- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」瑞鳳「32……出張版?」【安価・コンマ】

1#5jw2waP3W5:2018/09/12(水)18:21:50.272 ID:9z8()
艦娘がショタ提督を攻略していくスレです。
登場艦娘は全員ショタコンになるのでキャラ崩壊が激しいです。
※SS速報VIPが復旧するまでの間、こちらで進行しようと思います。
790I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)17:58:45.767 ID:LFK
23:00~0:00頃開始予定です。
80名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)18:22:57.453 ID:Nh6
了解
810I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)23:23:09.137 ID:0xF()
始めます。
820I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)23:26:12.320 ID:0xF()
58→84:「疑問に思う」ことで「学ぶ」


ショタ提督「……夕雲様。私はこのようにアンドロイドでございます」

ショタ提督「破損したのであれば、明石様と夕張様に修理していただけば……」

夕雲「……直るから大丈夫、ということですか?」

ショタ提督「はい」

夕雲「……でも、壊れて良い気分にはならないでしょう?」

ショタ提督「いえ、特に問題はございません」

夕雲「………」

夕雲(やっぱり、提督にはまだ感情が無いということかしら……)

ショタ提督「効率性の観点から申し上げますと、夕雲様は私ではなく清霜様と高波様を優先すべきです」

夕雲「……確かに、清霜さん達を囮にしたのは良くないことですけど……」

夕雲「やっぱり、作られたばかりの提督を守りたかったんです」ニコッ

ショタ提督「………」

夕雲「今はまだ、私の言っている意味が分からないかもしれませんけど……」

夕雲「提督の人工知能は、学習型AIと聞きましたし……いずれ分かるようになる時が来ます」

ショタ提督「そうなのですか?では、今回の出来事はメモリに優先的にインプットしておきます」

ショタ提督「後に感情について思考する時、これが役に立つと判断しましたので」

夕雲「……はい、お願いしますね」ニコッ



長門「すーはーすーはーくんかくんかくんかもふもふもふもふんふううううううううううううううううううううう」ギュウウウウウウウッ

清霜「」チーン

高波「」チーン


ショタ提督の関心度 コンマ一の位×1.5 上昇

直下
83名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)23:28:40.096 ID:aR3

840I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)23:41:45.478 ID:0xF()
9×1.5=13.5/50


清霜「………」大破 ジトー

高波「………」大破 ジトー

夕雲「………」※正座

清霜「……うん。確かに出来たてホヤホヤの司令官を守ろうとする気持ちは分かるよ」

高波「でも、妹を生贄にするのは……良くないと思うかもです」

夕雲「……はい」

清霜「お陰で私達はこんなになっちゃった」

高波「出撃もしてないのに……」

夕雲「……ごめんなさい」

清霜「反省してる?」

夕雲「……はい。あの、もう正座やめても」

高波「後30分です」

夕雲「そ、そんな……!」

夕雲(……提督を守れたのは良かったけど、そろそろ足の痺れが……!)ジンジン


長門「」シュウウゥゥゥ… ※頭にたんこぶ3つ

ショタ提督「これは所謂たんこぶという物ですね」

陸奥「えぇ。悪いことした人にお仕置きした時に、頭に出来る馬鹿の証拠みたいなものよ?覚えておいてね?」

ショタ提督「いえ、たんこぶとは皮膚の下で起こった内出血によるものと記憶していますが……」

陸奥「……あ、うん」

陸奥(冗談も通じないのね……まぁ、正確な知識があるに越したことは無いけど……)
850I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)23:55:43.049 ID:0xF()
1ヶ月目:中旬


工廠

明石「どんな物でも初期型は点検必須!」カチャカチャ

夕張「そうそう。慌てて作った分、後からしっかり補強していかないと!」

大淀「すみません。提督はどこに…………きゃっ!?」

明石「あ、大淀」

夕張「工廠に来るなんて珍しいわね。何か作って欲しい物が……」

大淀「そ、そうじゃなくて!そ、そこの……」スッ


ショタ提督「」パカーン ※頭部と胴体が開かれて明石と夕張が中を弄っている様子をご想像下さい


明石「提督がどうしたの?」

大淀「あ、頭と体が……」

夕張「あ、これ?分解してるんじゃなくて、メンテナンスよ」

大淀「メンテナンス……?」
860I2Ir6M9cc :2018/09/29(土)23:56:15.367 ID:0xF()
明石「提督のメカは結構複雑だからね~。定期的に点検しないと、不具合が出たら大変だし」

夕張「一応頑丈には作ってあるけど、派手に壊れたら直すのも大変だから……こうしてちゃんと調べてあげないと!」

大淀「………」

大淀(どう見ても死んでるようにしか見えない……)

明石「そうそう言い忘れてた!もし提督の様子がおかしかったら、すぐ私達の所に連れて来て!」

夕張「上位管理権限所有者を私と明石さんに設定してるから、私達でないと提督の体を弄れないのよ」

大淀「じゃあ、私や他の人がメンテナンスを行おうとしたら、その時はどうなるんですか?」

明石「自爆」

大淀「えぇっ!?」

明石「というのは嘘で、提督が危機を感じて全機能を強制的にシャットダウンするだけ」

夕張「ちなみに電源を入れられるのも私達だけ」

大淀(あ~驚いた……この2人が自爆なんて言うと、冗談に聞こえないのよね……)

↓1鹿島のコンマ 関心度:0/50
↓2あきつ丸のコンマ 関心度:0/50
↓3夕雲のコンマ 関心度:13.5/50
↓4伊400のコンマ 関心度:0/50

反転コンマが最大の艦娘が行動します
87名無しさん@おーぷん :2018/09/29(土)23:58:06.652 ID:3y0

88名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)00:00:13.737 ID:Lwr

89名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)00:15:36.208 ID:UgE
ほあ
90名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)00:16:27.319 ID:gLy
a
910I2Ir6M9cc :2018/09/30(日)00:25:35.543 ID:8dA()
香取「………」ズゥーン…

鹿島「いきなり何落ち込んでるの?」

香取「この前、私と提督でそれぞれ演習の指揮を担当したんだけど……」

鹿島(あっこの先の展開が何となく予想出来たかも)

香取「提督の指示が完璧過ぎて……」

鹿島(やっぱり)

香取「……はぁ」

鹿島「……要するに自信を無くしちゃったんだね?」

香取「………」コクリ

鹿島「えーっと、提督はあくまでもロボットだし、人間……じゃなかった。艦娘が頭脳で勝てなくても不思議じゃないから、ね?」ナデナデ

香取「……それは分かってるけど、やっぱりショックなのよ……」

鹿島「………」

鹿島(あの香取姉ですら完敗するほどだなんて……流石ロボットというか)


ショタ提督は……

直下
92名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)00:33:46.636 ID:uXA
明石夕張に自爆装置を組み込まれようとされている
930I2Ir6M9cc :2018/09/30(日)00:51:05.916 ID:8dA()
鹿島「………」スタスタ

鹿島(香取姉、結構へこんでたなぁ……何とか元気づけてあげたいけど……)

「やめなさい!」

「HANASE!」

「研究者の血が騒ぐのよッ!」

鹿島「……?」

鹿島(この声……明石さん達?工廠から聞こえたけど……)スッ…

明石「ちょっとだけ!ちょっとだけだから!」グググ…

夕張「科学者のロマンなのよ!」

大淀「だからダメに決まってるでしょ!?」ガシッ

ショタ提督「………」

鹿島「……!?」

鹿島(な、何の騒ぎ!?大淀さんが明石さんと夕張さんを必死に止めてるけど……)

明石「本当に起動するつもりは無いの!ただ付けてみたいって思っただけで!」

大淀「絶対にダメ!!」

夕張「自爆装置はロボットに無くてはならない機能じゃない!」

鹿島(自爆ぅ!?)
940I2Ir6M9cc :2018/09/30(日)00:52:28.166 ID:8dA()
大淀「だからって提督に組み込むことないでしょう!?」

ショタ提督「大淀様。私は自爆装置を組み込まれても特に困りません。もう一度新しく私を開発してもらえれば」

大淀「そういう問題じゃないんです!爆発するということは、今いる提督が『死ぬ』ということですよ!?」

ショタ提督「死……いえ、私はアンドロイドなので、生物としての死は定義されません」

大淀「だからそれは……!」

明石夕張「先っちょだけ!先っちょだけだから!」グググ…!

大淀「と、とんだマッドサイエンティストね、貴女達……!」グッ…!

鹿島「………」

鹿島(な、何て物を付けようとしてるんですか!?自爆なんて危険過ぎますよ!そういうのは漫画やアニメの世界だけで十分ですって!)

鹿島(でも、提督さんは提督さんで自爆する怖さを理解出来ていません……まだ人格や感情が無いからでしょうか……う~ん……)

鹿島(って考え込んでる場合じゃない!何とか2人を止めないと……!)


鹿島の行動

直下
95名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)01:07:38.827 ID:RsG
しゃあない、しょっちゅう爆発してる42周目鎮守府に連れて行ってやれ
960I2Ir6M9cc :2018/09/30(日)01:10:39.054 ID:bHU
今回はここまでです。遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!
それではまた次回の更新でお会いしましょう。
97名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)01:12:46.100 ID:uXA
おつ
98名無しさん@おーぷん :2018/09/30(日)08:00:00.149 ID:1ww
乙です
徐々に心を得ていく正統派な流れになるのか
はたまたアラレちゃんのようなぶっ飛んだギャグ路線となるのか
990I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)17:35:13.108 ID:B7x
22:30~23:30頃開始予定です。
1000I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)23:38:41.068 ID:49s()
始めます。
1010I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)23:43:30.381 ID:49s()
鹿島「………」

鹿島(この2人相手だと、口で勝てる気がしません……仕方ありません。爆発には爆発で……!)


ショタ提督「………」

明石「何が何でもぉ……!」

夕張「取り付けるんだからぁ……!」

大淀「うぐっ……!」グググ…!

大淀(う、腕が……!このままだと振り払われちゃう……!)

鹿島「……明石さん、夕張さん」

大淀(救援来ましたッ!!)

明石「鹿島さん?ちょうど良かったです!」

夕張「大淀さんを説得してくれませんか?提督に自爆装置を付けようとしたら猛反対しちゃって」

大淀「だから当たり前だってば……!」

ショタ提督「………」

鹿島「話は聞きましたよ。でしたらまずは爆発のエキスパートに相談してみては?」

明石「爆発のエキスパート!?」パァッ

夕張「そんな素晴らしい人がいるの!?」パァッ

大淀(ちょっと!?2人を焚き付けてどうするんですか!?)

鹿島「まぁまぁ、騙されたと思って来てください!」

明石夕張「はいっ!」

大淀「ぜぇぜぇ……」

大淀(も、もし提督に爆発機能が付けられたりでもしたら……恨みますよ、鹿島さん……)

ショタ提督「………」
1020I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)23:49:19.134 ID:49s()
・・・÷

鹿島「ここですっ!」

明石「……鎮守府?」

夕張「研究所じゃないの?」

大淀「……?」

大淀(ここは確か……)

鹿島「はい。一見すると、ただの鎮守府に見えますが……こここそ!爆発のエキスパートの方がいらっしゃるんです!」

明石「……提督。一応観察して」

ショタ提督「“音声命令キャッチ。これより観察モードを実行致します……”」ピピッ

鹿島「え?」

大淀「!?」

ショタ提督「“……観察完了”。体温、脈拍、神経信号共に正常。異常は見当たりません」

夕張「ということは、鹿島さんは嘘をついてないと」

鹿島「い、今のは一体……」

大淀「観察モード……?」

明石「相手の体温、脈、その他諸々を観察する機能です!」フンス

夕張「基本は私達の体調を調べる為の機能だけど、こんな感じで応用すれば相手が動揺してたり嘘をついてるのを見抜くことも出来るの!」

明石「まぁ今回は異常無し、つまり鹿島さんは特に動揺したりしていないということですね」

鹿島「………」

鹿島(なるほど。確かにロボットの提督なら、そんなことが出来てもおかしくありませんね……)
1030I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)23:56:19.386 ID:49s()
明石「では早速会って来ます!」ダッ

夕張「爆発のエキスパートさ~ん!」ダッ

鹿島「行ってらっしゃ~い!」ノシ

ショタ提督「お気をつけて」ペコッ

大淀「……鹿島さん」

鹿島「はい?」

大淀「その、爆発のエキスパートというのは……」

鹿島「それはですね~……ヒントはここが42周目鎮守府だということです」

大淀「42周目……ッ!?ま、まさか……!」

鹿島「はい、そのまさかです♪」

ショタ提督「どういうことでしょうか?」
1040I2Ir6M9cc :2018/10/06(土)23:56:31.096 ID:49s()
鹿島「提督は42周目提督君をご存知ですか?」

ショタ提督「はい。私と同じ職業の方で、現在も近辺の鎮守府で活動中のはずです」

鹿島「その子がまさに爆発のエキスパートということなんですよ」

大淀「確かに、あの子はいつも鎮守府を爆発させてますからねぇ……」

鹿島「その爆発に巻き込まれれば、明石さん達も少しは懲りるかと思ったんです」

ショタ提督「一般的な人間、それも幼少期の子供は自力で爆発現象を発生させることは不可能に近いはずですが」

鹿島「あの子に常識は通用しませんよ?」

大淀「真面目に考えたら負けですから」

ショタ提督「どういうことでしょうか?」

鹿島「それは……」


反転コンマ判定:明石&夕張の運命は!?

01~49:鎮守府どころか地球が大爆発!
関心度上昇:小 ×1.0
50~98:案の定鎮守府が大爆発
関心度上昇:中 ×1.5
ゾロ目:まさかの42周目提督と意気投合して……
関心度上昇:大 ×2.0

直下
105名無しさん@おーぷん :2018/10/06(土)23:57:16.772 ID:a8M

106【41】 :2018/10/06(土)23:57:20.127 ID:4OU

1070I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:11:33.525 ID:v2s()
77:あっ(察し)


ズドドドドド…

鹿島「……?」

大淀「えっ、何ですかこの地響きは」

ショタ提督「……前方から来ます!」

鹿島大淀「……ッ!?」


42周目提督「そんな面白い話を何故もっと早く言わないッ!!」つスパナ ズドドドドド

明石「いやぁ~話が分かる子で良かったッ!!」つドライバー ズドドドドド

夕張「自爆装置に限らずすんごい魔改造しちゃいましょうッ!!」ズドドドドド


鹿島「やっちゃいましたぁ!?逆効果だったみたいです!」

大淀「意気投合してこっちに向かって来てるんですけど!?」

42周目提督明石夕張「改造させろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!」ズドドドドド

鹿島「な、何か私達まで改造されちゃいそう!?」

大淀「こうなったら逃げるしかありません!鹿島さんは提督の頭を、私は足を持ちます!」ヒョイッ

鹿島「は、はいぃ!」ヒョイッ

ショタ提督「……!」
1080I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:13:24.601 ID:v2s()
42周目提督明石夕張「逃がすかああああああああああああああああああああああああああッ!!」ズドドドドド

鹿島大淀「ひいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっ!?」ズダダダダダ

ショタ提督「………」

ショタ提督「艦娘である明石様と夕張様、鹿島様と大淀様は特に不自然な点は見当たりませんが……」

ショタ提督「一般人、それも子供である42周目提督様も明石様達と同様、いや、それ以上の速度で走るとは……」

ショタ提督「これは興味深いです。優先的にデータを取らなければ……」

鹿島大淀「取らなくて良いですからッ!!」ズドドドドド

42周目提督明石夕張「地の果てまで追いかけてやるうううううううううううううッ!!」

鹿島大淀「嫌あああああああああああああああああああああああッ!?」

ショタ提督「………」


ショタ提督の関心度 コンマ一の位×2.0 上昇

直下
109名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)00:13:53.770 ID:gLR

1100I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:27:21.838 ID:v2s()
7×2.0=14/50


潮(42周目)「いい加減に」ズドドドドド!

羽黒(42周目)「しなさいっ!」ズドドドドド!

ズガァァァァァァァンッ!

42周目提督明石夕張「うぎゃああああああああああああああああああああッ!?」

シュウウウゥゥゥゥ…

42周目提督「」チーン ※黒焦げ

明石「」チーン ※同上

夕張「」チーン ※同上

鹿島「……え?」

大淀「……潮ちゃん?それに羽黒さんも……」

ショタ提督「地上で砲撃、それも直撃で全員が五体満足……これは……」

潮「明石さん達がやって来て、突然提督が飛び出して行ったので追いかけてみたらこれですよ」

羽黒「また罪のない人を巻き込もうとしてたんですね、司令官さんは」

鹿島「……た、助けてくれてありがとうございます」

潮「いえいえ、こちらこそ提督がご迷惑をおかけしてすみません」
1110I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:35:51.232 ID:v2s()
羽黒「明石さんと夕張さんを巻き込んでしまいましたけど、そこの44周目提督君を狙っていたんですよね?」チラッ

ショタ提督「………」

羽黒「なのでいっそ3人まとめて無力化しました」

大淀「お陰で助かりました……」

ショタ提督「……あの」

潮「あ、44周目提督君。貴方の身は私達が守りました」ニコッ

羽黒「悪は滅びましたし、これからは安全で快適なアンドロイド生活を」

42周目提督明石夕張「勝手に殺すなぁッ!!」ガバァッ

ショタ提督「……!」
1120I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:36:35.741 ID:v2s()
潮「お早いお目覚めですね」

羽黒「そのまま永眠していても良かったんですよ?」

42周目提督「はぁ?ギャグキャラがこの程度で死ぬかボケ!」

明石「というかまだ44周目始まったばっかなんですけど!」

夕張「無防備の仲間に砲撃しますか普通!?」

潮羽黒「無知なアンドロイドに自爆装置埋め込もうとするマッドサイエンティスト達に言われたくありません!」

ショタ提督「砲撃を受けても黒焦げで済む肉体、そして瞬時に行動可能になる回復力……メモリを検索しても、このような事象は……」

鹿島「えっと、提督?42周目提督君達のことは真面目に考えちゃダメです……」

大淀「スルーした方が身の為です……」

ショタ提督「スルー?確か通る、貫くという意味の英単語では?どうしてこの場で英単語を?」

ショタ提督「分かりません。ですが興味深いことばかりです。この謎は是非究明しなければなりません」

ショタ提督「そして指揮・執務に応用し……」ブツブツ

鹿島「………」

大淀「………」

鹿島大淀(あぁ、やっぱり真面目に考え込んでます……脳?人工知能?がオーバーヒートしないか心配……)
1130I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)00:44:25.990 ID:v2s()
1ヶ月目:下旬


ショタ提督「………」

大淀「……もしかして、まだ考えてるんですか?」

ショタ提督「何をですか?」

大淀「この前の42周目提督君達のことです」

ショタ提督「それもありますが、現在は自爆についてです」

大淀「ッ!?だ、だからダメですってば!そんなことしたら……」

ショタ提督「私が死亡する、ですか?」

大淀「そうです!そんなこと、私達が許しません!」

ショタ提督「ですが今の私が壊れてしまっても、現在のメモリデータを保存しておき、新しい体にインプットすれば……」

大淀「それでは本人と言えないじゃないですか!」

ショタ提督「どうしてですか?私のメモリデータなのですから、私と同一の思考・行動パターンを再現出来るはずです」

大淀「………」

大淀(やっぱり、提督にはまだ自我や感情は無いんですね……もっとも、ここからは哲学的な話になりますけど……)

大淀「……確かに、コピーしたデータそのものは提督と同じかもしれません」

大淀「ですが、やっぱりそれはコピーに過ぎないんです。提督自身……オリジナルの意識とは言えないんです」

ショタ提督「………」

大淀「今はまだ分からないかもしれませんが、いずれこの意味が理解出来る時が来るはずです」

大淀「何にせよ、自爆だけは絶対にやめて下さい!お願いです!」

ショタ提督「………」

↓1鹿島のコンマ 関心度:14/50
↓2あきつ丸のコンマ 関心度:0/50
↓3夕雲のコンマ 関心度:13.5/50
↓4伊400のコンマ 関心度:0/50

反転コンマが最大の艦娘が行動します
114【89】 :2018/10/07(日)00:45:13.040 ID:OLC

115【33】 :2018/10/07(日)00:45:37.129 ID:8ua

116名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)00:48:08.242 ID:gLR

117【33】 :2018/10/07(日)00:49:22.790 ID:gX4
てい
118名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)00:51:36.797 ID:CxT

1190I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)01:01:33.562 ID:v2s()
伊400「……自我?」

伊401「うん。さっき執務室を通りかかったら、提督と大淀さんがそんな感じの話をしてて……」

伊400「う~ん……人間の自我なら分かりやすいんだけど、ロボットとなるとね……」

伊401「人間も最初は自我が無い……と言って良いかは分からないけど、自分っていう認識は無いし……」

伊400「………」

伊401「………」

伊400「……考えれば考えるほど、余計分からなくなってきちゃった」

伊401「私達も人間じゃないとはいえ、ロボットと比べるとほとんど人間みたいなものだし……」

伊400「……いつかは提督も感情が芽生えるのかな」

伊401「……きっとね」

伊400(自我が芽生えてないロボットの心情、かぁ……想像もつかないなぁ……)


ショタ提督は……

直下
120名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)01:02:18.613 ID:gLR
戦闘出来るようにしようとするも艦娘タイプか巨大ロボットタイプかで意見が対立
1210I2Ir6M9cc :2018/10/07(日)01:10:34.700 ID:v2s()
今回はここまでです。遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!
最近どうもスランプ気味で、提督の設定に限らず話の内容がスムーズに思い浮かびません……
間隔が空いてしまうせいで勘が鈍っているのか……

それではまた次回の更新でお会いしましょう。
122名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)01:12:53.010 ID:CxT

焦らずゆっくりと書いていけばいいよ
123名無しさん@おーぷん :2018/10/07(日)21:01:50.110 ID:uVr
おつ
1240I2Ir6M9cc :2018/10/14(日)16:21:54.751 ID:LE1
今週の更新はお休みさせていただきます。
お待たせして申し訳ありません。
125名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)16:29:45.213 ID:LG0
はいな
126名無しさん@おーぷん :2018/10/14(日)23:36:10.307 ID:Sra
了解
127名無しさん@おーぷん :2018/10/15(月)10:21:11.742 ID:tJI
朗報、SSVIP速報復帰
128名無しさん@おーぷん :2018/10/15(月)21:20:14.543 ID:fdC
あんな管理もマナーも悪い場所に帰るとかないわ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【艦これ】艦娘「ショタ提督に好かれたい」瑞鳳「32……出張版?」【安価・コンマ】
CRITEO