- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

艦これSSスレ@おーぷん 2隻目

587名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)00:51:06 ID:Xbn
>>586
大型のタンカーが覆えるほどの黒煙と爆発。
核弾頭でも積んだ小型船が爆発したのならあれぐらいの状態にはなるだろう、だがそんな物が爆発すればこちらにも被害が出るしはずだ。他にも危険物など色々と考えるがそもそも小型船程度にそこまでの積載力は無い。
小さくて爆発力のある物…そうなると答えは一つしか無い。艦娘だ。艦娘の艤装ならばこそありえる話だ。
だが、赤城はそんな冷静に分析する余裕など無い。
頭の中で何が鳴っている。自分に危機を知らせる第六感だろうか…。いや…自分の命の危機ではないが
心の支えが無くなることに第六感が働いてもおかしくは無い。

赤城「姉…?…さ…ん…?」

白い肌は青く染まっていく。しかし、肌がそれよりも早く赤城は横浜泊地へと急いだ。


横浜泊地でも大騒ぎだった。艦娘がドックから少し離れた人目に付くとこで、大破炎上していれば軍の関係者は誰だって焦る。
しかも、これから主戦力になる航空母艦だ。実機テストでも高い評価を出し、新しい希望としてこの横浜に来るはずが絶望に一気に変わり、青ざめた軍の関係者がそこら中を狂ったように駆け回っている。

赤城「あの…っ! あそこで、燃えてるのは天城…!姉さんですか!そうなんですか!!!!」

勢いよくその場にいた、軍人に問い詰める赤城。
そこにいる赤城に普段の冷静さは何処にもない。

軍人「君は…?そうか、天城くんの妹…赤城くんだね? ここにいるなんてね」
赤城「そうです!妹の赤城です!! ですから、あれは…!」
軍人「まぁ、落ち着きなさい 感情的になって事は進めてはならんよ 軍人であるから尚更だ」

この軍人は何を落ち着いてるのか?こっちは姉1人が燃えてるんだぞ!下手すれば身体にダメージを残して一生植物人間か最悪はここで死ぬかもしれない。ふざけるな!
軍人は感情的になってはならない、そんな事は今の赤城の耳に届くはずが無い。

軍人「…わかった 後で知ることになるがまぁ、いいだろう」
軍人「確かに君の言った通り あそこで燃えているのは君の姉、天城型航空母艦 天城だ 先ほど護衛していた僚艦から入電が入った…」
軍人「確定情報だ」

軍事んから容赦なく突き付けられた現実に、赤城は
足に力が入らなかった。自分が何をすればいいか分からず、ただその場に倒れ込むしかなかった。

軍人「お、おい!しっかりしてくれたまえ!まだ、天城は沈んだわけじゃない!」
軍人「君の力が必要だ!姉を救いたいのは私も同じ気持ちだ! 目を真っ直ぐに見てくれ!」

感情的になってしまった軍人の言葉など、知ったことではない。心の支えが崩れた音がした………………………

―○月〇日―
少し、落ち着きを取り戻せてきた。これから気持ちの整理を付けるために姉さんに起こった身について、書き出していこうと思う。今ここで、私がダメになれば艦隊は崩れる。そんな気がする。辛いがここが人生の分岐点になるだろう。
このレスの続きを表示(3件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





艦これSSスレ@おーぷん 2隻目
CRITEO