- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

【艦これSS】提督「赤城のワガママ」

1名無しさん@おーぷん:2016/01/27(水)00:12:30 ID:3Qs()
立て直し。
こっちが正解だよ。
951名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:26:42 ID:AUg

明石「それがですね、提督にお伝えしなければならない事案が三つ程ありまして…」

提督「じゃあ良い方から」

明石「ないんだな、これが」

提督「マジかよ…すんごい聞きたくないんだけど」

明石「まぁ、提督は聞く以外に選択肢が無いので手短に伝えますね」

提督「それ、俺が今鉄の棺桶に乗ってる事と関係あるやつ?」

明石「そんなところです」

明石「ところで私の手元に赤い大きなボタンがあるんですが」

提督「なにそれ」

明石「押したら死ぬやつ」

提督「誰が?」

明石「鉄の棺桶がリアル棺桶になるって事ですよ」

提督「押すなよ?絶っっ体押すなよ?」

明石「あ、手が滑った」

提督「」

明石「嘘ですよw」

提督「明石お前分かってんのかお前」

明石「鉄の棺桶とか言うからですー」

提督「だってあながち嘘でもないんだもん」

明石「確かに」
952名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:27:30 ID:AUg

提督「…まじ?」

明石「大丈夫に決まってんでしょ、誰が作ったと思ってるんですか…」

提督「だよね」

明石「それでですね…えぇと、何だったかな…」ウーン

明石「……あ、そうだそうだ、あのですね」

提督「うん」

明石「長門さんの件、嫁さん二人にバレました」

提督「………は?」

明石「ついでに、川内ちゃんにラムネの件がバレました」

提督「ラムネ?」

明石「深海棲艦ぽくなるアレですよ」

提督「…どこまでバレたの?」

明石「提督が飲んで死にかけたところまでです」

提督「全部じゃねぇか」

明石「最初は頑張って黙秘を決め込むつもりだったんですよ?」

提督「なら最後まで決め込めよ」

明石「いやいやいや」

明石「あの二人、提督が絡むとエッグいんですからね」

提督「そうなの?」

明石「事を知らない分尚更でしたよ…」

提督「俺だって嬉しいやら悲しいやらだよ」

提督「帰ったら三人から説教じゃねぇか」
953名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:28:10 ID:AUg

明石「部下に説教される提督w」

提督「」

明石「正座でw」

提督「こ、この場合嫁だから!極々ありきたりな夫婦の光景でしかないから!」

明石「川内ちゃん」

提督「」

提督「川内ともケッコンするかな」

明石「そんな理由でケッコンしてたら済ませてる側とそうじゃない側がタダでは済ませませんよ?」

提督「川内…もうちょっと待ってね」

明石「んで、最後の件なんですけど」

提督「もうここまでくれば何が出ても驚かないよね」

明石「そですか?じゃあ伝えますね」

明石「現在、提督の進路方向で小規模な戦闘が行われています」

提督「それ、最優先で伝えるべきだったよね」

明石「いやぁ、軽いのから行こうかなって」テヘペロ

提督「先の二つなんかもう事が起こって終わってるんだよね」

提督「後は俺が怒られるだけ、みたいな」
954名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:28:58 ID:AUg

明石「反省の色無し、と…」

提督「おっきめのブーメランですね」

明石「何の事やら」

提督「そこまでシラを切れるのもある意味才能だよね」

明石「天才ですから」ドヤァ

提督「んで、戦闘って…長門?」

明石「残念ながら長門さんではないんですね」

提督「え、違うの?」

明石「ええ、ですが急いだ方がいいかもしれませんね」

提督「あぁ、俺分かっちゃった」

明石「でしょうね、一応答え合わせしときます?」

提督「そうだね、じゃあ…せーの」

明石「陸奥さん」提督「むっちゃん」

明石「ご名答」

提督「やっぱり…状況は?」

明石「えーと、分かる範囲になっちゃいますが…」

明石「深海棲艦が多数と陸奥さんが確認できてます」

明石「敵の編成、ル級三隻…ですね」

提督「それむっちゃん大丈夫なの?」

明石「んで、陸奥さんなんですが……」
955名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:29:40 ID:AUg



明石「大破してます、これちょっとやばいですねぇ」


提督「やばいですねぇ、じゃねぇよ!」

明石「まま、そんなこんなで見えてくる頃ですよ」

提督「えーと…?あ、アレだ」

明石「戦闘自体は終わってるみたいですね」

提督「不吉な事言うなよ!むっちゃんは…まだ無事だ!」

明石「でも満身創痍ですよ」

提督「急がないと…生殺与奪の権利はあっちにあるみたいだからね」

明石「トドメを刺す最後の時間を楽しんでるんですかね」

提督「何処までも悪党な思考だな」

明石「王道じゃないですか」

提督「そうだけどもさ、直面すると改めて悪どいなと」

明石「でもまぁ、王道なのはむこうだけじゃありませんから」

提督「どゆこと?」

明石「王道にピンチなヒロインと、王道に悪党な悪党」

提督「はい」

明石「そこに颯爽と現れる王道な正義のヒーロー」

提督「はい」

明石「カッコいいじゃないですか」
956名無しさん@おーぷん :2017/05/16(火)22:30:11 ID:AUg

提督「ちょっくら助けてくるわ」

明石「正義のヒーロー感ゼロですね」

提督「形に拘ってる余裕ないでしょ」

明石「ですね、そろそろ射程圏内だけど」

明石「どうしましょう、プランはありますか?」

提督「それ思ったんだけどさ」

提督「烈風に搭載されてる武器って、これ使ったらむっちゃんもヤバくない?」

明石「まぁ被弾は否めないかと」

提督「かと、じゃねぇよ」

明石「この烈風は眼前の敵のみを残さず八つ裂きにし尽くす仕様ですから」

明石「敵味方入り乱れて、みたいなケースには向いてないんですよね」

提督「使えねぇな」

明石「ここに赤いボタンが」スッ

提督「嘘ですすいませんでした」

明石「んで、どうします?」

提督「仕方ないね、ならーーーー」

明石「えっ、マジで言ってんですか?」


ーー

957名無しさん@おーぷん :2017/05/24(水)23:20:26 ID:ynQ
見てます!
頑張らなくていいので頑張ってください
958名無しさん@おーぷん :2017/05/25(木)07:22:11 ID:8l5
祝長門改二実装!
こっそり応援してます!
959名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:35:38 ID:chR


ー海上ー


陸奥「くっ…」タイハ

ル級A「サテ、ドウヤッテ殺ソウカ」

ル級B「デキルダケ苦痛ヲ与エテルンダ」

ル級C「手足ヲモギ取ッテヤルカ」

陸奥「畜生、こんな奴らに…」ギリッ

ル級A「フフフ、悔シイカ?」ガッ

陸奥「は、離しなさい!」カミツカマレ

ル級B「ホラドウシタ、抵抗シテミロ」ケラケラ

ル級C「最早ソンナ力も残ッテナインダロウ?」ケラケラ

陸奥「畜生、畜生っ!」ボロボロ

ル級A「アハハハ!コイツ泣キダシタゾ!」

ル級B「土下座シテ許シヲ乞エバ見逃シテヤランデモナイガ?」カオチカヅケ

陸奥「誰がお前らの許しなんか!」ペッ


ベチャ
960名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:36:18 ID:chR


ル級B「ア?ナンダコイツ」カチン

ル級A「自分ノ立場モ分カラナイラシイ」

ル級C「モウイイ、沈メヨウ」ジャキン

陸奥「………」


陸奥(ごめんなさい、提督)


ル級A「ドウスルヨ?」


陸奥(私は結局何もできないまま、貴方や艦隊に迷惑をかけただけだったけど…)


陸奥(…もう、ここまでみたい)


ル級B「放リ投ゲロ、撃チ抜イテヤル」


陸奥(だけど、せめて長門だけでも助けてあげて)


ル級C「私モヤル、的当テダ」
961名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:36:54 ID:chR


陸奥(…提督……私、私ね)


ル級A「イクゾ、一発デ仕留メロヨ」


陸奥(勝てないって、本当は知ってたんだけど、一番にはなれないって、分かってたんだけど)


ル級B「イツデモイイゾ」


陸奥(それでも…貴方の事、諦められなかったの)


ル級「私モダ、イツデモ来イ」


陸奥(ねぇ知ってた?貴方ね、戦艦組で私だけ)


陸奥(あだ名で呼んでくれてたでしょ?)


陸奥(貴方にとっては気にも止めない様な事かもしれないけど)


陸奥(私、すっごく嬉しかったんだから)
962名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:37:29 ID:chR



ル級A「イクゾォオ!!」ググッ


陸奥「最後にもう一度だけ」ボソ





「むっちゃんって、呼ばれたかった…なんてーーーー」
963名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:38:00 ID:chR





ーーーーーチャン






「……え?」






ヒュウウウウウ…
964名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:38:22 ID:chR





『むっっっっちゃーーーーーん!!!!!』






ヒュウウウウウ……バッシャーーーン!!



ーー

965名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:38:54 ID:chR



陸奥「………」

ル級A「オイ、ナンダイマノ」

ル級B「ナニカ落チテキタゾ」

ル級C「人型ダッタ、援軍カ?」

陸奥「……今のって」ウル

ル級A「フン、タッタ一人デ援軍モ糞モアルカ」

ル級B「コイツト纏メテ始末スルダケ」

ル級C「サァ上ガッテコイ…」

陸奥「ふふ、まさか本当に呼ばれるなんて」クス

ル級A「ナンダ、コイツ笑ッテルゾ」

ル級B「単騎ノ援軍ナドデ状況ハ覆ラントイウノニ」

ル級C「気デモ狂ッタンジャナイノカ?」


陸奥「どうしようかしら…」ポロ

陸奥「幸運過ぎて、自分が怖いわ…」ポロポロ



「…ねぇ、提督?」ニコ



ブクブクブク…バシャッ



ーー

966名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:40:34 ID:chR




「ぶはっ!!は、話が違うじゃねぇか!」ゼェゼェ


『だから!そんな高さから飛び降りても機能しないって言ったじゃないですか!』


「ある程度なら行けるって言ったくせに…」


『そうですある程度なら、です!あれはある程度じゃない!』


「なんなのもう、カッコよく登場しようと思ったのに…めっちゃカッコ悪いやん」


『知りませんよもう…ほら、さっさと助ける』


「それは勿論の事なんだけど…」


『はい?』


「多分大丈夫だとは思うんだけどさ」


『はい』


「もしもん時はーーー」


『……ーーーだけですからね』



「分かってるよ」
967名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:41:16 ID:chR



提督「さて、と」チラ

ル級's「………」

陸奥「………」

提督「お前らだよな、むっちゃんをこんなにしたの」

ル級A「ダッタラドウスル?」

ル級B「敵ノ大将ガオ出マシトハ…」

ル級C「コイツヲ殺セバ大手柄ダ」

提督「………」

陸奥「提督…?」

ル級A「恐怖デ声モ出ナイカ」ケラケラ

ル級B「ナニ、スグ楽ニシテヤーーー」

提督「………」スッ
968名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:41:46 ID:chR



ドン


ル級C「…ア?」

ル級B「………」


フラッ…バシャァン


ル級A「ナ…首ガ…」

ル級C「キサマァ!!」

提督「………」ジャコン


ドン


ル級C「ェ……?」

ル級A「オ前…腹ニ…」

ル級A「穴、開イテ…」

ル級C「ガ…ハッ、ウブッ」ドロォ

提督「………」ジャコン


ドン ジャコン

ドン ジャコン

ドン


ル級C「ーー、ーーーッ」


バシャン
969名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:43:50 ID:chR


ル級A「ァ……アァ…」

提督「………」スッ


ジャコン


ル級A「…ミ、見逃シテクレ」ガクガク

提督「………」

ル級A「コイツノ事ハ謝ル…ダカラ、命ダケハ…」

提督「………」

ル級A「頼ム…コノ通リダ」ドゲザ

提督「………」スタスタ


コツッ


ル級A「エッ?」




ドン




ーー

970名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:44:21 ID:chR


陸奥「………」

提督「むっちゃん?」

陸奥「………」

提督「大丈夫?」

陸奥「提、督…?」ボー

提督「そだよ」

陸奥「…あの、アレは?」

提督「どれ?」

陸奥「戦艦ル級が、三隻……ぇ?」

提督「ん?」

陸奥「提督…なの?」

提督「うん」

陸奥「本当に?」

提督「本当に」

陸奥「でも、あんな提督…見たことない、わ」

提督「あー、うん…ごめんね」

陸奥「無表情で、深海棲艦を…散弾銃で…」

提督「いやまぁ…うん」

陸奥「………」
971名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:45:10 ID:chR

陸奥「…でも、助けてくれたのよね」

提督「うん」

陸奥「名前、呼んでくれたのよね」

提督「うん」

陸奥「もう一度、呼んでくれない?」

提督「…むっちゃん?」

陸奥「………」

陸奥「………」ウル

提督「え、と…むっちゃん、大丈夫?」オロ

陸奥「…腕」ボソ

提督「ん?」

陸奥「腕…広げて?」

提督「…はい」


ガバッ
972名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:45:37 ID:chR


陸奥「………」ギュッ

提督「………」

陸奥「………」ギュウゥ

提督「…もう、大丈夫だからね」ナデ

陸奥「…そんなの、分かってるわよ」

提督「そすか」

陸奥「……提督」

提督「ん?」

陸奥「……ごめんなさい」

提督「ん」

陸奥「…それと」



陸奥「来てくれて、ありがとう」



ーーー
ーー

973名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:46:23 ID:chR



明石『あ、終わったようでーーうわぁ!?』

提督「どしたの」

明石『何でそんな血塗れなんですか!?』

提督「………」

提督「じ、実は一発貰っちまって…」グフッ

明石『嘘乙』

提督「なんでだよ」

明石『んー…なんとなく、ですかね』

提督「さいですか」

明石『んで、陸奥さんは?』

陸奥「いるわよ」

明石『えーと、動けます?』

陸奥「動けなくもないけど…」

明石『まぁ仕方ないですよね、では…』


ブゥーーーン!ポイッ


バサッ…
974名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:47:00 ID:chR


提督「あれ何?」

明石『応急修理女神です』

提督「なるほど」

陸奥「助かるわ」

提督「てかそれ無人でも飛べるのかよ」

明石『できないとか言いましたっけ?』

提督「言ってないね」

明石『それでもやっぱり細かな操縦なんかはできませんから』

明石『戦闘になると、有人飛行には敵いませんけどね』

提督「へぇ」

陸奥「…提督」

提督「ん?」

陸奥「横槍入れて悪いんだけど、長門が何処にいるのか知ってる?」

提督「あ、そういや」

提督「明石、分かった?」

明石『あ、そうでした…えーとですねぇ』

明石『探索に出してた烈風なんですけど』

提督「見つけたの?」

明石『いえ、誰かさんからキレ気味にクレームをいただいたので…』

提督「うぐ」グサ

明石『航行距離はあれ以上延ばせませんが、更に詳細に探索できるよう改良しました』

提督「…どの位詳細なの?」

明石『んー、そうですねぇ』
975名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:48:29 ID:chR

明石『例えば、長門さんが指先を少し切ってしまいました。血が一滴地面に落ちますね』

提督「はい」

明石『はい、見つけました』

提督「はい?」

明石『今のはものの例えですが』

明石『詰まる所、長門さんから生成される体液や毛髪なんかレベルで見つけ出します』

提督「すごいのか何なのか」

明石『すごいんだよ』

明石『んで、今しがた長門さんがいるであろう島を発見しました』

提督「まじ?」

陸奥「ほんと?」

明石『はい、どうやらその島に廃墟がありますね…そこで長門さんの血液を発見しました』

提督「血液…?」

陸奥「大丈夫なの!?」

明石『えっと、血液は大袈裟でした』

明石『窓からお邪魔したみたいで、その時に割れたガラスで少し切っただけみたいですよ』

提督「そっかぁ」ホッ

陸奥「よかった」ホッ

明石『ただですねぇ…』

提督「なんかあんの?」
976名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:49:04 ID:chR

明石『んー…いや、その…』

提督「……?」

陸奥「……?」

明石『あー、なんか電波がーー』


ブツッ


提督「……は?」

陸奥「なんだったの?」

提督「いや、俺にもわかんなーーー」

明石『いいですか?陸奥さんに悟られないで下さい』

提督「いんだけど…」

陸奥「もう一度通信してみたら?」

明石『とりあえず伝えたい事だけ言うので、返事はいりません、いいですね』

提督「そうだね、少し待って試してみようか」

明石『まず、長門さんが今いる地点なんですが、ここからそんなに遠くありません』

陸奥「そうね」

明石『そして、もうひとつ』

明石『長門さんがお邪魔した廃墟なんですが……』

提督「んー、電波が復帰したら明石から再度ありそうなんだけど…」
977名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:49:58 ID:chR



明石『そこ、加賀さんが言っていた研究所の跡地です』



提督「なんだと!?」

陸奥「きゃぁ!?」ビクッ

明石『ちょっと!』

陸奥「どうしたのよ!」

提督「あ、いや…なんでもない」

明石『気持ちは分かんなくもないですが、反応しないで下さいよ…』

陸奥「何でもなくないでしょ、ちょっと…」ズイ

提督「あっ、ちょ」

陸奥「これね、こっそり通信してたんでしょ!」

陸奥「…明石さん?」

明石『…はい』

陸奥「提督と何を話してたの?」

明石『えー…と、今日の晩御飯の献立を…』

陸奥「晩御飯の献立になりたいのかしら?」

明石『何それ怖い』
978名無しさん@おーぷん :2017/05/30(火)21:51:01 ID:chR

陸奥「何の話をしてたの?」

明石『だからですねぇ…』

提督(おい明石……)モウカタホウデキイテル

明石『……陸奥さんをどうするか、ですかね?』

陸奥「私を?」

明石『そです、陸奥さんを鎮守府に戻すか、そのまま長門さんの捜索に同行させるか』

陸奥「……ふぅん」

明石『だから陸奥さんには聞かせられなかったんです』

陸奥「そういう事ね」

明石『ま、もうバレちゃったんですが』

提督「むっちゃん、どうする?」

陸奥「そんなの決まってるでしょ」

提督「だよね」

明石『じゃ、提督は烈風に乗り込んで下さい』

提督「はいよ」

明石『陸奥さんは付いてきてくださいねぇ』

陸奥「低速で頼むわよ」

明石『…では、向かいましょうか』


明石『長門さんの元へ』


ーー

979名無しさん@おーぷん :2017/06/02(金)07:42:15 ID:jcn
乙です
980名無しさん@おーぷん :2017/06/28(水)22:14:00 ID:fkE
ゆっくりでええんやで 無理せんとい
981名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)19:41:52 ID:wBP
近日再開します、待っててくれてる人本当にすまんせん
982名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)15:58:55 ID:0ku


ー???ー


長門「くっ……」ググッ

??「サァテ、イツマデモツカナァ?」ウマノリ

長門「馬鹿に、するなっ!」グイッ

??「チッ、馬鹿力ガ」ググッ

長門「てぇいっ!」ブンッ

??「ナッ!?」

長門「今のうちに!」スタッ


タッタッタッ…


??「フン、逃ゲタカ…」

??「マァイイ、捕マルノモ時間ノ問題ダ」


ーー

983名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)15:59:39 ID:0ku


ー施設内・地下ー


長門「くっ、これは…」

長門「瓦礫で出口が…さっきの地震のせいか…?」

長門「何にしても早くここから脱出せねば…奴に追い付かれてしまう」

長門「………」

長門「…居場所を知らせる様なものだが、致し方あるまい」ギソウテンカイ

長門「どうせここまでは一本道だし…な!!」ドゴォオン!


モクモク…


長門「やったか……いや」

長門「扉の奥まで塞がっていたのか」

長門「来た道を戻るのは無理みたいだな…」

長門「………」ウーン

長門「……そうだ」クルッ


スタスタスタ……コンコン

スタスタ…コンコン


長門「ふむ、ここだな」

長門「ビッグセブンの力、侮るなよ!!」


ドゴォオン!!


モクモク…


長門「どうだ…?」
984名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:00:10 ID:0ku


長門「……よし、壁の向こう側は通路だった、が…」

長門「何処に繋がっているかは分からんのは少し不安だな」

長門「………」


バキィ!ガシャアン!


??「何処へ逃ゲタァ!」



長門「…ここに留まるよりはずっと良いみたいだな」


タッタッタッ…


ーー



??「……ホォ」ニヤ

??「壁ヲブチ抜イテ逃ゲタカ」

??「コノ先ハ確カ……フフ、悪運ノ強イ奴メ」

??「サァ見セテ貰ウゾ、戦艦長門」ニヤッ



ーーー
ーー

985名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:01:13 ID:0ku



ー空母寮・一航戦の部屋ー



赤城「ーーーという事になっているの」

加賀「それで私達は、提督を含めた三人を救出に向かわなければならないわ」

瑞鶴「提督さんったら…」タメイキ

翔鶴「独断、ですか…」

飛龍「…そんな」

蒼龍「………」

赤城「勿論これは強制ではないから、無理に着いてくる必要はないわ」

瑞鶴「決まってるでしょ、行くわよ」

翔鶴「私も行きます」

飛龍「そうだね、行かなきゃ」

蒼龍「………」

加賀「蒼龍はどうするの」

蒼龍「…勿論、行きます」

加賀「歯切れが悪いわね」

赤城「言い出しづらいかもしれないけど、本当に強制ではないから…」

蒼龍「そうじゃないんです、ただ…」

蒼龍「…行くのが怖いんです」カタカタ

飛龍「蒼龍…」

加賀「何故?」

蒼龍「だって、提督が出て行ってもうどれ位経ってるんですか…?」

赤城「それは…」
986名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:01:56 ID:0ku

蒼龍「提督に限って、そんな事無いのは私も分かってます…でも」

蒼龍「もし…私達が駆け付けた時…提督が…」

蒼龍「私、そんなの…耐えられません」ムナモトオサエ

加賀「例え蒼龍の言う事態になっていようと私はーー」

蒼龍「加賀さんは、良いですよね…」

加賀「…どういう事?」

蒼龍「ずっと提督を独り占めして、結婚もさせて貰って」

蒼龍「そりゃあ、信用できますよね」

飛龍「ちょ、蒼龍っ」アセ

加賀「その言い方だと、貴女は提督を信用できない…と言いたいのかしら?」

蒼龍「違う…ただ、ただ…私は」

蒼龍「私だって、もっと提督と話したかったのに…もっと近くにいたかったのに…」スゥ

飛龍「駄目だって!蒼龍!」

蒼龍「駄目な事ないよ、飛龍」

蒼龍「提督はこんな私でも大丈夫だって」

蒼龍「言ってくれたもん」フフフ

飛龍「違う!提督はそんなつもりでーー」

加賀「言いたい事はそれだけかしら」

蒼龍「…それだけ?」キッ

加賀「そうよ」

赤城「加賀さん、これ以上はーー」

加賀「余程大層な理由があるのかと思って聞いておけば」

加賀「蒼龍のそれはただの我儘ではなくて?」

蒼龍「……っ」キッ
987名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:02:22 ID:0ku

加賀「一つだけ言っておくけれど」

加賀「これは飛龍、五航戦も聞いておきなさい」

加賀「提督はよく運命と言う言葉を口にされますが」

加賀「その言葉に甘えて、運命だけであの人の隣に並べるなんて、舐めた考えは捨てる事ね」ゴゴゴ

蒼龍「………」クッ

飛龍「………」ゴクリ

瑞鶴「………」フン

翔鶴「………」アワワ

赤城「………」ソンナ…



加賀「…何故赤城さんまで驚いているの?」

赤城「…えっ、あぁ…そ、そうね」アハハ

加賀「少し話が逸れたわね…」

加賀「救出に向かう者だけ、明石さんの所に来なさい」スタスタ

赤城「…本当に無理はしなくていいから、ね?」スタスタ

瑞鶴「だから行くっての」スタスタ

翔鶴「あっ、瑞鶴!」スタタ
988名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:03:07 ID:0ku



飛龍「…蒼龍」

蒼龍「………」

飛龍「…私、行くよ?」

蒼龍「………」

飛龍「そりゃあ、蒼龍の言ってる事も分かるよ、だけど…」

飛龍「私達の首に掛かってる『これ』は」キラッ

飛龍「仮に一航戦の二人に劣っていたとしても」

飛龍「私と蒼龍の努力の証だって」

飛龍「それが、その想いが提督に伝わった結果だって」

飛龍「私は、そう思ってるから」ギュッ

蒼龍「………」
989名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:03:31 ID:0ku

飛龍「だから、私は行く」

飛龍「二度も私達を受け入れてくれたあの人に」

飛龍「私はどこまでも付いてく」

飛龍「それが、どんな結果に繋がったとしても、ね」

飛龍「それに、私ね」

飛龍「あの人が本当に私達の前から居なくなったりしないの、知ってるから」

蒼龍「………」

飛龍「だから、一緒に行こ?」

蒼龍「……飛龍」

飛龍「ここに来る前も、来た後も」

飛龍「あの人を好きになる時も、それを伝えた時も」

飛龍「いつも、一緒だったじゃない」ニコ

蒼龍「……っ」グスッ

飛龍「だから、ね?」テヲサシノベ

蒼龍「……うん、うんっ」ギュッ

飛龍「さ、急がなきゃ!」

蒼龍「そう、だね…」ゴシ


ーー

990名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:04:23 ID:0ku


ー明石ラボー


明石「おっ、来ましたね」

赤城「はい、全員ではないですが…」

明石「あら?二航戦の二人は留守番ですか?」

赤城「飛龍は遅れて来るかと思いますが…」

明石「蒼龍さんは来ない、と」

赤城「強制ではありませんしね…」

加賀「蒼龍は来るわ」

赤城「えっ?」

瑞鶴「私も来ると思う」

赤城「でもさっきは…」

翔鶴「それもきっと、提督を想っての事ですから」

明石「あの娘、ちょっと難しい所ありますからねぇ」


ウィーン


飛龍「遅れました!」

蒼龍「………」

明石「お、噂をすれば」

飛龍「噂ですか?」

明石「そそ、二人は来るのかなーって」

飛龍「あー、成程…」

蒼龍「あの、加賀さん…」

加賀「何?」
991名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:04:51 ID:0ku

蒼龍「さっきの生意気な態度…ごめんなさい」ペコ

加賀「別に気にしていないわ」

蒼龍「だけど…」

加賀「貴女の不安も、分からなくはないから」

加賀「私は、例え提督が骨だけになったとしても愛する自信があるけれど…」

瑞鶴「それもどうなのよ」

加賀「だけれど、皆がそうではないのも理解しています、それに…」

加賀「ここに来たのなら、貴女の不安は無くなったも同然よ」

蒼龍「えっ…」

翔鶴「どういう事ですか?」

加賀「明石さん、いいかしら」

明石「はいよー、ちょっちお待ちをっと…」カチャカチャ

明石「それじゃ、皆さんお待ちかねのー」カチャカチャ…ッターン

明石「提督ー、聞こえますかー?」

空母's「………」

シーーン
992名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:05:43 ID:0ku


提督「あー、こちら提督ー」

加賀「………」アンシン

赤城「こちら提督ー、じゃないですよ…」アキレ

瑞鶴「なによ、元気そうじゃない」ホッ

翔鶴「無事で何よりでしょ、瑞鶴」

飛龍「もー、提督ったら…」

蒼龍「………った」ポソ

飛龍「蒼龍?」

蒼龍「ぅう…」ウル

蒼龍「ぅぇえ…よがっだ、でいどぐ」ポロポロ

飛龍「安心したみたいだね」クス

提督「え…今の泣き声って、蒼龍…?」

明石「あーあ、提督が泣かしたー」

提督「ちょ、蒼龍?大丈夫?」アセ

蒼龍「提督のばかぁぁあ」ボロボロ

提督「明石、俺なんかした?」

明石「現在進行形で」

提督「あー、成程…」

瑞鶴「提督さん最低」

翔鶴「提督、女性を泣かすのは関心しませんよ?」

提督「うぐ…」
993名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:06:22 ID:0ku

蒼龍「うぅ…ぐすっ」メソメソ

提督「あー…えっと、蒼龍?」

蒼龍「…なに?」

提督「えぇと…ごめんな?」

蒼龍「…ゆるさないから」

提督「まじかぁ」

蒼龍「婚約者を残してどっか行っちゃう提督なんか許してあげない」グスッ

提督「」

飛龍「ちょ、蒼龍!?」

蒼龍「知らないもん、もう隠さないから」

翔鶴「婚約者…?」

瑞鶴「聞き捨てならないわね」

赤城「…提督?」

加賀「どういう事ですか?」

提督「えぇと、ちょっと待ってね」

赤城「待てません」加賀「待てません」

提督「い、今はそれどころじゃないからさ!」

提督「全部終わらせて戻ってきたらちゃんと説明するから!」

赤城「本当ですか?」

提督「本当も本当、マジさ」

加賀「分かりました、私達も可及的速やかに事を終わらせましょう」
994名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:06:57 ID:0ku

提督「……えっ」

提督「ちょっと待って、ねぇ明石」

明石「はい?」

提督「どゆこと?」

明石「あー何か電波が悪くなってきましたねー」

提督「明石のばーか」

明石「誰が馬鹿だ」

提督「聞こえてんじゃねぇか」

明石「あー聞こえなーい、通信が切れちゃうー」


プツン


赤城「明石さん、良かったのですか?」

明石「ああでもしないと聞きませんよ、多分」

加賀「口を滑らせてしまったわ…」

飛龍「遅かれ早かれだと思いますよ?」

加賀「それもそうね」

瑞鶴「開き直るの早すぎかよ」

加賀「黙りなさい五航戦」

加賀「さ、早く行くわよ」スタスタ
995名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:07:23 ID:0ku



翔鶴「加賀さん、焦ってるのでしょうか」

赤城「焦ってると言うより、提督に早く会いたいだけだと思うわ」

飛龍「蒼龍、私達も行こっ」

蒼龍「………」

飛龍「蒼龍?」

蒼龍「…どうしよう」

飛龍「何が?」

蒼龍「言っちゃった…秘密だって言ってたのに…」ズーン

飛龍「あぁ…あれね」

蒼龍「嫌われないかな…」ズーーン

飛龍「嫌われはしないだろし、寧ろ良かったんじゃない?」

蒼龍「えっ…?」
996名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:07:40 ID:0ku

飛龍「提督の事となれば、艦種問わず右も左もライバルだらけなわけじゃん」

蒼龍「うん」

飛龍「牽制だよ、次は私達だぞーって」

蒼龍「そうなのかな…」

飛龍「そそ、練度だと戦艦組と変わらないしちょうど良かったんだよ」

蒼龍「うーん…」

飛龍「そういう事なの!さ、行くよ!」グイッ

蒼龍「わわっ、待ってよ」



ーー

997名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:09:07 ID:0ku
皆さんお久しぶりです。
既に無人島と化しているスレかもしれませんが、一応まだ続きますので、よろしくお願いします。
998名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)16:14:44 ID:0ku
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1501657986/l50

次スレここですー
スレタイに統一性がない?知った事か
999名無しさん@おーぷん :2017/08/30(水)06:42:18 ID:CTr
見てるゾ
1000名無しさん@おーぷん :2017/09/14(木)19:14:47 ID:cf5
<<999
ありがとよ
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね


新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【艦これSS】提督「赤城のワガママ」
CRITEO