- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【安価】男「俺のプロダクションは亜人だらけ」【コンマ】

1亜人好き◆HQmKQahCZs:2018/09/06(木)19:59:30.503 ID:vpv()
男(といっても当り前なんだがな。人間は今や人口の1%にも満たない)

男(神様が人間を作ったらしいが、その人間は神様に反旗を翻した。んで人間は亜人を作ったんだが親は子に似るのか亜人は人間に反旗を翻した)

男(それで人間は負けて今に至る。良かったのは今や人間は希少種扱いで保護されてるってことか)

男(さて話は変わるがテレビってもんができてから夢や希望なんてキラキラしたもんは身近なもんになった)

男(だけど実際のところそれは画面の向こう。電波の向こうの話で、近くに見えるだけの蜃気楼みたいなもんで)

男(だから俺はそのキラキラした世界に憧れてアイドルプロダクションに入社したってわけだ。もちろんプロデューサーで)

男(アイドルになればよかったのにって? 無理無理。自虐だが俺は今までモテたことはない)

男(さてこうして憧れの世界に飛び込んだ俺の毎日はバラ色………てなことにはならなかった)

男(理由? プロダクションにアイドルが一人もいないんだ。それが)

男(アイドルがいないのにプロダクションをたちあげたってどんな見切り発車だよ。小学生でももうちょっと考えるわ)

男(そんな会社に入社した俺も俺だけどね! さっきプロダクションは亜人だらけって言ったって?)

男(うるせぇ! 未来予想図だ!! かっこ仮だ!!)

男(来る日も来る日もアイドルの卵を探して東奔西走。もう諦めてしまおうかと心が揺らいだ日は何度もあった!)

男(だけどそんな日々も今日までだ。なんとどんな間違えかしらんが、我がプロダクションに履歴書が届いた!!)

男(逃げられないように手籠め…じゃないや、頑張ってプロデュースしなきゃな)

男(そういやじっくり履歴書見てなかったけど、どれどれ?)
329人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:12:25.665 ID:l9y()
リアン 好感度Lv2 【22/20】

リアンの好感度アップ↑

リアン 好感度Lv3  【2/30】
330人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:19:13.720 ID:l9y()
~17週~

男「ということで新しくうちのプロダクションに入った」

ベル「ベルトリンデです。よろしくお願いするよ」

リアン「え?」

アルバ「まぁ」

男「まぁ、昨日の敵は今日の友ということでよろしくお願いします」

アルバ「ベルトリンデさんは凄い実力ですし構いはしませんが」

リアン「あうあう、私なんて………」

アルバ「リアンさんが実力の差にショックを受けてますわ」

ベル「僕がリアンさんの力になれればいいと思うんだけど、お互いに切磋琢磨していこうよ」

リアン「わ、私程度じゃ切磋琢磨できませんよぉ」

ベル「そんなことないさ。君は素晴らしいアイドルだよ。僕に勝ったじゃないか。だからもっと胸を張って、ね?」クイッ

リアン「は、はいぃ」ポーッ

男「と、交流はここまでにして、今週の仕事は」

1.ボーカルレッスン

2.ダンスレッスン

3.ビジュアルレッスン

4.ラジオのミニ番組(営業)

5.路上ライブ(営業)

6.バックダンサーの撮影(営業)

7.エキストラ(営業)

アルバ>>331

リアン>>332

ベルトリンデ>>333
331【15】 :2018/10/11(木)22:21:05.723 ID:ps8
1
332名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:21:30.794 ID:7fp
5
333名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:21:54.197 ID:yBU
1
334人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:27:29.968 ID:l9y()
ボカトレ「わぁ! 新しいアイドルさんですねっ」

ベル「はい。これからよろしくお願いします。ボカトレさん」

ボカトレ「すっごい綺麗な人ですねっ」

アルバ「あら、それは私はさほど綺麗ではないということかしら」

ボカトレ「ち、違いますよっ! アルバさんももちろん美人さんですっ」

アルバ「ふふっ、冗談ですわ」

ボカトレ「た、戯れはやめてくださいよぉ。えっと、それじゃあまずベルトリンデさんの歌声を聞かせてもらってもいいですか?」

ベル「あぁ、構わないよ」

ベル「~♪」

アルバ「悔しいですけど、音程は完璧、技術力も」

ボカトレ「歌、下手ですね」

アルバ「え?」

ベル「!?」

ベル「それはどういうことかな。僕の歌は完璧のはずだ。音程も抑揚も、すべて正しく」

ボカトレ「何のために歌ってるかまったく伝わってこないんですよ。ただ音を聞いてるだけ」

ボカトレ「これは歌ではないです」
335人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:34:19.535 ID:l9y()
ベル「君も、君も僕を否定するのか」

ベル「………失礼させてもらうよ」

アルバ「ちょっと! ベルトリンデさんっ?」

バタンッ

アルバ「びっくりしましたわ。貴方結構言いますのね」

ボカトレ「いえ、聞くに堪えなかったので」

ボカトレ「アルバさんの歌声のほうがずっと好きです」

アルバ「褒めてくれて嬉しいですけれど、素人耳にはベルトリンデさんの歌はとっても素晴らしいように思えましたわ」

ボカトレ「アルバさんはあれを聞いて、上手だな以外の感想はありますか?」

アルバ「そういえば………上手だなと思ったくらいですけれど」

ボカトレ「私はアルバさんの歌声を聴いてると心が温かくなります。きっと誰か大切な人に向けて歌ってるんだろうなってことが分かるので」

ボカトレ「リアンさんだってそうです。自分の知らない道の領域に挑戦する活力をもった歌声でした」

ボカトレ「この欠点さえ直ればベルトリンデさんは素晴らしくなると思ったのですが」

ボカトレ「今連れ戻しても逆効果みたいですから、今日はアルバさんだけでやりましょうか」

アルバ「………わかりましたわ」

アルバ ボーカル【6】 ボーカルゲージ【6/30】

ベルトリンデ ボーカル【3】 ボーカルゲージ【7/15】
336人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:36:17.338 ID:l9y()
男「地元のデパートの屋上で歌わせてもらえるみたいですよ!」

リアン「ほ、本当ですか!?」

男「リアンさんもここらへんでは有名になってきましたからね」

男「なんと向こうから仕事が入ってきたんです! こんなの初めてですよ!」

リアン「え、えと、夢でしょうか、ドッキリでしょうか」アワワ

男「どちらでもないですから安心してください」

リアン「あわわわわ」
337人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:44:28.183 ID:l9y()
リアン「ひーひーふー」

男「オーディションよりずっと規模は小さいものですから落ち着いてください」

リアン「お、落ち着けませんにょっ」

男「今まで一生懸命やってきたじゃないですか」

男「トレーナーさんたちと、自分を信じてください」

リアン「わ、わかりました。リアン、頑張りますっ」

【屋上ライブ 難易度 10】

ボーカル【4】+【4】

リアン「わ、私はリアンでひゅっ」

男(いきなり噛んだ)

リアン「………あうぅ///」

男(そこで真っ赤にならないで頑張ってください!!)





男(そのあとは結局真っ赤になったまま行ったライブは決して成功とは呼べない出来だった)

リアン 知名度 【130】
338人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:46:26.924 ID:l9y()
~17週 休日~

男「リアンさんの恥ずかしがり屋とプレッシャーの弱さはどうにかしないといけないな」

男「アルバさんも自信が実力を上回ってるところもあるし」

男「ベルトリンデさんは………課題が多いし」

男「はぁ、頭痛くなってきた。気分転換に」

1.レッスン(名前を指定してください)

2.出かける(名前を指定してください)

3.帰る

>>340
339人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/11(木)22:46:42.693 ID:l9y()
今日はここまで

アルバさんは一体何歳なのか………
340名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:47:08.066 ID:7fp
2ベル
341名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:47:14.712 ID:Sd8
2ベルトリンデ
342名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:49:49.717 ID:x0Z
悠久の時を生きてる系ヒロイン好き
343名無しさん@おーぷん :2018/10/11(木)22:55:17.382 ID:MwU
ベルトリンデはベルスタシアとベールクレアどっちの子孫なんだ
344【61】 :2018/10/12(金)01:01:40.286 ID:AT8
性格はベール系統っぽい
345名無しさん@おーぷん :2018/10/12(金)02:05:20.960 ID:2iL
アルバさん歴代でもロウェナと張るかそれ以上の歳かもしれんよな
346名無しさん@おーぷん :2018/10/12(金)02:54:10.769 ID:Uk8
アルバさんけっこう好き
347人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)21:16:58.745 ID:d8A()
男「ベルトリンデのこと良くわからないし、ちょっと話してみようか」

事務員「ベルトリンデさんなら近くの喫茶店にいましたよ」

男「なぜ知っているのかは聞きませんが情報ありがとうございます」

事務員「いえいえ~」
348人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)21:25:49.520 ID:d8A()
~喫茶店~

カランコロン

男(本当にいたよ)

男「喫茶店で一服ですか?」

ベル「おや。奇遇ですね」

男「座ってもいいかな?」

ベル「えぇ。貴方とは話したいことがありましたし、それにコーヒーは誰かと飲む方が美味しいですから」

男「では遠慮なく。それで私に聞きたいことって?」

ベル「なに、君の趣味、好み、性癖その他もろもろかな」

男「………個人情報なので答えなくてもいいですか?」

ベル「貴方の好みに合わせることがアイドルへの近道かなと思いまして」

ベル「僕は体を自由に変化させることができますから。もしあなたが胸の大きい女性が好きというのなら僕はそれに合わせますし、太ももが魅力的な女性が好みであればいくらでも見せてあげましょう」

ベル「悪い話ではないでしょう?」

男「ベルトリンデさん」

ベル「なんでしょうか。本当にどんな姿にだってなれますよ?」

男「>>349
349名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)21:27:20.029 ID:fF9
そのままの貴女の姿になってください
350人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)21:36:50.030 ID:d8A()
男「そのままの貴方の姿になってください」

ベル「? それはどういうことでしょうか」

男「別に私は外見がどうのこうので優劣は決めません」

男「多少好みはありますがそれでも、その人の人となりに惹かれるんです」

男「だから貴方が私の好みになりたいというのなら、貴方自身の魅力を見せつけてください」

男「そのままの貴方で好きにならせてください」

ベル「………なかなか難しいこといいますね。理解不能だ」

ベル「外見は一番の魅力だと思っているのですがね」

男「アイドル世界に置いて、これが一番で、これこそが正解は存在しませんよ」

ベル「さぁどうでしょうかね。とりあえず今は貴方のいうことを信じておきますよ」

ベル「もちろん魅力的な僕を引き出してくれるんでしょう?」

男「えぇ。プロデューサーですから」

ベルトリンデ 好感度 Lv1【4/10】
351人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)21:40:54.485 ID:d8A()
~18週~

男「なんのつもりですか」

ベル「こんな姿は嫌いかな」チラッ

男「………嫌いじゃ、ないですけど」

アルバ「うわっ、エロスですわ。エロスですわぁ」

リアン「ぷ、プロデューサーさんの好みなんですか?」

男「いや、アイドルに向かって嫌いですなんて言えませんよ!」

ベル「ふふっ」チマーン

事務員「ロリコンプロデューサー!」

男「嫌いじゃないだけで好きとは言ってませんから」

ベル「なるほど、この姿は使えそうだね」

男「えぇい! さっさと仕事に向かってくださいっ」

アルバ「あ、自分に都合が悪くなったから話を変えましたわよ」

リアン「ひ、ひぅぅ」

男「早く行ってください!」

1.ボーカルレッスン

2.ダンスレッスン

3.ビジュアルレッスン

4.ラジオのミニ番組(営業)

5.路上ライブ(営業)

6.バックダンサーの撮影(営業)

7.エキストラ(営業)

アルバ>>352

リアン>>353

ベルトリンデ>>354
352名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)21:42:36.164 ID:fF9
2
353【93】 :2018/10/13(土)21:42:37.229 ID:2Or
3
354名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)21:43:44.925 ID:co7
1
355人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:00:32.247 ID:d8A()
アルバ「ダンスレッスンの時間ですわ」

ダントレ「悠久の時の中で有限の定めを持つ者はどれだけ足掻き輝けるのか」

ダントレ「それがダンスだと、私は思うわ」

アルバ「ちょっと良くわかりませんわ」

ダントレ「ふふ。それもまたダンスね」

アルバ「訳が分かりませんわ」

ダントレ「巣立とうとする小鳥の羽ばたきこそ、見習うべきものがある」

ダントレ「さぁ、貴方の足跡をみせて」

アルバ「はぁ、とりあえず踊りますけど、もうちょっとわかりやすいれくちゃーをお願いしたいですわね」

ダントレ「簡単な言葉で話すのは苦手なの」

ダントレ「心が漏れるのが怖くて」

アルバ「私は飾らない貴方の言葉が聞きたいですわ」

ダントレ「………いつか心に勇気が持てたらね」

アルバ ダンス【5】 ダンスゲージ【9/25】
356人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:04:15.684 ID:d8A()
ビジュトレ「リアン。以前貰った洋菓子。美味しかったが、どこで買ったんだ?」

リアン「えと、えっと、駅前のデパートの地下です」

ビジュトレ「! なかなかの高級品ということか。しかしそんなもの貰ってもいいのか?」

リアン「と、トレーナーさんにはいつも、お世話になってますから」

ビジュトレ「そうか。お返しといってはなんだが、今日のレッスンは一段と激しくいくぞ!」

リアン「え、えぇ!?」

ビジュトレ「遠慮しなくてもいい。このレッスンが終わればお前は一段階上のステージへ行けることだろう」

リアン(え、えっと、もしかしてトレーナーさんの口に合わなかったのかなぁ)

ビジュトレ(リアン。実に素直でいい子だ。教え甲斐があるな!)

リアン ビジュアル【4】 ビジュアルゲージ【17/20】
357人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:08:19.368 ID:d8A()
ボカトレ「はい、カエルの歌が~」

ベル「…カエルの歌が~」

ボカトレ「聞こえてきますよ~」

ベル「……聞こえてきますよ~」

ボカトレ「駄目です! ダメダメです!」

ベル「なぜかな?」

ボカトレ「そんなんじゃカエルの歌は聞こえてきません! ワンモア!」

ベル「なんどこれを歌わせるんだい」

ボカトレ「貴方に歌の心が分かったらですかね」

ボカトレ「とにかく貴方は感情に乏しいですっ」

ベル「そ、そんなことはないと思うけどね」

ボカトレ「悪口みたいに聞こえるかもしれないですけど、本当にそう思ってしまうんです」

ボカトレ「歌に気持ちを乗せるのが嫌なんですか?」

ベル(乗せれるのなら乗せてるよ。そう感情豊かに言われても僕には理解不能なんだよ)

ボカトレ「はい歌いますよ!」

ベル「わかったよ、トレーナーさん」ハァ

ベルトリンデ ボーカル【3】 ボーカルゲージ【12/15】
358人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:15:56.506 ID:d8A()
~18週 休日~

オン「増えてる」

ベル「あぁ、君は」

トリ「見たことあるよ。確か彗星のごとく現れた新人アイドル」

ンデ「オンディーヌ・フーケさんだね」

オン「びっくりしたよ」

オン「びっくりするわね」

ベル「? とても面白い喋り方をするんだね」

オン「まぁ、褒められたわ」

オン「うれしく感じるね。ところで」

オン「あの男の人はいないのかしら」

トリ「彼は今買い物に行ってるけど」

ンデ「なにか用かな?」

ベル「よければ僕が言伝をするけれど」

オン「特に用事はないわ」

オン「用事がないから彼に用事があるともいえるね」

オン「とりあえず待たせてもらうわ」

ベル「いいのかな。事務員さん」

事務員「よくあることですから。ところでなぜベルトリンデさん、増えてるんですか?」

ベル「大中小の体を作って」ボインッ

ベル「ユニットを組めば」キリッ

ベル「ウケるんじゃないかなってね」ロリンッ

オン「浅はか」
359人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:16:52.020 ID:d8A()
男「帰ったらよその事務所のアイドルがいた」

男「まぁ、それはもう良いとして、今日は」

1.レッスン(名前を指定してください)

2.出かける(名前を指定してください)

3.帰る

>>360
360名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)22:19:01.007 ID:GmU
1ベル ダンス
361名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)22:24:10.435 ID:2Or
間に合わなかったか
オンと話したかったら、2オンとすれば良かったのかな?
362人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:29:07.815 ID:d8A()
ベル「ダンスならお手の物さ」

ダントレ「時は規則正しく流れるけれど、人の心は時間の流れを容易く曲げる」

ダントレ「どうやら貴方のそれは打ち鳴らした踵の音ではなく、メトロノームのように時間を枠に嵌めるもののようね」

ベル「何を言っているか、わからないけど、褒めてはいないようだね」

ダントレ「それでは魔法にかからないということ」

ベル(誰も僕を理解してくれない。僕は正しいのに。理解不能だ)

ベル「なら、あなたがダンスの見本を見せてくれるかな」

ダントレ「私が見せるのは世界。ただしそれは正しさではないし見本たりえない」

ダントレ「正解はいつも自分の中にあるもの。貴方がそれを見つけることを願って踊るわ」

ダントレ「見てなさい」タタタンッ

ベル「………上手だね」

ベル(でも僕と何が違うのかわからないよ)

ダントレ「一つ言えるとすれば」

ベル「なにかな」

ダントレ「貴方のその正解を導き出そうとする姿勢。それは足枷にもなりえるし、飾り立てるガラスの靴にもなる」

ダントレ「すべてはあなた次第」

ダントレ「だから、このダンスを貴方に送るわ」

ベルトリンデ ダンス【11】 ダンスゲージ【7/55】
363人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:34:03.702 ID:d8A()
~19週~

男「エコロケのライブがある!?」ガタッ

事務員「プロデューサーさん、ステイ」

男「すいません」

事務員「次やったらそのライブの日に合わせて仕事いれますからね」

男「有給使えますか?」

事務員「アイドルからの信頼と引き換えなら」

男「………くっ、駄目ですか」

事務員「よかった。これでエコロケ選んでたらひっぱたいてましたよ。栄養ドリンクの瓶で」

男「今はエコロケより、アイドルの方が大切ですからね」グッ

事務員「その通りですよ、本当に」

事務員「他のアイドルにうつつを抜かさないでください。ある意味浮気ですよ、浮気」

男「気を付けます」

事務員「素直な貴方に栄養ドリンク、夏のすだち味をどうぞ。うどんにかけても美味しいですよ」

男「栄養ドリンクって?」

1.ボーカルレッスン

2.ダンスレッスン

3.ビジュアルレッスン

4.ラジオのミニ番組(営業)

5.路上ライブ(営業)

6.バックダンサーの撮影(営業)

7.エキストラ(営業)

アルバ>>365

リアン>>366

ベルトリンデ>>367
364人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/13(土)22:34:33.465 ID:d8A()
今日はここまで

>>361 その通りです。
365名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)22:42:46.022 ID:DcY
5
366名無しさん@おーぷん :2018/10/13(土)22:44:55.787 ID:GmU
3
367【27】 :2018/10/13(土)22:53:19.549 ID:b8r
3
おつ
368人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)21:52:59.360 ID:1Gj()
男「小さなライブスタジオが借りれたので、ミニライブを行いましょう」

男「アルバさんもここらへんじゃ少しは知られてますからね」

アルバ「わかりましたわ。それでチケット1枚もらえるかしら?」

男「構いませんが、どなたに渡されるんですか?」

アルバ「私のファン第一号さんに」

【ミニライブ 難易度 11】

ボーカル【6】+【2】

達成値【8】

少女「おー、すげぇ!」

アルバ「ふふっ。未来のスーパーアイドルの控室に一番最初に入ったのは貴方ですのよ」

少女「ねーねー」

アルバ「無視って。あなたらしいですけど」

アルバ「どうしたんですの?」

少女「あーしのいしょーは?」

アルバ「は?」

少女「あーしのいしょーはないの?」

アルバ「貴方観客ですの」

少女「がーんだな、でばなをくじかれた」

アルバ「もうそろそろ時間ですわ。あなたもすぐ客席に戻りなさい」

少女「………あれがいしょーなのか? ずいぶんじみだなー」

少女「ん、これがあるばのしふくなのか。しふくははでだなー」

「キャーッ ナナンデデスノッ」

少女「ん? さつじんじけんかな」

アルバの知名度【175】
369人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:04:52.109 ID:1Gj()
ビジュトレ「お前が噂の新しいアイドルか!」

ベル「よろしくおねがいします、先生」ニコッ

ビジュトレ「ビジュトレでいい。それにしても透き通ったような笑顔だな。スライムだから透き通ってるんだけどな。あっはっは!」

リアン「わ、私の笑顔はどうでしょうか」に、ニコッ

ビジュトレ「うーむ、及第点、といいたいが駄目だぁ!」

リアン「ひぅっ」

ビジュトレ「笑顔くらい遠慮せずやってみろ」

リアン「ひゃいっ」

ベル「ほら、気楽に笑っていいんだよ。リアンさん」

リアン「べ、ベルトリンデさんに見られてると気楽にできませんっ」

ベル「なぜかな?」

リアン「ベルトリンデさん、美人ですし。私はその、ちんちくりんで」

ベル「そんなことはないよ。リアンさんの笑顔はまるでシロツメクサのように素朴で心を優しく幸せにしてくれる」

ベル「もっとキミの笑顔を見せてくれないかい?」

リアン「は、はい。お姉様」ポーッ

ビジュトレ「うむ。百合るのはいいが、今はレッスンの時間だからな。レッスンをするぞ!」

ベル「そんなことより、僕とお茶でもしませんか?」ズイッ

ビジュトレ「………」ハァ

ビジュトレ「そんなに私の気を引きたいのか? そんなことをしなくても私はお前しか見ていないよ。さぁ、もっと近くで見せておくれ。唇が触れ合いそうな距離で」ズイッ

ベル「………!」

リアン「は、はわわわ」ドキドキ

ベル「………くっ。僕の負けのようですね」

ビジュトレ「はっはっは。演技が得意みたいだが、私レベルではないようだな!」

リアン(な、なんだろう。この気持ち)ドキドキ
370人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:04:59.406 ID:1Gj()
リアン ビジュアル【4】 ビジュアルゲージ【24/20】

ビジュアルアップ↑

リアン ビジュアル【5】 ビジュアルゲージ【4/25】

ベルトリンデ ビジュアル【8】 ビジュアルゲージ【9/40】
371人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:08:54.370 ID:1Gj()
~19週 休日~

ビジュトレ「おっ。こんなところで会うとは奇遇だな」

男「奇遇ですね。トレーニング帰りですか?」

ビジュトレ「ん? いや、ただコーヒーが飲みたかったから飲みに来たんだ」

男「その恰好でですか?」

ビジュトレ「お洒落なジャージだろう?」

男「いや、喫茶店でジャージはちょっと」

ビジュトレ「なっ、これは喫茶店用のジャージなんだぞ!?」

男「喫茶店用ってなんですか。ジャージにスポーツ用以外あるんですか」

ビジュトレ「冠婚葬祭用もある」

男「着てきたら叩きだされそうですね」

ビジュトレ「まさか、ジャージは万能ではなかったのか?」

男「ファッション的な意味あいでは最底辺レベルだと思います」

ビジュトレ「仕方ない。貴方にわかるようにジャージの魅力を説明しよう」

ビジュトレ「逃がさないぞ」ニコッ

男「」
372人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:10:13.175 ID:1Gj()
~数時間後~

男「休日だというのにこんなに拘束されてしまった」

男「今日は>>373の予定があるのに」

1.レッスン(名前を指定してください)

2.出かける(名前を指定してください)

3.帰る
373名無しさん@おーぷん :2018/10/16(火)22:11:01.170 ID:26V
2アルバ
374人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:31:27.153 ID:1Gj()
男「アルバさんのレッスンがあったはずなんだけど」

男「アルバさんがいない。どこ行ったんだろう」

事務員「あ、いたいた」

男「あれ、なにかあったんですか?」

事務員「アルバさんが病院に行くからレッスンにでれなくなったそうです」

男「病院? 風邪でしょうか」

事務員「そこまでは聞いてませんね。でも電話越しでは元気そうでしたよ」

男「夕方くらいにアルバさんの様子を見に行ってみます」

事務員「レディーの家に行くのはどうなんでしょうか。明日にしたらどうです?」

男「うーん」

1.家にいく

2.明日聞く

3.特に触れないでおく

>>376
375人外好き◆HQmKQahCZs :2018/10/16(火)22:31:38.088 ID:1Gj()
今日はここまで

おやすみなさい
376名無しさん@おーぷん :2018/10/16(火)22:32:23.754 ID:KQJ
1
377【87】 :2018/10/16(火)22:33:11.824 ID:3nk
おつおむ
378名無しさん@おーぷん :2018/10/16(火)23:31:22.046 ID:2sc

そういやVIPの方が復旧したけど学園スレの方はどうなるのか気になるなぁ
何とか完結して欲しいけど難しいか...

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【安価】男「俺のプロダクションは亜人だらけ」【コンマ】
CRITEO