- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

艦これSSスレ@おーぷん 2隻目

582名無しさん@おーぷん :2017/09/18(月)23:11:20 ID:Rpx
>>581
夕方 社長室

天城「早いわねーもうこんなに終わらすなんて でも1日5冊は流石にやりすぎじゃないかしら?」
天城「レポートも、五冊の内容をわかりやすくまとめてあって、うちの社員も見習ってもらいたいわね…」

赤城「これで提督からの司令は終わりました 後は私の好きなようにさせてもらいすから では」

赤城が立ち去ろうとした時だった。

天城「あら?まだ本は残っているわよ」

それ聞いて赤城は立ち止まった。
からかっているのか?本はもう読み終えて、レポートもさっき合格を貰ったではないか。

天城「私は言ったはずよ "最後の2冊のために体力を残しておいて"と」
赤城「最後の2冊は終わったはずですよ よく見てください」
天城「よく見るのはあなたの方よ」

社長から本が渡される。今日終えた最後の2冊だ。

赤城「別になにも異変は感じませんが?」
天城「背表紙のタイトル下よ よく見てみなさい」

背表紙タイトルの下?普通に6巻と書いてあるが…

天城「残念!実は6巻は上下巻で1冊なのよ」

赤城はタイトルの下を確認した。確かに2冊の背表紙のタイトルの下には上下巻で分かれている。
しかし、これでは話と違うのではないか。

赤城「流石に話と違いすぎます 付き合っていられないわ」
天城「そうね この点は流石にやりすぎたわ ごめんなさいね」

珍しく素直な反応に、赤城は口を開らくのを少し躊躇った。なんとも言えない空気が部屋の中に漂う。

天城「7冊目もちゃんと用意してあるわ まぁ、これをやるかやらないのかはあなたに任せるけど」

これも提督の支持なのだろうか?それとも社長の策略か?艤装のことが第1優先するはずだが、乗り掛かった船を降りるのは容易ではなかった。

赤城「なら、その7冊目をこちらに下さい」
赤城「それと、やるかやらないかは任せると言いましたよね?なら、いつやろうが私の勝手にさせてもらいます」
天城「ええ、構わないわ はいこれ、最後の1冊よ」

最後の1冊を社長から貰う。今までの6冊よりかなり小さい。それと、後ろがやけに膨らんでいるような感じがある。なにか入っているのだろか?どっちにしろ、これで終わりだ。早く終わらせてしまおう。

赤城「明日の朝には終わらせます では失礼致します」
天城「えぇ、でも無理のないようにね」

無理のないようにか…とてもそんな羽を休めてる時間など自分にはない、早く終わらせなければ。
583名無しさん@おーぷん :2017/09/19(火)00:06:45 ID:5UI
>>582
天城「ふぅ、今日はこれで閉めようかな…」
両手を上にあげ、背を伸ばす。仕事を終えた後のこの行動は結構しっくりくる。
天城「にしても、最近よく肩をこるわ…足が動けばなぁ」
車椅子で生活をしている天城だが、
彼女の体は太っているわけではない。
むしろほかの女性からそのスタイルを羨ましがられることなんてよくある方である(本人の自覚はないが)。
豊満な胸、締まったウエストに車椅子生活とは思えない美脚。これは努力で手に入れたものではなく、勝手にそうなったものであるため、余計に羨ましがられる。
ただ、肩こりよりも気になることがある。
赤城の事だ。
天城「あの本が最後の試練ね…あの娘の今後を左右する1冊…ちょっと心配ね」
土佐「さっきから何独り言言ってるんですか 丸聞こえですよ」
ここ最近顔を見せなかった土佐が帰ってきた。
天城「ちょっと、どこ言ってたのよ?私には何も告げずにお出かけするなんて、ちょっとショック」
土佐「誰がお出かけに行くもんですか、仕事ですよ」
天城「ふーん…鎮守府に行ってきたところってかしら?」
まだ何も言ってないに、相変わらず鋭い。
その通りである、土佐はこれからの事のために、
鎮守府の提督の元に、直接話を付けてきたところだ。
土佐「理由はなんです?」
天城「それ私のセリフ… まぁ、いいわ」
天城「理由なんて簡単よ あなたこれから起きることを根回しする時って、私に黙って動くこと多いじゃない それで大体は察するわ 特に今回はわかりやすいし」
自分の悪い癖を見抜かれていたのは知ってるし、この答えが返ってくるの分かってた、だからこそ聞いたのだが。
土佐「提督に伝えてきました 作戦が最終局面に入るまでに赤城さんを送ると」
天城「へぇー…そこまで………ってぇ!誰がそこまでやれって言ったの!」
土佐「もとからその予定でしょう?そもそも予定立てたの天城さんじゃないですか」
天城「あらら、そんな予定立てたかしらーおほほほー」
妹と違って、と計画性が無いところがこの人の弱点…のはずだが、直感と判断力に優れすぎてて殆どの事を軽くこなしてしまう。そのせいで部下からも信頼もかなり厚い。
天城「まぁ、やるからにはこっちも全力で動くから安心して」
土佐「本当に大丈夫ですか?今回ばかりはちょっと不安ですよ…」
天城「うーん…全てはあの娘次第なんだけどねぇ」
その通り。ここからは赤城が舵を取っていく。彼女が間違った方向に進めば計画は崩れる。
現在、インド洋に向かってる鎮守府艦娘含めて多くの人々にも影響が出る。そう考えるとかなりリスクの高い計画だ。
土佐「なんだか、胸さわぎがします…」
天城「大丈夫よ 落ち着いて だってあの娘」
天城「弱いから 弱くて、情けないから」
天城「でもね、だからこそ知る強さがあの娘にはある」
天城「今は、あの娘を信じましょ 過去と今と向き合う時なんだと言うことを」
天城の口から出る一言一言が全て心強い。彼女の言葉は何度聞いても不思議におもう。怯えたり、不安がっていたり、前を向けない下を向いてる人を安心させ、自分が進むべき方向へと導いてくれる。
土佐「そうですね…私も姉さんに同じことを昔言われましたよ」
天城「結構結構、今日はもう遅いし…解散!」
土佐「お疲れ様でした、と言いたいですが…」
天城「んー?まだ何かあるの?」
とっとと言え、こっちは早く帰りたいんだよと言わなくても分かるような表情をしてる天城に対して
土佐はハッキリ言ってやった。

土佐「聞こえないからって、ちょっと喋りすきです(そういう私もですが…)少しは自重して下さい」
584名無しさん@おーぷん :2017/09/19(火)00:37:30 ID:5UI
>>583
時計の針は午前12時を指す手前だった。
つまり日付が変わる付近であるが、少し広い部屋の隅にある机の電気は消えてなかった。
頬杖をつきながら、本をめくる赤城がいた。
しかし、昼間と違ってペースは格段に落ちている。
特に眠くもなければ空腹でもない。
原因は本のタイトルにあった。

赤城「巡洋戦艦天城…か」

巡洋戦艦天城… 簡単にいうと赤城の実姉である。
もとは、赤城は天城型巡洋戦艦として生まれるはずが、航空兵力の増強により空母への改装が決まっていた。
しかし、姉である天城は改装中に大地震で竜骨をやられ再起不能。
結果として残ったのは赤城だけである。
これはかつてあった戦いの出来事であり、艦娘としての赤城とは少し経由が違った。

姉の天城が行方不明である。

赤城「姉さんは空母に改装してからの幾つもの試運転で高い評価を収め、期待されていた…」
赤城「でも、横須賀から横浜へ航行中に謎の大爆発を起こし大破炎上…」
赤城「その後捜索をするも行方が分からず断念、書類上、轟沈扱いか…」

姉は自分と同じ焦げ茶色をした髪を持ち、凛とした顔立ちで妥協は許さない厳しい正確だった。
しかし、幼い頃から姉に支えられた事は星数であり、赤城自身も姉の天城を誰よりも信頼していた。

赤城「この本を渡した意味はよく分からない…でも」
赤城「姉さんは必ず生きてる きっと本部に隠れてどこかにいるんだわ」

正直レポートをまとめるの事にかなり時間が
かかりそうだった。しかし、これは自分が決めたこと。なら、意地でもやり抜くぞと、気合を入れたところで本の隙間からなにか落ちてきた。
この本を受けとったときに気になっていたところだ。

赤城「?…これは、なにかしら… この手帳はどこかで…」

落ちてきた手帳に手を伸ばすし、中身を開く。
しかし、落ちてきた2冊というのが、天城の言う
2冊だということをこの場では気づけいなかった。

赤城「なに………こ……れ…」
585名無しさん@おーぷん :2017/12/11(月)23:30:11 ID:luT
>>584
お久しぶりです。3ヶ月も空いてしまった…
見返してみると、誤字と誤用が多いですね…
気を取り直して、続きです。

-数年前―
赤城「今日もいい風ね…ここの街は落ちつきがあって、でもちょっと賑やかでお洒落な街」
赤城「退役したらここに住もうかしら」

すうねんまえの
586名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)00:08:02 ID:Xbn
>>585
すいません…誤爆です
一レス無駄にしてしまった 反省します

-数年前―
赤城「今日もいい風ね…ここの街は落ちつきがあって、でもちょっと賑やかでお洒落な街」
赤城「退役したらここに住もうかしら」

ここは横浜 昔から人が多く出入りする港町であるため流行りものがすぐに手に入る。地方または海外からの移住者もかなり多く、異国の店通りがあったり、洒落た店が数多く並ぶ…まさに大人の街でもあった。
この頃の赤城はまだ空母に改装して間もない時だった。横須賀で改装をやっとの事で終えたが、精神的な疲れは限界に達していた。三日も寝ずに艤装と睨めっこすれば無理もない。今日は久しぶりの休暇だ、改めて外の空気 港町の活気の良さに感動を覚える。

赤城「後2時間後かぁ…早く来すぎたかな」

時計を見つつ赤城は誰かを待っている。二時間も前に待ち合わせ場所に着いたが、赤城の顔には嬉しさと希望に満ち溢れる笑顔でいっぱいだった。

赤城「ふふっ 姉さんと買い物なんていつ以来?もう何ヶ月?いや1年前くらいかな…」

今日の赤城はバッチリ決まっていた。彼女はまだ20代前半であるが、格好的には20代後半に近い。
しかし、the大人の一言で表せる雰囲気と赤城の容姿もあってか、街の男達は赤城に視線を向ける。
だが、今日の赤城は男と待ち合わせてるのではない。
誰よりも大切な実姉の天城との待ちに待ったお出かけの日だ。意識しなくても勝手に身だしなみに気を使ってしまうのは昔からよくある事である(赤城の性格上の事も有るが)

今日は晴天。冬の気配も僅かに感じられ、少し暖かく少し肌が張る寒さであるが、ちょうどいい。
そう思いながら赤城は、近くの雑貨屋で時間を潰すことにした。

―数時間後―
今日の横浜は1段と賑やかい。多くの人が駆け足で港に向かっていく。ある人は高くて見晴らしの良い場所へ向かっていく。お祭りだろうか?それとも超有名なハリウッドスターでも来日来たのか?
答えは少し遠くに見える東京湾の真ん中にあった。
東京湾の真ん中から1本の黒い塔が見える。その黒い塔はなんだろうかと、聞かれればほとんどの人はあれは船の煙だと答えるだろう。
船が煙を噴くのは当たり前だろうが、その煙は普通ではなかった。真っ黒で徐々に横に広がりつつ、さらに勢いを増してる…そう、つまり燃えている。
しかし、煙の規模を考えると大型の船が燃えてるはずだが、船体の形すら見えない。そのせいで人々は余計に興味を持ちあっという間に海沿いは人で埋め尽くされた。
そこに1人の女性がいた。その女性は何が燃えているのかすぐに分かった。東京湾に黒煙を出し爆発音ともに燃え続ける影は1時間後に自分と楽しく買い物をしているはずだった…そうはずだったのだ。

あそこで燃えているのは 天城だ
587名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)00:51:06 ID:Xbn
>>586
大型のタンカーが覆えるほどの黒煙と爆発。
核弾頭でも積んだ小型船が爆発したのならあれぐらいの状態にはなるだろう、だがそんな物が爆発すればこちらにも被害が出るしはずだ。他にも危険物など色々と考えるがそもそも小型船程度にそこまでの積載力は無い。
小さくて爆発力のある物…そうなると答えは一つしか無い。艦娘だ。艦娘の艤装ならばこそありえる話だ。
だが、赤城はそんな冷静に分析する余裕など無い。
頭の中で何が鳴っている。自分に危機を知らせる第六感だろうか…。いや…自分の命の危機ではないが
心の支えが無くなることに第六感が働いてもおかしくは無い。

赤城「姉…?…さ…ん…?」

白い肌は青く染まっていく。しかし、肌がそれよりも早く赤城は横浜泊地へと急いだ。


横浜泊地でも大騒ぎだった。艦娘がドックから少し離れた人目に付くとこで、大破炎上していれば軍の関係者は誰だって焦る。
しかも、これから主戦力になる航空母艦だ。実機テストでも高い評価を出し、新しい希望としてこの横浜に来るはずが絶望に一気に変わり、青ざめた軍の関係者がそこら中を狂ったように駆け回っている。

赤城「あの…っ! あそこで、燃えてるのは天城…!姉さんですか!そうなんですか!!!!」

勢いよくその場にいた、軍人に問い詰める赤城。
そこにいる赤城に普段の冷静さは何処にもない。

軍人「君は…?そうか、天城くんの妹…赤城くんだね? ここにいるなんてね」
赤城「そうです!妹の赤城です!! ですから、あれは…!」
軍人「まぁ、落ち着きなさい 感情的になって事は進めてはならんよ 軍人であるから尚更だ」

この軍人は何を落ち着いてるのか?こっちは姉1人が燃えてるんだぞ!下手すれば身体にダメージを残して一生植物人間か最悪はここで死ぬかもしれない。ふざけるな!
軍人は感情的になってはならない、そんな事は今の赤城の耳に届くはずが無い。

軍人「…わかった 後で知ることになるがまぁ、いいだろう」
軍人「確かに君の言った通り あそこで燃えているのは君の姉、天城型航空母艦 天城だ 先ほど護衛していた僚艦から入電が入った…」
軍人「確定情報だ」

軍事んから容赦なく突き付けられた現実に、赤城は
足に力が入らなかった。自分が何をすればいいか分からず、ただその場に倒れ込むしかなかった。

軍人「お、おい!しっかりしてくれたまえ!まだ、天城は沈んだわけじゃない!」
軍人「君の力が必要だ!姉を救いたいのは私も同じ気持ちだ! 目を真っ直ぐに見てくれ!」

感情的になってしまった軍人の言葉など、知ったことではない。心の支えが崩れた音がした………………………

―○月〇日―
少し、落ち着きを取り戻せてきた。これから気持ちの整理を付けるために姉さんに起こった身について、書き出していこうと思う。今ここで、私がダメになれば艦隊は崩れる。そんな気がする。辛いがここが人生の分岐点になるだろう。
588名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)02:12:14 ID:Xbn
>>587
〇月✕日
今書いている日からちょうど2ヶ月前。
姉さんが東京湾の真ん中で、謎の大爆発を起こした日。あの日から全てが狂い始めた。
絶好の買い物日より、待合わせまで後1時間後、
そんな期待を全て絶望に変えたあの日あの時あの場所。私は絶対に忘れない。泊地で受けたあの絶望も。

〇月△日
泊地で倒れた後の事は覚えていない。
私は、医務室に運ばれ三日も寝ていたらしい。
だが不思議と普段の冷静さを取り戻せていた。
姉さんを探そう、大丈夫。必ず生きている。
一気に進めるのでは無い、感情的にならずに落ち着いて、尚且つ冷静に探って行けば真実にたどり着けるはずだ。諦めたらそこで全てが終わる。足は動く。 いこう。

〇月✕〇日
前回の日記から約1週間が立ったが、情報はあまり集まっていない。姉さんを護衛していた
僚艦の艦名すら明確に出来ない。軍部の誰に聞いても 「今探っている 後に必ず伝える」と同じ答えが来る。正直この横浜にいる事に限界を感じ始めてきた。しかし、ここで下手に動けば軍部に対する探りが難しくなるだろう。でも私は諦めない。
必ず姉さんは帰ってくる。厳しい面もある姉さんだけど、今まで約束を破った事は一度もない。
大丈夫だ、ひょっこり顔を出して来るに違いない。

〇月✕△日
まだ情報は集まらない、私が泊地に来た時に
話しかけた軍人をやっとの事で見つけたが、
目を離した隙に逃してしまった。
だがこれで一つわかった。あの軍人が何かカギを握っている。
あの時も情報をくれたのはあの軍人だ。ここからが正念場だ。
「常に冷静沈着であれ。満身の心に死は近づいてくる」姉さんがいつも言っていた言葉だ。
今になってその意味がよく分かる。

〇月〇〇日
遂にやったぞ。明後日の定期連絡会で姉さんの
情報が手に入るみたいだ。だが、ここで満身は
駄目だ。いつものと変わらない日常を過ごして
明後日を迎えよう。そう言えば最近、新型の零戦を開発したと噂が流れている。思えばもう3ヶ月も海に出ていない。しかし、妙だ。今日に至るまで軍部から何も命令がなかった。今の私の心理状態を考慮しての考えだろうか?
そんな気が回るほどの器を軍部持っていると考えなたくはないが…
589名無しさん@おーぷん :2017/12/12(火)02:13:02 ID:Xbn
>>588
〇月〇△
明日はいよいよ定期連絡会だ。今朝、軍部から帰還命令が発せられた。
期限は明明後日だ。十分時間はある。
明日が過ぎて、気持ちの整理をする時間もある。
気分転換に外へでも散歩に行こう。この横浜には当分これそうにない。
今のうちに景色を覚えておこう。

✕月✕日
あと数時間後に、全てが決まる。思えばあと時と同じ状況だ。大丈夫。気持ちは落ち着いている。
いこう、希望はあるんだ。
✕月✕日 連絡会メモ
天城型航空母艦 天城
ヒトフタマルヒト:東京湾中央地点で機関部不調により異常燃焼発生。
ヒトフタサンハチ:異常燃焼発生から約20分。機関部より火災発生し爆発。格納庫内約28機の艦載機に引火誘爆。この時点で中破確定
ヒトサンマルマル:度重なる爆発により、大破炎上、期間停止。護衛していた神風型駆逐より入電
消火活動を開始、その後曳航を試みるも極めて困難であると報告。
ヒトヨンフタヨン:被害甚大であり、これ以上の行動は世間・敵側への情報漏えいの可能性があると判断し、天城型航空母艦 天城を行方不明及び就役を取り消すと判断し、二番艦赤城を一番艦とし、
今後 赤城型航空母艦 赤城として就役と判断す
嘘だ、嘘に決まってる 姉さんが行方不明 死んだのか私がネームシップ わけがわからない
嫌だ 認めたくない だって姉さんは やくそくを守るひと わたしをおいて死ぬわけがない
これはいんしょうそうさだ ぐんぶのつごうだ そうだそれだ それにちがいない

✕月△日
ねえさんがかえってこないきっと あすにはくる しんじよう







✕月〇日
ねえさんねえさんねえさんねえさんねえさんねえさん ひとりにしないでさびしいさびしい やくそくやぶったやくそくやぶった どあがうるさいだれかくる ねえさんねえさんねえさんねえさんたすけて
たすけてたすけてたすけてたすけて いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ ひとりはいやだいやだいやだいや だ い こ わ い
こわ い た
590名無しさん@おーぷん :2018/02/08(木)12:06:21 ID:pY1
秋津洲のあ!

あいくるしい姿で

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





艦これSSスレ@おーぷん 2隻目
CRITEO