- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

【安価】「提督!ラーメン食べに行くでち!」

1名無しさん@おーぷん:2018/09/13(木)19:39:43 ID:TrE()
現実逃避スレです。まずは注意事項を。

・提督とでっちとゲスト艦娘が安価で指定されたジャンルのラーメンを食べに行くだけのスレです。
出てくるお店は基本的に>>1が行ったことがある実在のお店です。
感想は個人の感想なのであしからず。実際に食べに行って後悔しても知りません。

・基本的に提督視点の地の文進行です。ゴーヤちゃん視点も慣れたらやります。

・二次創作は初めてなうえ、艦これ引退から2年近くたっているのでキャラが違うとのお叱りあるかもしれません。ご容赦ください。
また、更新は遅めです。不定期更新になります。

・ジャンル指定は細かいものも可です。ベジポタ系とかエビ系とか貝系とか、基本色々対応できます。
なお、一部を除き首都圏のお店になります。ご容赦ください。
「何でこの店じゃねえんだよ!」とのお叱りは甘んじて受けます。店選びは筆者の趣味です。
887Try7rHwMFw :2018/10/17(水)22:04:07 ID:Zqk
#

「……色々緊張したでち。美味しかったんだろうけど、ほとんど覚えてないでち……」

顔合わせが終わって店を出ると、提督が苦笑いしたでち。

「俺もだ。お前のご両親とは会ってたからそこはいいんだが、店の雰囲気だな。
5ツ星ホテルの本格中華でフカヒレやら鮑やら、食い慣れてねえからよく分からん」

「お前もそのうち分かるようになる。鎮守府での実績は上々なんだろう?偉くなれば、嫌でも接待でこういう店は増えるさ」

「そんなもんかねえ、親父」

お義父さんがふふっと笑ったでち。

「そんなもんだ。だが、悲しいかなこういうとこじゃ腹は膨れないし、どこか物足りん。……だからこその、旨いラーメンというわけだな」

「口直しなのか?」

「高級中華には高級中華の良さがある。それも慣れれば分かってくる。だが、それだけで人は生きていけんのも事実だ。
天ばかり見ては足を掬われる。地ばかり見ては、先を見失う。両方を見るのが肝要なのだ。なあ、徹郎君」

お義姉さんと電ちゃん、雷ちゃんを連れて、小柄な男の人が出てきたでち。眼鏡をかけてて、いかにも賢そうでち。

「来華に会わなかったら、そのことは分からなかったでしょうね。……さすがに最初に『山』に行った時は仰天しましたが」

「何よ、『山』いいじゃない。ねえ、千恵、真由」

「なのです!あんかけイチゴスパ、美味しいのです!」

「今度は抹茶スパ食べたいわ。お父さん、次名古屋に行くのっていつ?」

ハハハ……と引きつった笑いをお義兄さんが浮かべてるでち。何かあり得ない料理名が聞こえたけど、山に何があるんでちかね。

提督がわざとらしい咳払いをしたでち。

「そろそろゴーヤのご両親が御手洗いから戻るぞ。タクるか?」

「いや、地下鉄としよう。もう1400近いし、空いてるといいが」
888【78】 :2018/10/17(水)22:26:35 ID:lUo
マウンテンじゃねーか!
889Try7rHwMFw :2018/10/17(水)22:29:19 ID:Zqk
#

秋葉原で降りて、浅草橋方面に大体5分。ちょっとした小料理屋っぽいところが、今日の目的地のようでち。
着くとまだ5人ぐらい並んでるでちね。先に食券を買う感じみたいでち。

「皆さん、好きなのを頼んで下さいな。お気遣い無用ですので」

お義母さんに促され、ゴーヤと提督でお店に入ったでち。……ん?

「『限定麺 秋刀魚のつけそば』か……旨いんだろうな……だがここは断腸の思いでっ」

提督がえいっとわざとらしく声をあげたでち。醤油そばは……1200円!?

「高いでち!!塩も1000円とか、おかしくないでちか?」

「と思うだろ?だが、ここの1000円は『むしろ安い』。食えば分かる。醤油は知らんが……まあ多分大丈夫だろ」

秋葉原らしく、店内は外国人のお客も多いでち。観光客向けのぼったくり価格にしか思えないけど……しかしお義母さんがお薦めなら、間違いはないと思うことにしたでち。

「じゃあゴーヤも醤油にするでち。って提督、サイドメニューも頼むでちか?」

「おう。鶏あぶら飯にシュウマイな。おっと大将、あれある?『紫』の時に売ってた醤油」

厨房でてきぱき指示を出してた大将が、おおっと声を出したでち。

「久し振りだねえ。勿論あるよ、1瓶500円ね。というか、醤油そばはそれを使ってる。隣の子は、彼女さんかい?」

「ああ、婚約者。親父とお袋も後から来るよ」

「そうかそうか。今後とも贔屓頼むよ。『鶴醤』はこれね」

小さな小瓶が提督に渡されたでち。これっぽっちで500円、どんな醤油なんでちかね?
890Try7rHwMFw :2018/10/17(水)22:30:55 ID:Zqk
今日はここまで。実食は明日。

>>888
はい、その通りです。
891名無しさん@おーぷん :2018/10/17(水)23:05:43 ID:fZs

892Try7rHwMFw :2018/10/18(木)21:00:44 ID:HPx
再開します。
893Try7rHwMFw :2018/10/18(木)21:11:21 ID:HPx
「隆、あれあった?」

「おう、売ってるとは思ってなかったがな。醤油そばにもこいつを使ってるんだそうだ」

「いいね!これは楽しみになってきたわ!」

「なのです!」

店を一旦出ると、お義姉さん一家が券を買うところだったでち。提督がニヤニヤしてるでち。

「これってそんな凄い醤油なんでちか?」

「おう。小豆島で昔ながらの製法で作られてる奴でな。旨味がすっごいんだ。
普通の冷凍マグロをこいつで食べると、冗談抜きでちょっとした本マグロ赤身ぐらいにはレベルアップする。
刺身醤油として使うなら、こいつ以上はそうないね」

「それをラーメンに使うんでちか」

「おう。昔この店は『紫くろき』って名前で毎週金曜日だけ鴨醤油そばをやってたんだ。
こいつがまた絶品でな。某サイトではラーメンで日本一のスコアを叩き出したぐらいだ。
そこに使われていたのが、この『鶴醤』という醤油だ。
鴨醤油をやめちまって塩メインにするって聞いて結構がっかりしたんだが、形を変えて復活か。こいつは楽しみだわ」

何かよく分からないけど凄い醤油みたいでち。店内の感じはラーメン屋というより小料理屋のそれだったけど、どんなラーメンなんでちかね。
894Try7rHwMFw :2018/10/18(木)21:36:01 ID:HPx
前が団体客だったみたいで、ゴーヤと提督のグループが一斉に入ったでち。

「らっしゃい。小泉さんも久しいね」

「大将もな。麺は細麺で頼む。限定はまた来た時に頂こうか」

麺は細麺と手もみ麺で選べるらしいでち。皆細麺を頼んでるんで、それにならうでち。
少し待つのかと思ったら、まずシュウマイが2つ出されたでち。そう言えば、提督が頼んでたでちね。

……えっ?

「デカいでち!こんなおっきなシュウマイ、見たことないでち」

「お、おおっ……テニスボールのちっさいのぐらいの大きさだな。
上にはしょうがの細切りか。どんなのかと思ったが、こりゃ予想外だな。一個ずつ食うか」

頷くと、醤油を一たらししてかぶりついたでち。

…………うわっ!!

「凄い肉汁でち!!それでいて、肉の噛み応えもしっかりある……これはちょっと食べたことないシュウマイでち!」

「ていうかほぼ肉だな。粗挽きの豚の旨味がすっごいわ……。だがこんな濃い前菜で大丈夫か?」

大将と思われるおじさんが笑ってるでち。

「大丈夫、醤油そばはこいつに全く負けてないから。そろそろ仕上げるよ」

若い店員が、霧吹きのようなものを持っているでち。何かシュッシュッと吹いてるでちね。……何でちかね。
そして、丼を持ち上げたでち。……丼の一部が茶色く汚れてるでち。

店員が疑問に気付いたのか、説明し出したでち。

「ああ、これは汚れではないのでご安心を。非加熱処理の『鶴醤』を吹き付けてあります。
まずこちらの方から器に口を付けてスープを飲んでいただければ」

「面白い趣向だな大将。しかもこの器……」

「流石小泉さん。お判りになりますか」

お義父さんがにやっと笑ってるでち。……器?とにかく食べてみるでち。
確か、最初は器に口を付けて、この醤油がかかった方から飲むんでちたね。

…………

……

「えっ」

皆の動きが止まったでち。
895Try7rHwMFw :2018/10/18(木)21:52:52 ID:HPx
説明ができないでち。美味しい、それは疑いないでち。
でも、上手く言葉にできないでち。ゴーヤが今まで食べた醤油ラーメンの範疇を超えていたからでち。

最初に来たのは、醤油の塩辛さ。そこからすぐに、凄い濃い旨味が襲ってきたでち。
それが一服すると、今度は豚とコクと煮干し、昆布の豊潤な風味。
そして最後に襲ってくるのは……アサリの風味。

次から次へと質の違う旨味と風味がやってきて、それを醤油がしっかりとまとめ上げてるでち。
バラバラじゃなく、ちゃんと一つというか……。物凄い一杯でち。

「美味しいのです!とっても、とっても美味しいのです!!」

「すごいわ!こんな美味しいラーメン、初めて!!それに、これで普通のラーメンなの??」

電ちゃんと雷ちゃんが、沈黙を破ったでち。そう、このラーメン。デフォルトなのに、物凄くたくさんの具が入ってるでち。

まず、特大のチャーシューと焼き豚。柔らかいのと硬いのとで、食感が違う感じでち。
そして極太のメンマが2本。最近の一流店ではメンマを手作りするところが出てきてるけど、産地まで書いてるのは初めて見たでち。福岡の糸島産らしいでちね。
その上に小松菜があって、焦がし葱と九条ネギ……そして、大根?

麺はパツパツでとても歯ごたえがあるでち。蕎麦みたいでちね。そして大根を含むと、スープの旨味を完全に吸ってて美味しいでち。

「いや……紫の時の鴨そばも凄かったが……また凄い一杯を出してきたなあ……これで1200円、か」

「高いと思ったけど、てーとくの言ってたことが分かったでち。これは安いでち」

「だよなあ。普通の店の特製トッピングがデフォルトなんだな。これで特製だとどうなるんだ?」

提督が特製を頼んでいたお義父さんの丼を覗き込んだでち。味玉に雲吞が入ってる感じでちね。

「素晴らしいな。また腕を上げたか。何より、丼からスープを飲むことを前提に作った器。特製じゃないか?」

「小泉さんも流石ですね。ブログにも書いてますが、その通りです」

提督がお義父さんをつついたでち。

「器とラーメン、どういう関係があるんだ?」
896Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:02:19 ID:HPx
「お前、ワインは飲むか?」

「いや、生憎日本酒と焼酎ばかりでね。たまに達磨(オールドパー)を部下とたしなむくらいだ。
ワイン瓶片手に一日中酔っぱらってる馬鹿も部下にいるが、あいつに付き合ってられねえからな。
徹郎兄さんはワイン党だったっけか」

電ちゃんたちのお父さんが頷いたでち。

「ワイングラスは、赤と白で形が違うんだ。それだけ空気に接する面積が変わるからだよ。
それによって、風味も微妙に異なってくる。その微妙な差が決定的差だったりするんだ。
僕はこの店2回目だけど、店主さん。その考えを応用してる?」

「はい。スープの旨味が引き出せるよう、窯元と色々」

「驚きました、そこまで考えているラーメン屋なんて見たことない。
元からラーメン屋だったんですか?」

「和食の板前を。その前は、ある会社でシェフをやってました」

「シェフというより、総料理長とかだった記憶があるが。
まあとにかく、料理についての幅広い知識がないとこの一杯は出せんな」

お義父さんの言葉に、大将が恥ずかしそうに頭をかいたでち。

「ともあれ、ご馳走様。とても美味しかったです」

「本当でち。また提督と来るでち」

ラーメンも極まるとここまで来るんでちね……。いい経験をしたでち。
897Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:10:13 ID:HPx
#

「うーん、美味しかった!!」

「なのです!……でもまだ食べれるのです……」

電ちゃんの言葉に、提督の顔が引きつったでち。

「えっ、まだ食べるの?昼飯食べて、大盛りの醤油そば食べて……さすがにもう食えんぞ?」

「駆逐艦でこんなに食べる子、見たことないでち。夜食べれなくなるでちよ?」

電ちゃんがうーんとうなったでち。

「……腹八分目、でしょうか?」

「姉貴、どういう教育したんだよ……」

ハハハとお義姉さんが苦笑したでち。

「『山』に通わせてたら、こうなっちゃった。艦娘になってさらに食欲旺盛になったわね……」

だから山って何でちか。ゴーヤの一家以外の皆が、何とも言い難い表情になってるでち。

「ま、まあ忘れようか。じゃあ、千恵、真由、引き揚げようか」

※コンマ下、!randomで40以下なら……??
898【59】 :2018/10/18(木)22:10:32 ID:tZU

899Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:23:45 ID:HPx
※二郎には行かない

「うーん、物足りないけどまあいいのです。ゴーヤさん、今度は結婚式で会うのです!!」

「うん、そうね!じゃあまたね!」

大食い姉妹が去っていくでち。提督がほっと胸をなでおろしてるでち。

「さすがにもう一杯は物理的に無理だわ……。おっと、親父」

お義父さんとお義母さんが、ゴーヤたちの前で微笑んでるでち。ゴーヤの両親も一緒でち。

「……いい子を見つけたな。前の翔香君もそうだったが、美味しいものを美味しいと素直に言える子に、悪い子はいない。
それは、ラーメンであろうと何であろうとそうだ。
今度は、末永い結婚生活になることを祈っているぞ」

「死なせやしねえよ。なあ、ゴーヤ」

「……でち。隆さんは、任せてください」

「そう言ってくれると心強いな。だが、まだ戦争は続いている、ゆめゆめ油断することのないようにな」

提督とゴーヤは視線を交わし、強く頷いたでち。

#

次に電ちゃんと雷ちゃんと会った時、二郎に連行されある人と出会ってしまうんでちが……。
それはまた、別の話でち。
900Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:28:57 ID:HPx
第10話はここまで。くろきの大将の経歴はうろ覚えですが、後は大体あんな感じです。
ミシュランの星付きになる日もそう遠くないと思うので、行くならお早めに……。

次回で一応の最終回予定です。ただ、まだ書くことはそれなりにありそうなので多分次スレも立てます。

最終回は特別編で沖縄そばです。店の選択がない代わりに、沖縄観光全般の話になりますがご了承を。
901Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:30:54 ID:HPx
次回はゲスト艦娘だけ選択します。

沖縄をナビゲートする艦娘を2人ほど選びます。
安価下1~5で、!randomが大きい順に。

なお、選ばれた艦娘次第で再判定します。
902【96】 :2018/10/18(木)22:36:52 ID:bOu
鈴谷
903Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:37:00 ID:HPx
なお、沖縄そばは3~4店ぐらい回る感じです。
904【90】 :2018/10/18(木)22:37:03 ID:V5L
川内
905【27】 :2018/10/18(木)22:37:30 ID:dlP
神通
906【0】 :2018/10/18(木)22:38:03 ID:2oS

907【81】 :2018/10/18(木)22:38:37 ID:tZU
矢矧
908【22】 :2018/10/18(木)22:39:05 ID:Ikf
山風
909Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:47:17 ID:IBg
鈴谷と川内ですね。となると……
!randomで決めます。

鈴谷(コンマ下1)
00~60 特段の設定なし(川内と来てる)
61~85 熊野も一緒
86~99 彼氏も一緒
100 実は目的が同じ

川内(コンマ下2)
00~70 特段の設定なし(鈴谷と来てる)
71~90 神通、那珂も一緒
91~99 彼氏も一緒
100 実は目的が同じ

なお、鈴谷と川内はともに18(JK3)のイメージです。
910【86】 :2018/10/18(木)22:47:46 ID:tZU
はい
911【84】 :2018/10/18(木)22:48:02 ID:Uek
どうかな
912【31】 :2018/10/18(木)22:48:02 ID:V5L
そらっ
913【67】 :2018/10/18(木)22:48:07 ID:Ikf

914Try7rHwMFw :2018/10/18(木)22:54:21 ID:IBg
なるほど……那珂ちゃんライブに来た姉二人とカップルですね。しかし結構カップル率多いですねこの鎮守府。

再開は明日です。
915【40】 :2018/10/18(木)23:01:18 ID:S3Y
おつー
916Try7rHwMFw :2018/10/19(金)09:34:33 ID:VJ0
少しだけ進めます。
917Try7rHwMFw :2018/10/19(金)09:56:51 ID:VJ0
「ここが沖縄でちかー」

那覇空港から出ると、ゴーヤがうーんと背伸びをした。
真冬だがそれなりに陽射しは強い。とはいえ肌寒さもあるから、半袖じゃ無理だな。

「ボーッとしてるとレンタカー屋のバスに乗り遅れるぞ?ほれ、荷物は俺が持つから」

「あー、ごめんでち。というかゆいレール乗らないんでちね」

「那覇だけに行くならいいんだがな。今回は式場の下見だ。車じゃないと恩納村にすら行けん」

「そんなもんでちかねえ」

大規模作戦が終わると、うちの鎮守府は数日のオフになる。冬の作戦後のオフを使って、GWにやる結婚式の式場選び……という名目の婚前旅行をしてるわけだ。
とはいえ、結構な強行軍でもある。恩納村で2ヵ所、名護、国頭村と4ヵ所も行かないといけない。那覇も含めれば5ヵ所だ。
あまりのんべんだらりと観光を楽しんでいる余裕なぞないのである。

「そんなもんでち。……那覇で『全鎮守府 那珂ちゃんNO.1決定戦』やるのか。うちのも出てるんかねえ」

「そこのポスターでちか。うちの那珂は、まあないんじゃないでちかねえ。腕っぷしならともかく」

「まあ普通に対潜任務やらせてるしな。上二人が剣道、合気道で元国体少年の部優勝だったっけか」

「でちでち。那珂は柔道だったでちね。一家で武道やってて、しかも全員艦娘というのもレアでち」

俺たちはバスに乗り込んだ。姉妹艦が実の姉妹であることは、他の鎮守府でも割と多い。
うちも千歳と千代田、翔鶴と瑞鶴とかはそうだ。妙高型は、妙高だけ違って後が3姉妹という変わった感じだが。
とはいえ、球磨型や長良型のように全く関係がない連中もいる。川内型は、典型的な前者だ。
918Try7rHwMFw :2018/10/19(金)10:04:41 ID:VJ0
#

レンタカー屋に着くと、そこそこ混んでいた。シーズンオフだけに少ないかと思ったが、格安で沖縄旅行ができるためか、はたまた中国辺りからの客が増えたからか、結構な賑わいだ。

「ちょっと待つみたいだな。腹減ってきたな……」

「でち。さっくりと食べたいでちね。沖縄そばとか」

「沖縄そばか……ふむ」

沖縄に来たのは初めてではない。翔香とは石垣島に行ったこともある。ただ、本島をガッツリ回るのは今回が初めてだ。
ちょっとスマホで調べてみるとするかな……

※コンマ下、!randomで
00~30 通常進行
31~70 あれっ、提督じゃん!
71~95 あれ、提督?
96~100 何やら人だかりができている……
919【53】 :2018/10/19(金)10:10:12 ID:osq
ちょー
920Try7rHwMFw :2018/10/19(金)12:46:37 ID:VJ0
「あれっ、提督じゃん?ちぃーっす!」

後ろから声をかけられた。このテンションは……。

「……鈴谷か?奇遇だな」

「だねー。ゴーヤちゃんも一緒なんだ?ってことはもしかしてアレ?結婚式の下見??」

「御名答。そっちは……」

俺は鈴谷の後ろの男を見た。

00 ?????
01~35 全然知らない一般人(チャラめの大学生)
36~50 憲兵
51~80 整備長
81~100 別鎮守府の提督

※コンマ下、!random
921【90】 :2018/10/19(金)12:53:54 ID:ucg
はい
922Try7rHwMFw :2018/10/19(金)13:15:13 ID:VJ0
再開は多分夕方以降。
923Try7rHwMFw :2018/10/19(金)19:50:49 ID:VJ0
再開します。
924Try7rHwMFw :2018/10/19(金)20:08:35 ID:VJ0
「君はどこかで見たことが……呉の鳴門大尉だったな」

ラフな格好をしているが、あの巨躯に糸目は間違えようがない。鳴門は俺に気付くや否やビッと直立不動になり、敬礼した。

「はっ!小泉中佐殿、お初にお目にかかりますっ!!」

「あーあー、そんな畏まらんでいいわ。その様子だと、うちの鈴谷と」

「はっ!交際させていただいており……あだっ」

鈴谷がジャンプして、鳴門の頭をはたいた。

「堅すぎ。うちの提督はそんなキャラじゃないしー。なるちゃんはもっと頭柔らかく生きようよ、ねぇ」

「む、むむぅ……」

困惑した様子で鳴門が叩かれた頭を撫でた。しかし、妙な取り合わせだな。

「鳴門大尉、聞いたことあるでちね。確か、呉第5鎮守府の。演習でやったこともあるでち」

「そそ、若い割に優秀って評判の。しっかし、どうやって付き合ったんだ?別に邪魔をするつもりじゃねえが」

へへーっと鈴谷がデレッとした笑いを浮かべた。

「実は鈴谷、なるちゃんとは幼馴染みなんだー。いいっしょ」

「幼馴染みって、ちょい歳離れてないか?近所のお兄さん的な?」

「そーだよ。数年会ってなかったけど、演習で再開してさ~。で、燃え上がっちゃったわけ。ねー、なるちゃん」

強面の鳴門が顔を真っ赤にして「むむむ……」と唸っている。こりゃ押しに負けたな。
それにしても、ちゃん付けがこれほど似合わない奴もそうおらんな。鎮守府では厳格な提督で通っていると聞いたから、もしこのことが彼の鎮守府に知れたらちょっとした騒動だろう。

「で、長期休暇を使って沖縄か。沖縄は詳しいのか?」

「もち!なるちゃんのお母さんが沖縄の人でさ、それでナビはなるちゃんに任せよっかなって思ってるわけ。どうよ」

俺はゴーヤと顔を見合わせた。
925Try7rHwMFw :2018/10/19(金)20:12:34 ID:VJ0
「てーとく、鳴門大尉に訊けば、美味しいとこ知ってるかもでち」

「ふむ、そうだな……。鈴谷、これからどこに行くつもりだ?」

1 とりあえず那覇かなー。
2 恩納村だよー。
3 名護から美ら海だよー。

※安価下5多数決
926【19】 :2018/10/19(金)20:13:54 ID:LZV

927【31】 :2018/10/19(金)20:18:29 ID:TGm
3で
928【68】 :2018/10/19(金)20:19:44 ID:Mfp
3
929【77】 :2018/10/19(金)20:19:45 ID:AnZ
2
930名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)20:20:22 ID:ucg
3
931Try7rHwMFw :2018/10/19(金)20:33:16 ID:VJ0
「名護から美ら海だよー。途中どっかで食べよっかなって」

うーん、全く土地勘がない。

「すまん、行く途中に旨い沖縄そばの店はあるか?一応、一泊目は名護なんで元々美ら海行きは考えてたんだが」

「なるちゃん、知ってる?」

ふむ、と鳴門が腕を組んだ。

「美ら海から少し離れますが『きしもと食堂八重岳店』が良いかと。観光客も多いですが、地元客も多いですよ」

「さっすがなるちゃん!!じゃ、今からいこ?」

「……むぅ、小泉中佐の邪魔をするのもな……」

「いいじゃんいいじゃん!賑やかな方が楽しいっしょ!あ、名前呼ばれたよ?」

また後でねーと鈴谷が一旦去っていった。

「何か妙なことになったでちね。どうするでち?」

「んー、まあダブルデートってことでいいだろ。さすがに式場の下見にはついてこないだろうし」

「うーん、そうだといいんでちけどねえ……」
932Try7rHwMFw :2018/10/19(金)20:33:57 ID:VJ0




第11.1話 きしもと食堂八重岳店
933Try7rHwMFw :2018/10/19(金)20:36:53 ID:VJ0
ちょっと休憩。こんな感じで行き先でお店を変えます。
残り候補は那覇で2店、名護→国頭で1店の予定になります(全て回るかは不明)。
934名無しさん@おーぷん :2018/10/19(金)21:40:29 ID:iqg
龍虎軒、一光軒、田の久の最高のラーメンが食べれる唐津は至高
935#edcbabcd :2018/10/19(金)22:07:21 ID:cLs
>>934
大牟田とかは分かりますが、唐津は分からないですね……。ごめんなさい。
地方にはまだまだ知らない名店がありますね。今度行く機会があれば行ってみます。
936C9vIqtyVF2 :2018/10/19(金)22:09:08 ID:VJ0
おおっと……やらかしました。
酉変えます。ごめんなさい。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【安価】「提督!ラーメン食べに行くでち!」
CRITEO