- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示

【謎解き・怖い話】ワタシカクレンボ

2名無しさん@おーぷん :2017/08/29(火)10:16:15 ID:qfM()
こんな話を聞いた。

ひとりかくれんぼは降霊術の一種で、死んだものを呼び出すことができると。

2:00――

私は黒くて少しごわついた1本の髪の毛を見つめている。
これは私の髪の毛ではない。

死んだ彼氏の髪の毛だ。

私は髪の毛を見つめながら思う…もう一度彼に会いたいと。


私は髪の毛をそっと、どこかにいってしまわないように慎重にテーブルの中央に置いた。

テーブルの上には、私が彼に買ってもらったプーさんのぬいぐるみが置いてある。

私はプーさんを左手にとり、右手でテーブルに置いてあったカッターナイフをつかむ。

わたしは腹部に思い切りカッターナイフを突き刺し、完全に開くために2往復ほどナイフをグリグリッと上下に動かし、中身をためらうことなくむしりだすように外に出す。

綿を出し終えた後、手順をもう一度確認するためにメモを見直し思う…もう後には引けないと。


――ひとりかくれんぼの準備

1.夜中の3時までにこれらを準備しておく
2.ぬいぐるみの綿をすべて取り除く
3.ぬいぐるみに米を詰める
4.自分の爪を切り、そのひとかけらを入れたあと赤い糸で縫う(肉や血、髪の毛などもこのときに入れる)
5.縫い終わったらそのまま赤い糸をぬいぐるみに巻きつけ、ある程度いったらくくる
6.ぬいぐるみに名前をつける


私はメモを確認し終えると、抜き取った綿の代わりにプーさんに米を詰めた。

そして、米の中に彼の髪の毛をねじ込む。
その様は、なんだか無理やり米の中に髪の毛を押し込むようで、死んでしまった彼をもう一度殺しているような気がして抵抗があったが、そんなことは言ってられない。

もう一度彼に会いたい。

私は髪の毛を埋めると、赤い糸でプーさんの腹部にできた切り口を縫い、残った糸はプーさんにぐるぐる巻きにして最後に丁寧に結んだ。

意外とこの作業には苦戦してしまい、だいぶ時間を要してしまった。

わたしは3時までの時間を確認し、ぐるぐる巻きになったプーさんを見て思う、なんだか…きつそう。

そんなことを思いながらもまだ準備は残っている。三時までにはすべての準備を終えなくてはならない。
このレスの続きを表示(5件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【謎解き・怖い話】ワタシカクレンボ
CRITEO