- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ガヴリール「魔力を持った天使?」

1名無しさん@おーぷん:2018/06/06(水)17:42:01 ID:UsT()
~ある日~

ヴィーネ「痛っ!?」

ガヴリール「あん?」

サターニャ「ヴィネット?」

ラフィエル「ヴィーネさん、どうしましたか?」

ヴィーネ「あ、ごめん。包丁使ってたら、うっかり指切ちゃって…」

ガヴリール「なんだ、そういう事か」

サターニャ「ヴィネットもおっちょこちょいね」

ラフィエル「ですが、包丁を使って指切るなんて事はたまにありますから、しょうがないことですよ」
39名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)15:30:24 ID:fXW()
ガヴリール「こっちから行くぞ!」シュン

天使A「神足通か!? なら、こっちm」

ガヴリール「遅すぎる……。」ドゴッ

天使A「ぐわぁっ!?」


ヴィーネ「なに、いつものガヴより素早いような…」

ラフィエル「神足通の速度があがってます。きっと魔力を発動させた事で同時に天使力の精度もあがったのだと思います」


悪魔A「このぉ!!」シュバシュバシュバ

ガヴリール「甘い!!」シュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバ

悪魔A「なにぃ、悪魔のスピード以上の速度だとっ!?」

ガヴリール「おらぁっ!!」ゲシッ

悪魔A「ぐえっ!?」


サターニャ「なによ、私以上に速い…なんで!?」

ラフィエル「魔力を発動させたガヴちゃんだから、きっと成し得たのだと思います」
40名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)15:43:35 ID:fXW()
ガヴリール「天使力…」パアアァァーーーー

ガヴリール「そして、魔力…」モアモアモアモア

ガヴリール「纏めて食らええええぇぇぇーーー………『天魔破壊』(インキュバスブレイク)」ゴオオオオオオオオオオォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ヴィーネ「ガヴが一人で天使力と魔力の合わせ技をっ!?」

サターニャ「技の名前、かっこいいわねぇ!!!」

ラフィエル「技名はおいとくとして、まさかここまでの力とは……」


ズオオオオオオオオオォォォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天使A・悪魔A「「うっ!?」」



ドッゴオォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!

天使A・悪魔A「「うわあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーっ!!!!!???」」
41名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)15:46:04 ID:fXW()
モクモクモクモク

天使A「」

悪魔A「」



ガヴリール「はぁはぁ、ぜぇぜぇ……」


ヴィーネ「や、やったの……?」

サターニャ「あいつら、完全に倒れてるけど?」

天使A・悪魔A「「」」

ラフィエル「どうやら、やったようですね……。」
42名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)15:49:23 ID:fXW()
ガヴリール「うっ!?………」フラッ

ヴィーネ「あっ、ガヴ!?」ダッ

ガシッ

ヴィーネ「ガヴッ!?」

ガヴリール「」

サターニャ「ちょっとガヴリール、起きなさいよ!?」

ガヴリール「」

ラフィエル「どうやら、気絶しているようですね。」

ヴィーネ「なら、早く手当てをしt」



?「手当てなら、私がしよう!!」

ラフィサタヴィネ「「「?!」」」チラッ
43名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)16:13:52 ID:fXW()
~ガヴリールの家~

ガヴリール「」

?「これでもう大丈夫だろう」

ヴィーネ「そ、その……」

?「んっ?」

ラフィエル「まさか、下界に来ていたとは驚きですよ……ゼルエルさん」

ゼルエル「あぁ。急で済まなかったな!」

サターニャ「なんでここに…もしや、妹が心配だったとか?」

ゼルエル「平たく言えば…千里眼で地上のガヴリールを見ていたら、天使と悪魔狩りが、お前達を襲う姿を見つけてな…」

ゼルエル「一応助けに入ろうとした時に………復活したガヴリールになぜだか魔力を発動させたのを見てな……」

ヴィーネ「じゃあ、やはり気になって?」

ゼルエル「もちろん。なぜ、ガヴリールが急に魔力を………だから調査の為に来た訳だ」
44名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:17:50 ID:CET()
ゼルエル「ふむふむ…。」←ガヴリールの体を検査中

ヴィーネ「ラフィ、あれは?」

ラフィエル「検査しているんですよ。ゼルエルさんは天使の体の中を透視して見ることができ、それにより病気や怪我をしても原因を即座に突き止める事が出来るんです」

サターニャ「ふぅ~ん。天使の中にはそういう便利な力を持つ天使もいるのね…」


ゼルエル「ふむふむ…………むっ、これは!?」
45名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:24:04 ID:CET()
ラフィエル「ゼルエルさん、何か分かりましたか?」

ゼルエル「ふむ。心して聞いて貰いたい……ガヴリールの心臓部に強い魔力を感じてな、詳しく検査した所……」

ゼルエル「どうやら、ガヴリールには悪魔の血が流れている事が分かった!!!」

ラフィエル「っ!?」

ヴィネサタ「「えええぇぇーーーーーっ!!?」」
46名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:31:13 ID:CET()
ゼルエル「まぁ、今は悪魔の血が心臓だけに留まっているが、これがなんらかの作用で全身に回った場合……」

ゼルエル「先ほどのように、天使力と同時に魔力も発動される、という訳だ…分かった事は」

ラフィエル「し、しかし、一体いつガヴちゃんの体に悪魔の血が?」

ゼルエル「悪魔の血が流れる仕組みは、悪魔の血を飲み込んだ場合と有りはしないが、輸血等された場合だけだ」

ヴィーネ(悪魔の血を飲み込む………)



ヴィーネ「ああぁぁーーーっ!!?」ビクッ
47名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:33:11 ID:CET()
サターニャ「うわぁーーっ、びっくりしたぁ!?」ビクッ

ラフィエル「ヴィーネさん、どうかしましたか?」

ヴィーネ「………………」



ゼルエル「どうやら、原因を知っているようだな。ましてや、お前は悪魔だ……ガヴリールに悪魔の血が流れ込んだ事にも関係してるのか?」

ヴィーネ「……………はい」コクリ
48名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:38:25 ID:CET()
ヴィーネ「実は昨日、私が包丁で誤って指を切ってしまい……」

サターニャ「あぁ、そういう事があったわね」

ラフィエル「ヴィーネさん、もしや?」

ヴィーネ「うん。手当てする前に、ガヴが私の指を銜えて。しかもその時、指から垂れた私の血液を飲み込んで……」


ゼルエル「成る程、そういう事だったか。」

サターニャ「えっ、じゃあ、その時に飲み込んだヴィネットの血液がガヴリールに魔力を与えたって訳?!」

ラフィエル「そういう事ですよ!」


ヴィーネ「確かに私は悪魔だから、私の血も悪魔の血だけど、でもまさか、それでガヴに魔力を使えるようになるなんて…」ズーン

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ガヴリール「魔力を持った天使?」
CRITEO