- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【鉄血のオルフェンズ×IS】ミカ「IS学園?」 part2

1名無しさん@おーぷん:2018/05/03(木)07:47:57 ID:ZFW()
【鉄血のオルフェンズ×IS】ミカ「IS学園?」の続きです

時系列は1期最終回と二期初めの1年間の空想の間です
三日月は阿頼耶識に繋げてないと片手片目が使えない状態からIS学園での生活が始まります
2名無しさん@おーぷん :2018/05/03(木)08:28:58 ID:ZFW()
~IS学園(寮)~


ピッピッピッ

ピッ

ジジジジジ ピー

ミカ「おっ、映った」

昭弘『おおっわぁ!? な、なんだこれは……?』

ミカ「アキヒロ? 何してんの?」

昭弘『な、何だ三日月か……』

ミカ「もしかして使い方分からなかった?」

昭弘『そ、そんなわけないだろ! 急でビビっちまっただけだ』

昭弘『それで何の用だ?』

ミカ「あっ、うん。オルガいる?」

昭弘『あー? オルガならまだパソコン? の画面にへばりついてるぞ』

ミカ「そう……」

昭弘『オルガに何か話があるのか?』

ミカ「うん」

昭弘『ならちょっと待ってろ。すぐに呼んでくる』ガタッ

ミカ「昭弘? ………行っちゃった」
3名無しさん@おーぷん :2018/05/05(土)18:45:50 ID:Mo1()
~数分後~

昭弘『わりぃ、またせちまったな。今から通信代わる』

オルガ『よぉ、久しぶりだな。ミカ』

ミカ「オルガ」

オルガ『それで、何の用なんだ?』

ミカ「お礼言っておこうかなって」

オルガ『お礼?』

ミカ「うん。バルバトスに阿頼耶識つけてくれたんでしょう?」

オルガ『あぁ! そのことか!』

ミカ「?」

オルガ『団員の為に団長の俺が……いや、俺達が動かねぇはずねぇよ』

ミカ「そっか」
4名無しさん@おーぷん :2018/05/12(土)09:34:39 ID:Tmv()

ミカ「でも無理しちゃダメだよ?」

オルガ『いや、こんくれぇのことぐらい。無茶でも何でもさせてくれ。ミカにはいっつも先陣切ってもらってんだ。寧ろお礼を言うのはこっちだ』

ミカ「気にしなくていいのに」

ミカ「あっ」

オルガ『何だ?』

ミカ「いや、何でもないよ」

オルガ『? 気になるじゃねぇか』

ミカ(農場……どうなってるかな。多分サクラちゃんがやっといてくれているのかな?)

ミカ「オルガ」

オルガ『あ?』

ミカ「地球って綺麗だね。ここからだと海っていうのが見える」

オルガ『………海?』

ミカ「何か青くて広くて水の地面みたいな……」

オルガ『……そっか』
5名無しさん@おーぷん :2018/05/12(土)09:40:12 ID:Tmv()

ミカ「あと、食べ物も凄いんだ。何かでっかい肉もあってねーーー」

オルガ(ミカ……やっぱりお前は進むべき道を間違えてた。いや、間違えさせたのは俺か)

オルガ(初めてだ。ミカがこんな風に興奮しながら喋ってるの。いつも殺風景な日常しか送ってなかったからか、物珍しいんだろうな。こういう平和で当たり前の平穏が)

オルガ(だからこそ……俺は……)

ミカ「オルガ? どうしたの」

オルガ『何でもねぇ。俺もそろそろ次の仕事が控えてんだ。通信切るぞ』

ミカ「うん。またね」

オルガ『あぁ。ミカもそっちで頑張れよ』

ミカ「うん」

ピッ

ブォン

ミカ「俺も頑張らないと……オルガの為に」
6名無しさん@おーぷん :2018/05/13(日)06:07:14 ID:FkL()

~数時間後~

箒「う~ん」zzz

箒「ん?」 パチッ

箒「ん~」ガサゴソ

箒「あれ? 三日月の奴どこいったんだ」 キョロキョロ

箒「おーい三日月?」

箒「…………」

箒「返事が返ってこないな。どこかに出掛けているのか? こんな朝早く? 授業もあるというのに」

箒「まぁその内出合うだろう。先に朝食でも済ませるか」
7名無しさん@おーぷん :2018/06/01(金)08:43:26 ID:B79
更新されるんだよな?
8名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)10:33:12 ID:X9R()
やっちまったなぁ……
他のまとめサイトから指摘されて気づいたけど
そういやセシリアってイギリス代表だったな
9名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)10:41:36 ID:X9R()

~食堂~

箒「ふぅ……」

箒(本当にどこに行ったんだ?) モグモグ

箒(部屋にいないと思えば、ここにも来てないようだし) ゴクン

箒(もうすぐ授業だって始まる) カチャ パクッ

箒(まぁ、教室であった時に聞けばいいか) モグモグ

箒(うん、そうしよう) ゴクン

箒「…………ん?」

セシリア「お隣……よろしいですか?」

箒「セシリア」

セシリア「ふぅ……」 ガタン

セシリア「あら?」

箒「どうした?」

セシリア「見かけませんわねぇ……今日はどちらに?」

箒「どちらに……ってここにいるだろ」

セシリア「貴方じゃありませんわ。三日月さんのことを聞いているんですの」

箒「あぁ、三日月なら私も見かけてないぞ」

セシリア「見かけてない? 貴方、同室のはずですよね………?」

箒「そうと言われてもなぁ……」
10名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)10:53:15 ID:X9R()

箒「本当に知らないんだ。私だって知りたいくらいにな」

セシリア「全く使えないですわね。貴方って人は……」

箒「なんだ? お前は私と喧嘩しに来たのか?」

セシリア「ご冗談を。貴方と喧嘩するくらいならISの操縦技術でも高める方が時間の有意義ですわ」

箒(何でこいつは朝から喧嘩腰なんだ……)

箒(それにしても……) チラッ

セシリア「?」 カチャ パクッ

箒(朝から随分濃いのを食べてるな……魚のムニエルか……)

箒(……見てるだけで吐き気がしそうだ)

箒(油が濃いなんてものじゃないぞ。何でこいつは平気で食えるんだ……?)

セシリア「どうしましたの? 先程から私の方を見て……」

箒「い、いや。なんでもない」

箒「セ、セシリアは朝から随分豪勢な食事だな」

セシリア「あら? 見た目だけですわよ。祖国の味にはかないませんわ」

箒「そ、そうか」

セシリア「そういう篠ノ之さんは……」

セシリア「…………はぁ?」

箒「何だ?」

セシリア「まぁ、その茶色のスープは知ってますわ。噂に聞くミソスープとかいうやつですわ」

セシリア「その隣はコメを使ったゴハンとかいうやつですわね。その近くに備えてあるのがタクアンですわ!」

箒「そ、そうだな。それがどうしたんだ?」

セシリア「その赤くて丸いのは何ですの?」

箒「えっ?」
11名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)11:06:28 ID:X9R()

セシリア「それですのよ。そのゴハンの上に乗っている赤いやつですわ」

箒「これか?」 ヒョイ

セシリア「そうですわ。変にふにゃふにゃしてて気持ち悪いですわね」

箒「そうか? 梅干しっていうんだけど……」

セシリア「ウメ……ボシ……? 星?」

箒「星じゃない。梅の実を塩漬けにして干したやつだ」

セシリア「ウメ……?」

箒「そこからなのか……」

箒「とりあえず気になるなら食べてみるか?」

セシリア「いいんですの? これでも私、日本食の味にはうるさいですわよ?」

箒「まぁ、水は用意してやる。百聞は一見にしかずだ。ほら」 グイ

セシリア「何故、水を……?」

セシリア「まぁいいでしょう。それでは、いただきますわ」 パクッ
12名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)12:25:42 ID:X9R()

セシリア「あら、以外に歯ごたえが……」 モグモグ

セシリア「!?」

セシリア「ひゃ……」

箒「ひゃ?」

セシリア「ひゃぁぁぁぁ!!」 ガタッ

セシリア「な、なんですのこれは!?」 ゲホッ ゲホッ

セシリア「辛い……? いえ、酸っぱいですわ!」

箒「だろうな。ほら、水だ」 スッ

セシリア「ーーー!!」 ゴクゴク

セシリア「っ……」 プハァ

セシリア「だろうな……じゃありませんわ!! 何ですの!? この食べ物!!」

箒「梅干しだ」

セシリア「そういうことを聞いているんじゃありません!!」

セシリア「どう考えても人の口にするものじゃないと言っているんです!!」

セシリア「大体こんな不味いものを人に進める神経がーーー」 ガミガミ

箒(メシマズ国出身に味のことを言われたくないな)

箒(やっぱりイギリスの味に慣れたら日本食が不味くなるとかあるのか? あるいは単に梅干しが口に合わなかっただけか……)

箒(火星で生まれ育った三日月が美味そうに食ってたんだけどなぁ……)

セシリア「ちょっと聞いてます!?」

箒「三日月が美味そうに食ってたんだけどなぁ……」ボソッ

セシリア「えっ?」

箒「ん?」
13名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)12:31:32 ID:X9R()

セシリア「い、今なんとおっしゃいました?」

箒「な、何だ急に? 何も言ってないぞ」

セシリア「確かに三日月さんの名前が……」

箒「あぁ、三日月もお前と同じこと聞いてきたからな」

箒「食わせてやったんだ。そしたら美味いと言って……」

セシリア「み、三日月さんが先程のアレを……」 ゴクリ

箒(まぁ、食わせたのは沢庵だけどな)

セシリア「凄いですわ。やはり三日月さんは凄いですわ!」

セシリア「こんな不味いものが食べられるなんて!」

箒「不味いかはどうかはさておき、梅干しは健康にもいいからな」

セシリア「そうと決まれば私も早速その梅干しやらを食べて三日月さんと一緒に……!」

箒(何を一緒?)
14名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)12:34:57 ID:X9R()

箒「まぁ自由に妄想を膨らますのは自由だが、そろそろ時間だぞ。早く食べておけよ」

セシリア「はっ!?」

箒「じゃ、先行くからな」 ガタッ

箒「セシリアも遅れるなよ」 カチャカチャ スタスタ

セシリア「ちょ! ちょっと待ってくださいまし~!!」
15名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)12:37:52 ID:X9R()

箒「まぁ自由に妄想を膨らますのは自由だが、そろそろ時間だぞ。早く食べておけよ」 ✕

箒「まぁ妄想を膨らますのは自由だが、そろそろ時間だぞ。早く食べておけよ」 〇


やっちまったなぁ……
しょーもな。つまんねぇミスが多すぎるんじゃこのクソボケカスゥ!
16名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)02:32:34 ID:1xs
読んでるよ
17名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:25:21 ID:n3n()
読んでるよ報告ウレシイ……ウレシイ……
18名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:26:03 ID:n3n()
~教室~

箒(そろそろ授業が始まる時間だな……)

箒「本当にどこ行ったんだ? アイツ……」

キーンコーンカーンコーン

千冬「起立ッ!」

生徒達「はいっ!」

千冬「礼ッ!」

バッ

千冬「よし、座っていいぞ」

生徒A「見て~今日の千冬様も素敵だわ」 ヒソヒソ

生徒B「えぇ。今日は一段にもまして美しく見えるわ」 ヒソヒソ

生徒C「ね~」 ヒソヒソ

千冬「そこッ! 静かにしないか!!」

生徒ABC「はぁ~い」

千冬「これより各出席を確認する。山田先生」

山田「はい! それでは名前を呼んでいくので元気よく挨拶してください!」ニコッ

山田「それでは────」
19名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:26:35 ID:n3n()
箒「………」

箒(結局HRになっても来なかったな)

セシリア(あら? 三日月さんの席が空席に……)

山田「────さん」

箒(風邪か? いや初めから部屋に居なかったし……)

山田「────のさん!」

箒(だとしたら何だ?)

山田「────ののさん!」

箒(うむ……見当もつかん)

箒(HRが終わったら少し探して───)

千冬「篠ノ之!!!」

箒「は、はいっ!」 ビクッ

千冬「──」 クイッ

箒「あっ……」
20名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:27:15 ID:n3n()
山田「何で先生を無視するんですかぁ~篠ノ之さん………」 シクシク

箒「いや、あの、それは………」

ジロジロ……ジロジロ

箒(うっ……視線が痛い……)

山田「うぅ……ひっぐ………うぇぇぇん」 シクシク

箒「も、申し訳ありませんでした……」

山田「い、いえ。篠ノ之さんは何も悪くないです……わだしがわるいんですよぉ……やっぱり篠ノ之さんもわだしみたいなのが副担任じゃやる気もおぎないですよね……」 シクシク

箒「い、いえ。そういう訳では……わ、私は好きですよ! 先生のこと!」

山田「……ふぇ?」

箒「そ、そういうことですから……泣き止んで下さい」

山田「あ、あの……今好きって……」

千冬「山田先生。進まないので早く次に」

山田「は、はい! えへへ……えへへへ」
21名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:28:23 ID:n3n()

箒(な、何とか乗り切ったー! というかこんなメンタル弱い人だったかこの人?)

山田「そ、それでは気を取り直して────」
22名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:28:55 ID:n3n()
~数分後~

山田「三日月・オーガス君」

シーン………

山田「あ、あれ? オーガスくーん……」

シ~ン…………

山田「…………や」

生徒達(や?)

山田「やっばり嫌われでいるんだぁぁぁ~!!!」シクシク

生徒達(えぇぇぇぇぇー!!?)

山田「わだしなんがじゃ駄目なんだ~~!!」シクシク

千冬「……………」ハァ
23名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:29:47 ID:n3n()
箒(や、やばいぞ、三日月の奴。千冬さんのあの表情……明らかに皺を寄せている! このままでは千冬さんの……)

セシリア(み、三日月さんはどうしましたの!? あの織斑先生の顔……絶対に怒っていますわ! このままでは織斑先生の……)

箒、セシリア(怒りのボルテージが……!!?)

山田「わだしなんがぁ~~!!!」

千冬「とりあえず落ち着いて下さい、山田先生。三日月・オーガスは今────」

ミカ「呼んだ?」ヒョコ

千冬「────!」ビクッ

千冬「………来たのならさっさと席に付け。三日月」ハァ…

ミカ「? 分かった」 スタスタ ガタン
24名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:30:26 ID:n3n()
千冬「よし、席に付いたか。山田先生、出席の確認を続けて下さい」

山田「は、はいぃ……」シクシク

ミカ(……何でマヤちゃんあんなに泣いているんだ……?)

山田「そ、それでは続けます……み、三日月・オーガス君………」

ミカ「? ハイ」

山田「────」パァァァ

箒(眩しい。笑顔が眩しいです先生)

山田「つ、次に○○さん────」
25名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:31:19 ID:n3n()
箒「なぁ。何で遅刻なんてしたんだ? 三日月にしては珍しいじゃないか」 ヒソヒソ

ミカ「箒? 何?」

箒「いや、だから遅刻……」

ミカ「あ……そっか。ちゃいむってのが鳴るまでには、ここに入ってなければいけないんだっけ」

箒「そうだが、その理由は何なんだ? 今朝も部屋から突然居なくなったかと思えば、食堂にもいなかったし……」

ミカ「あ~部屋を変えられて……」

箒「部屋を変えられただと!!?」

生徒達「っ!?」 ビクッ

箒「あっ……」

千冬「篠ノ之……また貴様か」

箒「あっ……いや……ちが……」

千冬「いいか篠ノ之。私も無意味に生徒を痛みつける趣味はないのでな…………次は無いぞ」クイッ

箒「は、はい!」

箒(や、やばかった……寿命が早まるとこだった……) ガクブル

箒「そ、それで何で部屋を変えられたんだ?」ヒソヒソ

ミカ「それが、てんこうせい……っていうのが、来るらしくて」

箒「転校生? それが部屋替えと何の意味が………」
26名無しさん@おーぷん :2018/09/15(土)11:31:56 ID:n3n()
千冬「よし、これにてHRは終了する。最後に一つ報告がある」

千冬「入ってこい。デュノア」

シャル「はい!」

千冬「えー紹介する。本日IS学園に転校してきた二人目の男性IS適合者」

シャル「シャルル・デュノアです。皆さん宜しくお願いします」ニコッ
27名無しさん@おーぷん :2018/09/17(月)21:06:39 ID:ZyJ
読んでます
28名無しさん@おーぷん :2018/09/20(木)17:11:11 ID:bd0
続き期待!!
29名無しさん@おーぷん :2018/10/03(水)22:56:52 ID:6q8
止まるんじゃねぇぞ...

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【鉄血のオルフェンズ×IS】ミカ「IS学園?」 part2
CRITEO