- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【政治】ニュース・世相を占う【事件】

1名無しさん@おーぷん:2016/07/03(日)23:23:03 ID:ci6()
世の中の気になる動きについて占うスレです。
146名無しさん@おーぷん :2017/10/22(日)23:29:17 ID:KTk
>>17で都知事選の桜井を占ったとき、桜井自身のカードとして『悪魔 正』が出た。
だから、伝説と化した桜井誠の都知事選ラスト演説、「魂の独立記念日」よもう一度と願い、
人々は秋葉原に集まったようにも見えてくる。
自民の選挙戦術が桜井の焼き直しだった以上、終着点が同じとなっても不思議ではない。

2016年7月30日の桜井誠という幻影(悪魔 正)を押しつけてくる秋葉原の聴衆に対し、
愚にもつかないことを言うな(金貨ペイジ 逆)というのが、安倍の本音なんだろう。
そうした両者の意識のズレは、安倍総理だけが得をする展開へと向かうらしい。

統御を望む(力 正)安倍は、手回しよく自身のペースに持ちこんでいく(聖杯ナイト 正)。
対する信者連中は、示されるものに興味が持てず(聖杯4 正)、
やがて自己主張の押しつけあい(棒5 正)を始めていく。

安倍を熱烈に支持した連中は、露払い(剣ナイト 正)として安倍に尽くそうとした。
だがそれは、安倍の側からかけられたペテン(魔術師 逆)に、引っかかった結果でしかない。
政治(棒)の『キング』である安倍からすれば、良き師のもとで技術を磨こう(金貨8 正)
と望む信者の気持ちも、次々と湧きだす厄介ごとへの対処(棒7 正)にすぎないということか。

悲嘆を抱きかかえつつ現実と向きあった(剣クィーン 正)ゆえの安倍支持だったはずなのに、
安倍の妄信者らはさらなる冷酷な現実を突きつけられる。
それを受けいれられる者と、そうでない者が揉めごとを起こす《予想未来》として、
『棒5 正』が出てきたのかもしれない。

しかし安倍からすれば、利用できるものを利用しただけにすぎず、
それが政治的に正しい道理であれば問題は無い、という認識だろう。
大アルカナ2枚を持つ安倍と、小アルカナしか出せなかった信者とでは、役者が違うということか。
147名無しさん@おーぷん :2017/10/26(木)22:24:08 ID:UH8
「小池百合子が希望の党を作った理由はどういうものか?」
黄色のウェイト版78枚、ピラミッド、小池視点、20時20分ごろ
ttp://murouuranaiseimeihanndan.web.fc2.com/tarot/pyramid.html

1 過去 ………… 星 正
2 現在 ………… 剣9 逆
3 未来 ………… 剣エース 正
4 解決の鍵1 … 剣5 正
5 解決の鍵2 … 剣6 逆
6 結果 ………… 聖杯7 逆

正位置:3枚 / 逆位置:3枚
大アルカナ:1枚 / 棒:-枚 / 聖杯:1枚 / 剣:4枚 / 金貨:-枚
A:1枚 / 2:-枚 / 3:-枚 / 4:-枚 / 5:1枚
6:1枚 / 7:1枚 / 8:-枚 / 9:1枚 / 10:-枚 / コートカード:-枚

* 解釈
>>136で都民ファーストの会を占ったけど、いま見返すと希望の党が起こしたゴタゴタを、
カードはキッチリ当ててるのよね。
それを俺が読み切れないという、よくあるパターンになったわけだが。
まぁそれは置いといて。

小池があれだけ強引に希望の党の作った理由が、はたから見てて分からんのよね。
本来なら数ヶ月はかかりそうな野党再編を、小池を中心に数週間で無理やり進めた結果、
小池自身が埋没してしまった。

というわけで原因を探るピラミッドで占ったが、『剣』のスート多すぎだろ。
148名無しさん@おーぷん :2017/10/26(木)22:24:28 ID:UH8
悪い感じの『剣』が多いなか、目を引くのが《未来》の『剣エース 正』だろうか。
困難に打ち勝つ意味あいのカードだから、小池はこのまま終わるのではなく、
政治的に返り咲くチャンスをつかむのかもしれん。

《過去》の『星 正』は、新党が希望の『星』となるはずだったという意味だろうな。
そこから続く《現在》は、精神的苦痛を意味する『剣9』の逆位置。
《未来》が『剣エース 正』だから、苦難は深まるのではなく解決に向かっていくらしい。

《解決の鍵》の2枚だが、『剣5 正』と『剣6 逆』か。
『剣5 正』は小池による排除発言、『剣6 逆』は党方針の行き先不明っぷりだろう。

その上にある《結果》は、非現実の中で目移りする『聖杯7』の逆位置。
「幻想の中から何かを決める」のではなく「妄想が崩れる」と見たほうがいいだろうな、
希望の党の迷走ぐあいからして。

困難にうち勝つ意思となる『剣エース 正』を、本来なら出すべきだった配置場所で、
選択肢が妄想ばかりの『聖杯7』を持ってきたことが、そもそもの間違いなんだろう。
小池が妄想を具現化させる前に、衆院解散によって崩された(逆位置)ようだが。

政治理念(棒)も利権(金貨)も出せず、目の前のトラブル(剣)を何とかするだけの状況に、
小池は追いこまれていったらしい。
「緑のたぬき」と桜井誠に命名された小池百合子だが、他人を騙すはずの幻影の中に、
自分自身が迷いこんでしまったのだろうか。
149名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)00:36:07 ID:ETb
「橋下徹の政治的影響力はどうなっていくか?」
黄色のウェイト版78枚、ケルト十字、橋下視点、10/28 21時00分ごろ
ttp://murouuranaiseimeihanndan.web.fc2.com/tarot/celtic_cross.html

1 質問者自身 … 愚者 正
2 障害 ………… 死神 正
3 顕在性 ……… 審判 正
4 潜在性 ……… 剣エース 正
5 過去 ………… 金貨エース 逆
6 未来 ………… 金貨7 逆
7 問題 ………… 棒ペイジ 逆
8 環境 ………… 金貨6 正
9 願望/限界 … 金貨5 正
10 結果 ………… 恋人 正

正位置:7枚 / 逆位置:3枚
大アルカナ:4枚 / 棒:1枚 / 聖杯:-枚 / 剣:1枚 / 金貨:4枚
A:2枚 / 2:-枚 / 3:-枚 / 4:-枚 / 5:1枚
6:1枚 / 7:1枚 / 8:-枚 / 9:-枚 / 10:-枚 / コートカード:1枚

* 解釈
14→11議席となった日本維新の会だが、議席減となった責任をめぐって揉めてるようだ。
丸山衆院議員がツイッターで執行部を批判をしたら、法律顧問の橋下がツイッターで噛みついた。

詳しいことは省略するが、丸山を抱える日本維新の会への抗議として、橋下は法律顧問を辞職。
その後、大阪維新の会の法律顧問へと転身した。

国政政党と地域政党が同格のように扱われ、法律顧問が権力者ヅラしてしゃしゃり出る、
いびつな組織体制もどうかと思うが、今回は橋下個人に絞って占いたい。
権勢欲を出していく一方で、石原と組んだ国政進出、大阪都構想、今回のコレと、
少し気に入らない展開になると現状をうっちゃる橋下は、何をしたいのかよく分からんので。
150名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)00:36:38 ID:ETb
《質問者自身》の『愚者 正』をはじめ、強いカードが多いというのが第一印象。
そして、《結果》に『恋人 正』を出すあたり、時代の寵児としての運命は尽きていないらしい。

強いカードが多いときは、弱いカードから解釈を糸口を探るのが自分の手だけど、
《願望/限界》に出た『金貨5 正』がポイントかねぇ。
「貧困、どん底、幸福を見逃す」といったカードだけど、橋下の出自のことだろうなぁ、これ。

物心ついたときは離婚していなかった父親は、被差別部落出身の暴力団員で、
橋下が小2のときに自殺。
小学生のとき東京から大阪に移住し、もう1回引っ越したところが父の出自とは違う被差別部落。
そこで、母子家庭として貧困の中で育つ。

こういう自身の「原風景」から脱却できず、むしろ業としてあらゆる行動につきまとうことに、
橋下の《限界》があるようカードから思える。
想像だが、「原風景」には存在しない父性や父権といったものを、橋下は渇望しているんじゃないか。

《金貨》のスートが4枚も出たところを見ると、「原風景」に存在する貧困への感情は、
橋下なりに埋めあわせが出来たのだろう。
しかし、父性や権力を象徴する『キング』や『皇帝』が、元とはいえ政治家なのに1枚も無い。

父親への(ある種ゆがんだ)憧憬を克服しようという心理が、橋下の根底にあるのかもしれん。
「維新」と付いた政党を何度か作った橋下だが、作るたびに年上の政治家と組もうとしている。
それは安倍晋三だったり、石原慎太郎だったり、何度も組んでる松井一郎だったりする。

つまり橋下は、意識的にか無意識にか分からないが、政治家としても「父親」の存在を求めている。
現在その立場にある松井大阪府知事への非難は、橋下にとって父親への侮辱、
そして父性や父権を求めてやまない自分の心理的根源への侮辱と、イコールなのだ。

だからこそ、松井に責任を問う丸山穂高の発言は、橋下にとって絶対許せないものであり、
丸山を支持した有権者も同罪としか映らない。
感情的に許せない相手だからこそ、生の感情を丸出しにした怒りのツイートを連発したのだ、橋下は。
151名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)00:37:01 ID:ETb
政治家としての橋下の行動原理が、「父親がいない原風景」への埋めあわせだとすれば、
「維新」と名づけた組織を何度も辞めたり壊したりしたのも、腑に落ちる部分がある。
自分が作った「こうあるべき原風景」となる集団に、「父親」がいないと認識すると、
「父親」がいるかもしれない別の「維新」を、自身の周りに構築しようとするのだ、橋下は。

大阪都構想が否決された住民投票のあと、大阪市長を辞めるとアッサリ表明したのも、
橋下の父性への切望が根底にありそうだ。
政治家としての橋下が作ろうとした、「大阪都」という父性や父権が否定されたからこそ、
大阪市長という地位に興味を失ったのではないか。

強いカードで《質問者自身》をとり囲み、父性的なパワーを糊塗しようと試みる橋下だが、
成果への不満がさらに深まる、『金貨7 逆』という《未来》へ行きつく。
だが、与える者(金貨6 正)が周囲にあらわれ、精神的な絆をこの上なく深めていく(恋人 正)。

昨今の情勢を考えると、噂される維新の連立与党入りだろうか、『恋人 正』は。
かつて求めた、安倍晋三という「父親」からの誘いであれば、納得のカードではあるが。

「父親がいない原風景」から飛躍できない橋下は、父性を求めながらも自身が「父親」となれない、
そういう精神的な袋小路をさまようだけの存在でいる。
だからこそ《質問者自身》に、『愚者 正』が出てきたのだろう。
そして、そこ止まりの人間にすぎないという宣告が、《障害》に出た『死神 正』だ。

橋下がフラフラするだけ(愚者)で、価値ある現実を形づくる者(魔術師)となれないのは、
『棒ペイジ 逆』という橋下の人間的本質に、《問題》があるのではないか。

『棒』は「情熱、外面性、行動力」などを象徴し、『ペイジ』は『ナイト』に仕える子供の従者だ。
「無礼で身勝手でロクな話を持ってこない、他人に尽くすことを嫌うクソガキ」
とでもなるのだろうか、逆位置であれば。

「父親がいない原風景」を思わせる事態になると、こういう本質が出てくるのだろう、橋下は。
子供時代の自分を克服できず遠ざかることもできず、そこに執着してしまう自分をごまかそうと、
あれやこれやとやって最後に投げ捨てるのが、政治家としての橋下徹という男だ。
152名無しさん@おーぷん :2017/10/29(日)00:37:13 ID:ETb
ボトムカードを見ると、執着から離れる『聖杯8 正』が出てきた。
離れていく対象が、おのれが囚われた父性や父権への憧れであり、
それが具現化した政治的な地位や野心であれば、それはそれで橋下にとって幸福だろう。

だが、『死神 正』や『棒ペイジ 逆』を見るかぎり、離れるのは今までの「維新」としか思えない。
そして、「父親」を求めてまたも失敗することは、『キング』や『皇帝』がいないことから想像がつく。
橋下はこのまま、政界のトリックスター(愚者 正)として終わってしまう(死神 正)のだろうか。
153名無しさん@おーぷん :2017/11/18(土)01:23:57 ID:L1V
「日本第一党の現状と今後はどうなるか?」
黄色のウェイト版78枚、フォーカード、日本第一党視点、11/17 21時20分ごろ
ttp://murouuranaiseimeihanndan.web.fc2.com/tarot/four_cards.html

党内
1 金運 … 棒2 正
2 障害 … 棒8 逆
3 愛情 … 棒9 逆
4 仕事 … 棒10 逆

党外
1 金運 … 剣9 逆
2 障害 … 剣エース 逆
3 愛情 … 女教皇 正
4 仕事 … 棒キング 正

正位置:3枚 / 逆位置:5枚
大アルカナ:1枚 / 棒:5枚 / 聖杯:-枚 / 剣:2枚 / 金貨:-枚
A:1枚 / 2:-枚 / 3:-枚 / 4:-枚 / 5:-枚
6:-枚 / 7:-枚 / 8:1枚 / 9:1枚 / 10:1枚 / コートカード:1枚

* 解釈
ここ最近、桜井誠がらみでイロイロ動きがあったんで、久しぶりに日本第一党を占うか。
桜井のツイッターアカウント凍結とかあったけど、日本第一党から推薦を出していた、
鈴木信行氏の葛飾区議当選が一番大きいだろう。

さてリーディングだが、大阪府本部で起きた揉め事が、党内党外とも占断に出ているっぽい。
日本第一党の大阪府本部で内紛があり、党首の桜井が強権的に解決させたそうだ。
大阪府本部長は桜井が引きとめるも、騒動の責任を取って辞任したとのこと。
154名無しさん@おーぷん :2017/11/18(土)01:26:14 ID:L1V
まず党内だが、《障害》の『棒8 逆』には、「内輪揉め」ってそのまんまの解釈がある。
《愛情》の『棒9 逆』は、「逆境、むなしい抵抗、準備ができていない」といったカード。
《仕事》に出た『棒10 逆』は、重圧に耐えきれず手放すような意味あい。
これら逆位置3枚は、大阪で起きたことを示しているようにしか見えんな。

となると《金運》に出た『棒2 正』も、大阪がらみのカードと考えるべきか。
《金運》については、「お金を集める組織力」みたいに捉えることも自分はするが、
そう見ると『棒2 正』は悪くないカードだろう。
スタートからひとまずの成果を出し、今後の展望をめぐらすような意味あいなので、
大阪府本部が機能不全になるようなことは無さそうだ。

党外に移るが、苦悩や落胆を意味する『棒9』の逆位置が、《金運》として出ている。
党内の占いを念頭に置けば、この逆位置は「深まる」ではなく「解決する」と見るべきだろう。
無理にとはいえ大阪府本部のイザコザを終わらせ、一息つけたという解釈が妥当か。

《障害》は、挫折、プレッシャー、マイナス思考といった意味を持つ『剣エース 逆』。
外面を取りつくろえないほど大きな挫折を、大阪府本部の件で味わったらしい。
別の解釈をすれば、「脅迫」じみた攻撃が外部から来ているとも、リーディングできるが。

《愛情》に出たのは、英知、純潔、洞察力などの解釈を持つ『女教皇 正』。
唯一の大アルカナだけど女性札なんで、党首の桜井のこととは違うように思える。
大阪府本部の役員募集か、2019年の統一地方選へ向けた公認候補の募集に、
大アルカナ級の女性が手を挙げるという意味かもしれん。

《仕事》のカードは、情熱と行動力にあふれるリーダーである『棒キング 正』。
素直に解釈すりゃ党首としての桜井のことなんだが、ちょっと褒めすぎ、みたいな。
つっても、桜井が次から次へと活動しているのは事実だしなぁ。

《愛情》の『女教皇 正』と同じく人物札なんだけど、『棒キング 正』は小アルカナなのよね。
大アルカナである『女教皇 正』にあたる人物を、桜井が下支えするという意味あいで、
小アルカナの『棒キング 正』が出たのではないか。
人物札だからといって、特定の個人と考えるのは安直だけど。
155名無しさん@おーぷん :2017/11/18(土)01:27:56 ID:L1V
日本第一党の大阪府本部で起きたトラブルを、念頭に置いてリーディングをしてみた。
そこまでこだわるのもどうかと思ってボトムカードを見ると、出たのは『金貨9』の逆位置だった。
「浪費、不信」のほかにも、「出遅れ」や「大事なところで認めてもらえない」といった解釈がある。

やはりこの『金貨9 逆』は、党のリソースの浪費や、統一地方選に向けた体制作りの出遅れだと、
リーディングするのが妥当に思える。
党外占いにある『剣エース 逆』も強烈だし、大阪の件はそれだけ強いダメージを党に与えたと、
考えるべきだろう。

とはいえ挫折だけでは終わらないことも、『棒2 正』や『剣9 逆』が示している。
党内占いで『棒』の逆位置が『8、9、10』と続いたことも、一区切りついたことを示しているか。

また、党内占いがすべて『棒』のスートなのは、『棒キング 正』である桜井による統制が、
党全体に行き届いているとも解釈可能だ。
しかし、スートの種類も出た配置場所も偏りがありすぎる。

大阪府本部の件を乗り越えつつ、カードの偏りが強烈となった党の事情を改善することが、
日本第一党にとって当面の目指すべき所だろうか。
桜井誠の一枚看板というある種あやうい状況を、『女教皇 正』という大アルカナ級の人物が、
改善していくことを期待したい。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【政治】ニュース・世相を占う【事件】