に続く者も現れます」

王様「これは命令だ。決して無理はせず生きて帰って来い。大事なのは情報を持ち帰ることだ」

団長「承知いたしました。わが隊は一人も欠けることなく帰還することを誓います」

王様「頼んだぞ。情報を持ち帰るのみと言えど世界の命運を握った行動だ」

団長「肝に銘じます。偉大な王よ」

王様「武運を祈るぞ、わが自慢の騎士よ」
15QcbNG153ik :2018/10/10(水)23:42:45 ID:LLz()
魔王城(世界樹在住)


魔王「諸君、平和というくだらない安寧の中よく耐え切ってくれた」

魔王「辛かったろう、戦いの快楽を自ら押さえ込み、無理やり平和に馴染もうとしたのだろう」

魔王「しかしもうよい、もう枷を解き放とう」

魔王「退屈と鬱憤を、押し込めた怒りを、再びだ!我々の時代が再び来よう!」

魔王「戦いの歓喜に身を震わせる日々よ!殺戮の快楽、心地良き悲鳴の反響、全てを思い出し、欲せ!欲望のままに食らい尽くそう!」

魔王「我が同胞たちよ、歓喜の日々来たれりだ!」


それは人類における歴史上、最悪にして最凶の戦争。殺戮の日々の始まりとなった


女勇者「…ふふ」
16QcbNG153ik :2018/10/10(水)23:51:45 ID:LLz()
フィエリア王国名誉騎士団

「団長、もうすぐですね」

団長「ああ、気を引き締めろよ。時期に"穢れた地"だ」

「元々は世界樹の恩恵を受けた聖地だったのに…どうしてこんなことに」

団長「分からない。魔物どもにそんな知恵があったかどうかは知らないが、聖地が冒されたことによる人の気の滅入りはここまでだったとは」

「団長、せめて我々は狂気に飲まれないようにしないと」

団長「ああ。我々が希望の光となるのだからな。この暗黒の地においても、我々が歩いた道が光となる」

「団長、光という言葉好きですね」

団長「俺の唯一の道標だ。覚えておけ、いつ何時たりとも、光は我らを照らす」
17QcbNG153ik :2018/10/11(木)00:07:35 ID:zrY()
フィエリア王国、玉座の間

王様「大臣よ。私は不安で不安で仕方ない」

大臣「そうですね、騎士団の皆が無事で帰還すると良いのですが」

王様「そうではない!何故…」

大臣「何がでしょうか?」

王様「何故…この非常事態に勇者はいない?」

大臣「…それは、既に事態の収集に動いているからでは?」

王様「違う、どの国に伝令を送っても返事はどれも同じ『我々も探している。見つけたら一報お願いする』だ」

王様「彼女は、どこだ」
18QcbNG153ik :2018/10/11(木)00:07:58 ID:zrY()
今日はここまで
狂気的な少女少年と厨二成分と人外成分悪落ち等々入り混じったニッチな需要のSSではありますがどうもよろしく
19【32】 :2018/10/11(木)00:23:19 ID:ps8
おうおつ
20QcbNG153ik :2018/10/12(金)19:13:35 ID:udV
オマケ

側近「魔王様、何故告白を最初は断ったのにすぐ「お姫様抱っこ」などという形で『OK』を返したんですか?」

魔王「最初は驚いたからな。冷静になって考えてみた。あそこまで言ってくれるのだ、悪い気はしなかった」

側近「もう少し悩んでも良かったのでは?」

魔王「王たるものああいう大事なことは先延ばしも保留もダメだ。出来るだけ早く決めて最期まで突き通すべきだよ」

側近「それならば口で言えば良いのでは。わざわざあんな臭いやりかたでもって…」

魔王「臭いとは何だ臭いとは」
21QcbNG153ik :2018/10/12(金)19:23:00 ID:udV
本編


魔王「…来たか」

女勇者「来た?人間達?」

魔王「ああ、大人数のようだ」

女勇者「分かるの?」

魔王「我らの領地(魔界の瘴気に侵された大地)に人間が入り込むと少し歪が生じる」

女勇者「大人数となると…ようやく国が騎士団を派遣してきたかな。魔王、見に行こうよ」

魔王「ああ」
22【69】 :2018/10/12(金)19:28:53 ID:IxJ
おお、貴方もこっちきたのか
23QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:10:17 ID:n62
王国名誉騎士団


団長「穢れた地…これほどまでか」


足を踏み入れただけで気が重くなる。足の一歩一歩が妙に遅く、時間が泥のようにボタボタと流れる


「団長!あれを!」

団長「…何だ、あの光景は…」


ズオオオ、ズォオオオ


形容しがたい音と共に肉の津波が迫り来る。やがてその正体を知るその時、彼らが駆られた感情は…


団長「魔物の群れだ!」

「あんな数見たことありません…」

団長「撤退だ、撤退しろ。めいr―
24QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:11:23 ID:n62
暗黒世界樹、頂上

女勇者「わーお、圧倒的」

魔王「初めて見るだろう?物量が物量を押し潰していく様は」

女勇者「うん、希望も絶望も感じないで何が起こったのかわからないまま死んでいく」
女勇者「それもまた素敵な殺戮かなあ」

魔王「そろそろ魔王城に戻ろうか」

女勇者「いや、僕だけ少し近くに下ろして」

魔王「ん?どうかしたか」

女勇者「近くで見たい。一人で」
25QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:20:13 ID:n62
何も見えない、見えるのは迫りくる濁流のような腐りきった肉体の数々
斬る、斬る、斬る
いつまで続くとも知れない"死"の中で叫び続けた


団長「マルク!リアード!エイジア!誰でもいい!応えてくれ」


途切れることなく押し寄せるアンデット系魔物の群れに、ついに息が途切れかかる


団長「…光、よ」


一筋の光は信じるものに、常に近くにあるはず。そう信じ、ここまできた


団長「光よおおおお!」


最期の力を振り絞って放った剣の衝撃波が闇を引き裂いた
魔物の濁流を切り開き、ようやく光が入り込む


「団長!」


そして聞こえてきたのは、懐かしき"少女"の声
26QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:32:07 ID:n62
団長「…君は」

女勇者「久しぶり団長。ぼ…私のこと、覚えている?」

団長「女勇者ちゃん、君も…事態の収拾に」

女勇者「そう見える?」


団長「…」

正直なところ、見えなかった。彼女の吸い込まれそうな暗い瞳は何も映さず、ただ妄信的な何かを見据えていた


女勇者「皆、戻って。魔王妃からの命令」

アンデットたちがゾロゾロとどこかへ去ってゆく、新たな仲間を増やして


団長「君は…何者になってしまったんだ。何があった」

女勇者「さすが、察しがいいね。でも間違っている」
女勇者「何も変わっちゃいないよ。僕は僕、思想も何も最初から全て」

団長「帰ってくるんだ、光の中へ」

再び剣を構える団長。迷いはなかった。洗脳であればいい、そうでなかった場合は…覚悟できている


女勇者「ここが光だよ。僕にとってどこよりも輝いている」

そう言い、闇を仰ぐ女勇者
27QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:36:21 ID:oNU
女勇者「初めて会ったとき、あなたに命を救われたね。あの時以来、ずっとあなたは私の憧れだった」

女勇者「僕は、そんな団長に敬意を表して、剣で戦おう。正々堂々」

その辺に落ちていた騎士の剣を拾う


団長「私は手加減しないぞ」チャキ

女勇者「ふふ、ふふふふふ」


心底楽しそうに笑う女勇者
28QcbNG153ik :2018/10/14(日)18:50:14 ID:oNU
拾ったボロボロの剣といえど勇者だ、踏み込みは深く、正確に致命箇所を狙ってくる


団長「魔王の妃に何の価値がある!君は誇り高い人間だろ」

女勇者「ふふふっ、人間、人間ね。だからこそ価値がある!そしてそれもいずれ消える!」
女勇者「人間という言葉ごと!」

女勇者「ねえ、聞かせてよ!勇者が本気で殺しにかかってくる恐怖を!死んでいたと思った魔王が生きていた絶望を!」

団長「絶望も恐怖もない、私にあるものは、いつだって光のみだ!」


団長の剣が光る


団長「私の魔力を吸い尽くせ!輝きの剣よ!」


ゴオオオォォォォオオオ
29QcbNG153ik :2018/10/14(日)19:27:30 ID:FyX
「女勇者」

女勇者「あ、魔王」

団長「」ゾワッ


魔王がその場に現れた瞬間、団長の心は言い知れぬ不安に押しつぶされ、光を絶望が包み込んだ


魔王「遅いと思ったが、そいつは生き残っていたのか。てっきりすぐにでも殺していると思ったが」

女勇者「ごめん、ちょっと遊び過ぎちゃった。今終わらせるよ」
女勇者「団長、ごめんね。正々堂々ってのはもう終わりで」


団長「…お前はもう勇者などではない」


女勇者「そうかもね。詠唱省略、さよなら」


その瞬間団長の体は文字通り"弾けとんだ"


団長「…地獄へ…おち…ろ」


女勇者「光を信じたものの最後の言葉がこれか、なんか残念だよ」
女勇者「そっちへ行ったとき、その言葉を道標に進むよ」
30QcbNG153ik :2018/10/14(日)19:42:07 ID:FyX
女勇者「ねえ魔王、心配してくれたの?」

魔王「一応な」ナデナデ

女勇者「えへへ、嬉しい///」

魔王「しかし、良かったのか?けっこう仲良さそうだったが」

女勇者「んー、命の恩人にして僕の心の師匠かな」

魔王「…」

女勇者「でもあれと話すより魔王との時間のほうが僕にとっては大事だもん」

魔王「そうだな、側近に妃としての振る舞いをお前に教えさせよう。その時間に使うほうが有意義か」

女勇者「ごめん僕用事を思い出した」

魔王「逃がすか」ガシッ

女勇者「いやー、勉強嫌いいいい」
31QcbNG153ik :2018/10/14(日)20:31:22 ID:FyX
・・・何故自分は生きている

手を確かめる。ある

足も体もきちんと思ったとおりの人間の形だ

私は、生きている

何でもいい、義務を…果たさなければ


団長「王様…報告に…向かい…ます」
32QcbNG153ik :2018/10/14(日)20:35:16 ID:FyX
側近「魔王様、『王たるもの保留はしない』なんてかっこつけてましたが本当は保留したらヤンデレになるかと思ってのことじゃないんですか?」

魔王「そ、そんなわけないだろう。我がヤンデレごとき恐れるとでも思うか!?」

側近「…ホントですか?」

魔王「無論だ」

側近「そうですか。ところで女勇者さんですが、ただいま魔王様の自室を掃除なされているようですよ?」

魔王「何で!?鍵はまだ渡していないはずだぞ!」

側近「『掃除してあげたい』とおっしゃられていたので。鍵渡しました」ニッコリ


魔王「・・・やばい」


側近「どうしました?顔面蒼白ですよ」

魔王「側近、わざとだな?」

側近「なんのことでしょう。お相手ができたのだから卑猥な本は処分するよう助言しましたよ?」

魔王「女勇者違う!王にだって性欲はあるんだああああ!」ダッシュ


自室に向かって走る魔王


側近「…さて、早くご子息ができてほしいものですね」
33QcbNG153ik :2018/10/14(日)20:39:01 ID:FyX
魔王の自室


女勇者「『美しいラインを見よ!ラミア娘の腰つき100選』、『翼の美しさ、尾羽とお尻のエロさ。ハーピー娘の魅力』………魔王」

魔王「やめろ!そんな憐れな目つきをするな!まだ怒られたほうがマシだった!」

女勇者「さて、これどうしてほしい?」

魔王「…………ステテイイデス」

女勇者「とっておいてほしい?」

魔王「…王たるもの不純はダメだ、お前がいることだしもう必要ない」

女勇者「その言葉が嬉しいからこれの処分はしないでおくよ。ただしこっちの巨乳特集は処分ね」

魔王(あ、やはり気にしていたのか)
34QcbNG153ik :2018/10/14(日)20:47:34 ID:FyX
フィエリア王国、王城


王様「王国名誉騎士団団長、よくぞ無事に戻ってくれた」

団長「…大きな犠牲を払いました。皆…死に絶えました」

王様「そうだな、後で弔おう。名誉のある戦死として家族に伝える」

王様「しかし、今必要なのは情報だ。団長、何を見た。全て話せ」


団長「…絶望」
35QcbNG153ik :2018/10/14(日)21:04:27 ID:FyX
王様「…魔王が生きており勇者が寝返った…か。確かに絶望的な状況だ」

団長「しかし王様、どんな絶望の中でも」

王様「光はあると?彼女は歴史上最強の勇者だった。それが魔王と手を組んだ今どういう状況にあるか分からないわけではないであろう」

団長「あります!常に光は我らの元に」

団長「王よ!いつの世も魔王がいれば勇者が現れる。すぐに勇者を、新しい勇者を探すのです」

団長「何が史上最強の勇者だ。それを越える強さを持った勇者が現れないとは限りません!」
36QcbNG153ik :2018/10/14(日)21:19:31 ID:FyX
王様「良くぞ言った。騎士団長、そなたの言葉はいつも照らしてくれるものとなる」

団長「では…これで私の…義務は…あなたへの恩は返しました」

団長「さよならです」

王様「おい、何をしている!」


団長は剣を大きく振り上げた。逆手に持ち、自分の腹に向けて
37QcbNG153ik :2018/10/14(日)21:28:36 ID:FyX
しかし剣は腹に突き刺さることはなかった

団長を闇の魔力が包み込み、瞬く間にアンデッド系の魔物へと変貌する


近衛兵「王様を守れ!」


近衛兵達が王と団長であった魔物との合間に入る


王様「…邪悪な魔法によってアンデッド系の魔物へと変化させられたか」

王様「近衛兵たち、手を出さないでくれ。わたしがやる」
38QcbNG153ik :2018/10/14(日)21:40:01 ID:FyX
近衛兵「危険です王様!」

王様「危険でも構わぬ、ここまで忠義に尽くしてくれたのだ。介錯ぐらいしてやらねばならないだろう」


王様「団長、誇り高き我が忠信、我が友よ。今までご苦労だった」


玉座の手すり部分に隠されていた細い剣を引き抜きながら一気に間合いに入り込む


王様「安らかに眠ってくれ」
39QcbNG153ik :2018/10/14(日)21:54:24 ID:FyX
団長「ガアアアアッ!」

王様「!?」


ずっと動かなかった団長がいきなり腕を振り上げて殴りかかる

とっさに後ろに飛び退き回避するが、その膂力によって床には穴が開いてしまう


近衛兵「たかがアンデッドがこのような力を持つのか!?」

近衛兵長「王様!やはり我々にも加勢の許可を」

王様「その必要はない」


王様の右腕が光を放つ、魔力の光を


王様「剣士として死なせてやれなかったことを許してくれ。せめて、人として終わりを迎えるがよい。浄化魔法」


生ける屍となった魔物を人へ戻す暖かな魔力が部屋全体を包み込んだ

その後に残ったのは、もはや人の形をしていないバラバラの肉塊のみであった
40QcbNG153ik :2018/10/14(日)22:08:44 ID:FyX
オマケ

女勇者「団長にかけた魔法は僕オリジナルの魔法なのだ」

女勇者「強い意思によって耐えている間は人の形を保っていられるけど少しでも気を抜いた瞬間アンデッドになる」

女勇者「しかもアンデッドになっている間も人間の意識は保っている。保っているだけで行動は破壊と殺戮一択だけどね」

女勇者「人間の意識を保っているのに行動は魔物、殺したくなんてないのに自分の手で殺してしまう。殺されてしまう。そんな素敵な魔物化の魔法なんだよ」

魔王「…えげつない」

女勇者「そうでもないよ。あの王様ならきっと最期に全てを労って殺してくれるよ。意識まで魔物化したらその労いの言葉を聞けないもの、ほらけっこう人情的な魔物化魔法」

側近「普通人間の王様ってそんなに強いイメージしませんが」

女勇者「あの王様はけっこう勉強が趣味なんだよ。魔法も剣技も全部自分で学びに行ってたとか」


オマケここまで
41QcbNG153ik :2018/10/14(日)22:16:13 ID:FyX
側近「少し気になったんですけど"勇者"とはどういうシステムなんですか?強ければなれるってわけでもないでしょうし」

女勇者「人間を守る女神っていうのがいてね。その女神様が選んでいるらしいよ」

魔王「こんな性格に難あり…ではなく人間の敵になる者を勇者に選ぶとはずいぶんいい加減な女神様だな」

女勇者「だ、ダメだよ。そんなこと言ったらバチが当たるよ」

魔王「ふ、バチに魔王に恐れると?」

女勇者「女神様の怒りに触れると男は男に襲われ続ける呪いにかかるらしいよ!」

魔王「」

側近「女神様腐女子なんですか」

女勇者「女は男性化して男に襲われ続けるらしいよ」

側近「やはり腐女子じゃないですか」

魔王「もういい、聞きたくない」
42QcbNG153ik :2018/10/14(日)22:30:13 ID:FyX
フィエリア王国、王城

王様「…"彼"を丁重に弔ってやれ。家族には私が説明する、我が友は忠義の徒にして素晴らしき英雄だったと」

王様「兵長、今すぐ占い師を連れて来てくれ。すぐにだ」

近衛兵長「は、はい!」
―――――
―――

王様「占い師、女神様にお伺いを立ててくれ。真の勇者について」

占い師「はい」
43QcbNG153ik :2018/10/14(日)22:48:11 ID:FyX
数日後


「…太陽がおっきくってさ、今にも落っこちてきそうだ」

戦士「お前いつも同じこと言っているな」

「初めて言ったよ。いつもより一番おっきくってさ、今にも落っこちてきそうなんだ」
「一週間後にはきっと落ちてくる」

戦士「一週間前も言っていたぜ。ほら、飯食えよ」

「…おっきくておっきくて、今にも落ちてくる。太陽」

戦士「なんでお前はそんなにも変なんだよ。歴代のを見てもお前ほどおかしいのはいないぜ、勇者」

勇者「本当に、僕より前の勇者はまともなのかな…皆、きっと…」

戦士「ないない、お前が特別おかしいんだ」


勇者「…太陽がおっきくってさ、今にも落っこちてきそうだよ。今にも」
44QcbNG153ik :2018/10/14(日)23:05:49 ID:FyX
今日はここまで
45【49】 :2018/10/15(月)01:25:12 ID:1sg
おつね
46名無しさん@おーぷん :2018/10/15(月)05:19:54 ID:RGB
速報復活したよ
47QcbNG153ik :2018/10/15(月)06:46:26 ID:sJb
本当だ、復活してる
このSSは元々SS速報で書いていたものを向こうのサーバーが落ちたためこっちに全部コピペして書こうとしていたものです
復活したので向こうで書き続けようと思います

part1
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438598471/

part2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1489415083/

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





女勇者「さあ魔王、人間を滅ぼそうよ」魔王「何を言っているんだ貴様は」
CRITEO