- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

暁と提督の仲を憲兵が邪魔する

1名無しさん@おーぷん:2018/10/07(日)00:43:50 ID:asJ()

暁「司令官、この書類にサインして」

提督「ん?おお、分かった……ってこれ暁の限定衣装製作上申書!?駄目じゃないか、勝手にこんなもの作っちゃ」

暁「だぁってぇ……。暁型の中で特別な衣装ないの私だけなんだもの。レディだってたまにはおしゃれしたいわ!」

提督「そういうけどな。こういうのは本部が決めるものでこちらからは何も言えないんだよ」

暁「えぇ~」

提督「でも、前に見せてくれたサンタ服は可愛かったなぁ……」

暁「そっ、そうでしょ」エッヘン

提督「もう暁が可愛すぎて……。そ、そうだ今度着てみせてくれないか?」

暁「えっ。で、でもでも、あれは前のだし……今は小さくなっちゃってるかもだし……恥ずかしい///」

提督「いいじゃないか。私にだけ特別、な?」

暁「うっ、うぅ……」

提督「可愛い暁、見たいなぁ」ギュッ

暁「しっ、しかた……」

憲兵「失礼する」ガチャっ
20名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:05:44 ID:asJ()

憲兵「憲兵だっ!」

提督「うひゃぁっ」

暁「あっ……」

憲兵「今ここでロリコンがいちゃつこうとしているという通報がありました。提督殿は身に覚えがありませんか?」

提督「それもう私が犯人だって言ってるよね!?」

憲兵「知りませんか?」

提督「聞けよ、人の話!」

憲兵「知りませんか?」ズイッ

提督「い、いちゃつこうとはしていない。暁にご褒美のパフェを奢っていたのだ」

憲兵「ほう、ご褒美ですか。しかし隣に座る必要はないのでは?」

提督「い、いやそれは……暁の頬にクリームが付いていたから取ってあげようと……」

憲兵「それで口を使うと、そういう事ですかな?」

提督「そ、それは……」

憲兵「提督殿はそれが普通の事だとおっしゃる。ふむ、いいでしょう」

提督「い、いいのか?」

憲兵「その様な戯れ、することもあるでしょう」

提督「そ、そうか!そうだよな!?じゃあ……」

憲兵「ただし!邪な心が無いかきちんと私が身をもって確認いたしましょう」

提督「え?」

憲兵「さあ、私の口元にもクリームを付けましたぞ。取ってください」
21名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:07:09 ID:asJ()

提督「い、いや、そんな……」

憲兵「では提督殿はいやらしい気持ちでそこの駆逐艦娘に接したのでありますな?であるなら逮捕で……」

提督「違いますっ!」

憲兵「では出来るでしょう」

提督「は、はい……」ちゅっ

憲兵「……よろしい。確認できましたのでどうぞそこの駆逐艦娘にもしてくださって結構です」

提督「はい……」

暁「司令官……」

提督「暁……クリーム、拭こうな……」ふきふき

暁「……うん……」

提督「じゃあ、今度も頼んだぞ……」とぼとぼ

憲兵「ふむ?」
22名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:34:17 ID:asJ()

暁「し、司令官。頑張っているみたいだから褒めてあげるわ」

提督「待て暁」

暁「な、何?」

提督「奴が来るかもしれない。だから……まずは鍵をかけるんだ」

暁「わ、分かったわ。戸締りをしっかりとするのね?」

提督「そうだ。そうすれば……」

暁「うんっ」

提督「よし、窓は全て鍵をしてカーテンも閉めた」

暁「執務室のドアもきちんと閉めたわ」

提督「待て、それだけでは心もとない。このソファーをドアに」

暁「うん。これっ……を……」

提督「ふんっ……バリケードにすれば……」

憲兵「こちらの棚もバリケードに加えましょう」

提督「助かる」

暁「んしょんしょ」

提督「……よーし、バリケード完成っと」

憲兵「やりましたな提督殿。それで、一体何から守るのですかな?」

提督「何で居るんだよ!」

憲兵「何でと言われましても、私のロリコン未来視が発動しまして、事件が起こると分かったのでここで張り込んでおりました」

提督「人間じゃねえ……」

憲兵「それで提督殿はバリケードを張って何をしようと思っていたのですか?」
23名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:34:36 ID:asJ()

提督「いや……それは……その……」

憲兵「駆逐艦娘と二人で執務室に籠って、いかがわしい事をしようとなさったのではないですか?」

提督「……いえ、ただ、その……スキンシップを……」

憲兵「ほう!スキンシップですか。例えば?」

提督「暁を膝に座らせてみたり……」

憲兵「……ちょっとよく分かりませんね。実際にやってみせて下さい」

提督「……はい」
24名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:35:13 ID:asJ()

提督「ではどうぞ」

憲兵「失礼します。ふむ、提督殿の膝は大きいでありますな。それで次は?」

提督「はい、あすなろ抱きというものを……」

憲兵「失礼。それはいかがわしい行為なのですかな?」

提督「いえ、そうではありません。このように……」ぴとっ

憲兵「ほう……」

提督「後ろから抱く行為でありまして……」

憲兵「なんと。提督殿が密着しましたな。これはいかがわしい行為ではありませんか!」

提督「いえいえ、男の貴方にも出来るのです。これはいかがわしくありません」

憲兵「なるほど……。それでは認めましょう」

提督「ありがとうございます」

憲兵「これで終わりですかな?」

提督「いえ、色々と甘い言葉を囁こうと思っていました」

憲兵「なんと!?それは自分から認めると言う事ですか?」

提督「そんな事はありません!私は……私は……あなただから囁きたいのですよ、憲兵さん」

憲兵「なっ!?」

提督「私は……気づいたのです。本当は貴方に心惹かれていたのだと」

憲兵「提督殿……ダメであります……。じょ、冗談は……」

提督「膝の上に座っている貴方には私の心が分かるはずだ」

憲兵「やっ、おお……きい……」

提督「ふふっ。今度も直接確認してみますか?」

憲兵「そっそれは……」

提督「おや、自分の仕事を放棄するのですか?きちんと私の指揮棒も臨検して貰わないと……」
25名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:35:29 ID:asJ()

憲兵「あっ、提督殿……。も、もう十分であります」

提督「そうですか。では私はあなたの牢獄♂に永久捕縛されるのですな?」

憲兵「も、もう///逮捕しますぞ?」

提督「望むところですよ」



暁「なぁにこれぇ……」(白目)
26名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)10:36:19 ID:asJ()
よし、ホモルート追加(白目)
突き合って(意味深)くださりありがとうございました。
27名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)11:59:29 ID:wTK
ホモルートいる?(ノンケ)
28名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)21:00:14 ID:uVr
おつ
>>27
いる(鋼の意志)
29名無しさん@おーぷん :2018/10/10(水)02:32:44 ID:KXl
駆逐ライフ提督乙!

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





暁と提督の仲を憲兵が邪魔する
CRITEO