- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

バスの定時性・速達制を確保するために

342名無しさん@おーぷん :2018/01/03(水)06:56:29 ID:hKH
位置情報の精度を飛躍的に高める日本版GPS衛星「みちびき」を使って、バスを自動運転するための実証実験が昨年11月から沖縄で行われている。
プロジェクトを進める内閣府は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの会場などで実際に運用したいとしている。

日本版GPS衛星「みちびき」はアメリカのGPSを補完し、位置情報の精度を飛躍的に高める衛星で、
来年春までに4機体制が整えば、現在10メートルほどある位置情報の誤差を数センチ程度にまで縮めることが可能になる。
みちびきの位置情報を活用すれば、高性能で高価なレーダーやカメラを車に搭載しなくても自動運転が実現できる可能性があるということで、
内閣府では東京オリンピック・パラリンピックの会場などで、実際に運用したいとしている。
このレスの続きを表示(4件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





バスの定時性・速達制を確保するために
CRITEO