open2ch.net
携帯で見る

CCさくら@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: ぷにぷに (184) 2: さくらタンを馬並み浣腸でお仕置きⅡ (398) 3: CCさくら板へようこそ (4) 4: おんJからきたンゴ誰かおるかー? (13) 5: 埼玉西武ライオンズC.C.Lee投手について語るスレ (7) 6: さくらちゃんよしよし (2) 7: 【おーぷん】カードキャプターさくら本スレ★1 (2) 8: 彡(゚)(゚)「男のサクラちゃんが好きなんや!」 (26) 9: 彡(°)(°)「お、さくらちゃんおるやん。犯したろ」 (7) 10:彡(^)(^)「せや!なんまめにあるまとめパクってスレ立てたろ!」 (8) 11:おんJからきたンゴwww (9) 12:さくらたんと挨拶するスレ (452) 13:ccさくら板覗いてみたけど… (2) 14:テストすれを建てるンゴ (1) 15:荒らしてすまん (8) 16:葉鍵ⅰnさくら板 (334) 17:【実況】広島vs日本ハム第二戦【日本シリーズ】 (2) 18:懐かしアニメ総進撃 (347) 19:CCさくら再放送開始までwktkしながら待つスレ (5) 20:さくら100g100じゃないもん! (3) 21:お ん j 避 難 所inCCさくら板 (22) 22:さくらタンを馬並み浣腸でお仕置き (356) 23:CCさくら板は (6) 24:はあああああああんおっぱいおっぱいしゃぶりたいよおおおおおおおおおおおおん (2) 25:わろたたたたたた (3) 26:誰かいる~? (18) 27:ぶっちゃけもうCCさくら人気ないよな (11) 28:バナー応募スレ@CCさくら (7) 29:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (2) 30:もうここいらなくね? (5) 31:さくらとああしたい (3) 32:そろそろCCさくらを卒業するスレ (20) 33:さくらたんの処女膜をわさび醤油で食べるスレ (9) 34:さくらは俺の嫁 (12) 35:俺が初めて何かに目覚めたアニメ (7)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:184】ぷにぷに
1名無しさん@おーぷん:2015/05/24(日)18:49:10 ID:XkR
さくらたん



175肝井◆hC1yo3z59U:2018/06/07(木)01:08:04 ID:bya
まどかマギカif...Ⅱ(149)
既に飛び道具の射線から逃れる余地は無く、沙々はジリジリと後退する。
「なあ、あんた、私に用があるんだろ?まず用件を話せよ・・・。」
逃げる隙を作ろうと会話を持ちかける沙々。
しかし射手は銃口を沙々に向けたまま靴音を響かせて近づいてきた。
更に後ずさりする優木沙々。
その瞬間、路面と建物の壁面数カ所から一斉に何かが飛び出す。
沙々は全面の射手にのみ気を取られて気付かず、次の瞬間には何かに手足を絡め捕られている。
「!!・・・しまったッ!なんだ、これッッッ!!」
慌てふためく沙々だが、暴れても振り切る事は出来なかった。
袋小路の奥で両手両足を大きく開かれ拘束されてしまったのだ。
身動きを封じられた沙々の目の前で立ち止まる射手。
「貴女、この街の魔法少女じゃないわね?」
問いかけに震えながら答える沙々。
「は、はい・・私、優木沙々と申しまして隣町の方から来ました・・・。」
「それは好都合だわ。」
射手は沙々の衣服に手を掛け、軽々と引き裂く。
「!・・な、何を・・・」
無言のまま剥ぎ取りを続ける射手の顔が路地裏の僅(わず)かな光で浮かび上がる。
その顔は巴マミその人だった。
魔法のリボンで緊縛された沙々は下着だけの姿にされて涙を流す。
(150)へ続く

176肝井◆hC1yo3z59U:2018/06/09(土)22:10:24 ID:aJV
まどかマギカif...Ⅱ(150)
「お、お願いっすよ~。つい出来心で、この街へ様子見に来ただけなんです~許して~」
泣きながら猫なで声でマミの機嫌を取り繕おうとする沙々。
しかし無情にもマミは沙々のブラジャーを剥ぎ取った。
弾力のある乳房が露頭する。
「これは揉み応えがありそうね・・・。」
沙々はマミの瞳に獣じみた光を見出し、相手の狙いが自分の肉体だと気付く。
「そ、そんな~勘弁して下さいよ姉さん・・・女同士なんてまずいですよ~」
マミは何も答えずに沙々のパンティーを引き裂く。
「あっ、わっ・・ほ、ほんとにやる気なんですかぁ?お願い、ほんとやめて・・・」
しかし沙々の能弁は何ら役に立たない。
次の瞬間にはマミの左手は沙々の乳房に、右手は股間に伸ばされ軽く愛撫を始めている。
「ちょ、マジでヤバ・・・許してくださいよぉ~」
哀願するも許されず玩弄され続ける沙々。
そんな2人の姿を袋小路の入り口から覗き見る影があった。
(あれは巴マミ・・・見滝原の魔法少女の中でも優等生レベルの筈だが何故?)
視線も我関せずとマミの右手中指は沙々の秘裂へ滑り込む。
「あッ...そ、そこは...」
指先が花芯に触れたのか、沙々は恥辱に頬を赤らめ、顔を逸らす。
「お互い、楽しみましょ?優木さん。」
意味あり気に微笑む巴マミ。
まどかマギカif...Ⅱ(完)

177肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/27(木)19:43:09 ID:6fn
さて、「まどかマギカif...」の第3部を始めましょうか。

178肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/27(木)19:44:02 ID:6fn
まどかマギカif...Ⅲ(1)
深夜の路地裏で四肢を拘束され、目に狂気を宿した巴マミの凌辱を受ける優木沙々。
マミは、ゆっくりと優しく花芯を撫で回す。
肉体で最も敏感な場所を、弄(もてあそ)ばれる屈辱と快感に沙々は嗚咽した。
「あら?刺激が足りなかったのかしら?もっと激しいのがいいの?」
指先を動かす速度を上げて激しく沙々の花芯を擦るマミ。
「あぁんッ...そ、そうじゃなくて.....」
思わず反論してしまう沙々。
考えてみれば身動き出来ない状態で飛び道具を持った相手に反論するのは無謀そのものだが今の沙々に考える余裕は無かった。
花芯は沙々の意思に反して刺激に反応し、膨れ上がっていく。
「ぁッ...あッ...ぁん.....」
花芯玩弄に官能を高められた沙々の口から切なげな声が漏れる。
「ん~?楽しんでくれてるみたいじゃない。」
マミは沙々の顔を覗き込みながら、笑っていない目でニヤリと笑う。
「ぁはぁ...あんッ...ぁッ、あッ.....」
激しい花芯責めに追い上げられ沙々は絶頂寸前で喘ぐ。
するとマミは指を動かすスピードを下げて、ゆっくり優しい愛撫に切り替えた。
刺激のパターンを変えられ、佐々の興奮は絶頂寸前から徐々に下がり始める。
「はぁ..はぁ.....はぁ.....」
荒い呼吸を繰り返しながらも息を整えようとする沙々。
それでも彼女の花芯はマミの愛撫で勃起したままなのだ。
(2)へ続く

179肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/29(土)03:48:40 ID:x21
まどかマギカif...Ⅲ(2)
指先の感触で沙々の花芯が膨れ上がっている事に気付いたマミは、左手で沙々の体を抱きしめると相手の唇を
貪るかの如く激しい口付けをした。
(!...んッ...んん.....ん.....ん~ッ.....あぁ.....)
キスされた沙々には何を考える暇も無く、激情するマミに唇を吸われて理性が限界まで追い詰められていく。
ディープキスの間にもマミの指は執拗に沙々の花芯を嬲り続ける。
(ぁッ...あぁ~ん.....痺れる.....脳が...脳が.....痺れるよォ.....)
二重の官能に沙々は脳が痺れていくような錯覚を覚えた。
知略で上位の相手を従えるのが得意な筈の沙々でも、知覚をかき乱されては何も出来ない。
2、3分もディープキスが続いていただろうか。
マミがようやく唇を離すと、沙々は荒々しく息をしながら顔一面を紅潮させていた。
(...うぅ...何も..考える事が出来ない.....バカになっちゃったみたいだ.....)
息を整えようと努力する沙々。
しかしマミは、その努力をあざ笑うかの様に沙々の首筋から胸にかけて繰り返しキスして興奮を煽る。
(首..鎖骨...胸.....これって乳首を狙った布石?.....)
キスの最終目標が乳首である事を悟った沙々は次なる快楽責めを期待してしまう。
そしてマミの唇が沙々の乳房の先端を捉えて押し付けられた。
「!!...ぁ..あんッ.....感じるッ.....そこ、感じちゃうッッッ.....」
思わず声を上げてしまう沙々。
『上半身のクリトリス』とも呼ばれる乳首はパチニ小体と呼ばれる神経が集中している部分でもあり、
キスと愛撫で興奮状態にある沙々が感じやすくなっているのも無理は無い。
(3)へ続く

180肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/29(土)14:37:04 ID:x21
まどかマギカif...Ⅲ(3)
唇を開き、舌先を出して沙々の乳首を丹念に嘗め回すマミ。
「ぁ~ん.....く、くすぐったいよぉ.....」
四肢を魔法のリボンで緊縛され身動き出来ぬまま、目線を中空に泳がせて喘ぐ沙々。
同時にマミの指先は沙々の花芯を強弱緩急の差を使い分けながら刺激しているのだ。
「ぅうぅ.....狂っちゃう...狂っちゃうよぉ.....」
沙々の肉体は理性によるコントロールを失い、マミの責めに反応して悶えるばかりであった。
「そろそろ準備OKってところかしら?」
指先から手首まで流れ伝わってくる沙々の花蜜に気付いたマミは次の段階へ移ろうとしっている。
拘束された沙々の両手のリボンを伸ばし、両足のリボンを縮める。
すると沙々の上半身は地面に向かって下降し、両足は左右へ大きく開かれていく。
腰が地面に着いたところで下降は止まった。
今や沙々の肉体は両乳首を屹立させ、濡れそぼる秘裂を露わにしてマミの前に晒されているのだ。
魔法少女優木沙々は只すすり泣いていた。
巴マミは犠牲者の前に立って、満足げにその光景を見下ろしながら辛子色のスカートの前をたくし上げる。
パンティを身に着けていないマミの股間には少女に有るまじきものが存在していたのだ。
おぼろげな意識の中で、肉色をした蠢く男根触手を見て、沙々は自分の運命を悟った。
(犯される.....犯されちゃうんだ.....)
目が座った顔のマミが、しゃがんで近付いてくる。
「優木さん、一つになりましょ?」
マミは沙々の両足を抱える姿勢で股間を近づけていく。
(4)へ続く

181肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/30(日)03:42:13 ID:rX1
まどかマギカif...Ⅲ(4)
沙々は自分の陰部に近づいて来るマミの股間を観察した。
肉色の物体は中心部の太い触手の周りから数本の細い触手が生えていて、細い方が蠢いているのだ。
(うぅ...気持ち悪いよォ.....)
思わず目を背けた沙々だったが、男根触手は無情にも彼女の秘裂に押し付けられる。
じりじりと秘裂を左右に割って沙々の肉体へ侵入してくる男根触手。
(...や..やめ...い、痛い.....)
拒絶する意思とは裏腹に丹念なキスや愛撫で興奮し切っている彼女の肉体は花蜜に潤み、触手を受け入れていく。
「っ...ハァ.....ハァ...ハァ.....」
深淵を押し広げられる痛みに呼吸を乱す沙々。
「あら?貴女、処女だったの?意外ね。」
マミは沙々の苦悶を楽しむかのように笑っていない目で見降ろして微笑む。
「..や...優しくして.....」
乏しい性愛の知識を動員して沙々は虚しく懇願する。
だが触手は躊躇なく乙女の証しを突き破った。
「!!...んぁぁ~ッ...」
痛みに思わず声を上げてしまう沙々。
しかしマミは男根触手の先端が深淵の底へ到達するや、容赦なく隆々たる尻を振ってピストン運動を始めるのだ。
「あッ、ぁッ、あッ...激しいッ!...激しすぎるッ!!...」
苦しみの表情を浮かべて悶絶する沙々だが、マミは抽送を止めようとはしない。
路地裏の惨劇は、いつまで続くのか?
(5)へ続く

182肝井◆hC1yo3z59U:2018/10/03(水)18:00:01 ID:4WN
まどかマギカif...Ⅲ(5)
寝静まった街の片隅で、男根触手に意識を乗っ取られたマミは、沙々を犯し続ける。
破瓜の痛みに咽(むせ)ぶ沙々の気持ちなど無関係に、少女の肉体を貪る触手マミ。
触手本体から出た細い触手が沙々の花芯や菊門をも同時に刺激し、苦痛と快感の両面から追い詰めていく。
「...くふぅ.....き...気が狂いそう.....」
しきりと首を振り官能地獄を否定しようとする沙々。
だが、触手マミは現実逃避を許さない。
2、3本の細い触手が花芯を絡め捕って嬲り者にする。
菊門を責めていた数本の細い触手が絡まりあって突起を形成し、菊門を貫く。
深淵と菊門を同時に貫かれながら、マミに唇を奪われ、更には乳房を揉みしだかれた。
逃げ場の無い蹂躙に沙々は総てを諦める。
しかし、それで終わりでは無かったのだ。
凌辱の頂点で男根触手は沙々の体内に魔液を発射した。
例のなぎさを狂わせた奴だ。
脳を直撃する快楽の津波に抗(あらが)えないのは沙々とて同じだった。
女性オーガズムの数倍を超える快感に、意識を失う沙々。
触手マミは満足げに少女の深淵から男根触手を引き抜き、自身の秘裂へとしまい込む。
そして、ぐったりと横たわる沙々の姿を尻目に夜の帳(とばり)へと姿を消した。
その姿を目撃していた観察者は内心怖れを抱く。
(巴マミ・・・彼女にいったい何があったと言うんだ!?)
観察者は慌てて主人の元へと急ぎ、現場には沙々だけが取り残されていた。
(6)へ続く

183肝井◆hC1yo3z59U:2018/10/09(火)02:21:42 ID:v0y
まどかマギカif...Ⅲ(6)
翌朝、まどかは眠い目を擦りながら通学路を歩いていた。
さやかはマゾに堕ち、既にいない。
いつもなら仁美と合流している頃だが、彼女も偽救急車事件以降、姿を見かけない。
まともな神経の人間なら人前に姿を現わせない程の恥辱を受けたのだから仕方がないと、まどかは思う。
教室に入ると、ほむらと目が合う。
しかし昨日の事件のショックから挨拶を交わす気にもなれない。
やがて担任の早乙女先生が現われ、日常が始まるが、まどかは上の空だった。
その頃、見滝原市の別の一角ではマミの凶行を目撃した観察者が主人と思しき少女と話し合っている。
「明らかに何かおかしいわね。巴マミは奴らに捕らえられて何かされたという事なのかしら。」
「以前見かけた時には同性に欲情するような子じゃなかったのに・・・。」
主人らしき少女は少し考えてから言った。
「とにかくマミを私たちの要観察対象である鹿目まどかに近付けさせないで。」
「うん、注意しておくよ織子。」
観察者は小さく頷く。
一方、佐倉杏子は借りているホテルの部屋で夜に備えて就寝しようとしたが、昨夜の事件が気に掛かって寝付けない。
(あれはいったい、どういう事なんだ・・・いつか私もマゾになっちまうって事なのか?冗談じゃねぇ・・・)
どうにも入眠出来ない苛立ちから、あても無くホテルを出る杏子。
ゆまも慌てて後を追う。
街を行く杏子の目前で事件は起きた。
目の前5メートルを歩いていた若い女が、何処からともなく飛来した投げ縄に絡め捕られたのだ。
(7)へ続く

184肝井◆hC1yo3z59U:2018/10/15(月)02:23:50 ID:dV3
まどかマギカif...Ⅲ(7)
苛立ち、考え事をしながら歩いていた杏子は咄嗟(とっさ)の対応が取れなかった。
女は投げ縄で引きずられて左側に林立しているビルの隙間へと消えていく。
事態に気付き、我に返った杏子が女の後を追うが、既に魔法使いの結界反応が無い。
「これも移動性の結界って事なのかよ・・・。」
ソウルジェムを手に結界の入り口を探し求める杏子。
何を媒体として移動しているのか手がかりさえ掴めれば対抗手段も見つかる筈だった。
だが、丹念に周囲を探しても反応を掴む事は出来なかったのだ。
杏子は捜索を諦めて路地裏を出ていく。
もし彼女が数メートル上に着目していれば話は違っていたかもしれない。
そこには光ファイバーケーブルの中継ポイントがあったのだ。
ケーブルの遥か先にある魔法使いの結界では先程捕らえられた女が屈強な男の姿をした使い魔達に衣服を引き剥がされ、
綿ロープで裸体を縛り上げられていた。
恐るべし、新たなる魔法使いは光ファイバーの中を自在に行き来する能力の持ち主なのか。
相手が光のスピードで移動するのでは、さすがの魔法少女も手の打ちようが無い。
表通りに戻った杏子は策を練る為に市街地の散策を続ける。
(姿を見せない相手からの奇襲、どう防げばいい?まず相手の能力と限界を知りたい。何か手立ては・・・)
歴戦の強者らしい思考を巡らせながら赤髪の少女は行く。
同じ頃、志筑仁美は自宅で思い悩んでいた。
級友たちの噂では、さやかが行方不明になっているらしい。
最愛の少女が自分を守る為に犠牲になってくれた事を想い、仁美は気が気ではない。
(8)へ続く

名前: mail:

【2:398】さくらタンを馬並み浣腸でお仕置きⅡ
1肝井#エロ大家:2015/04/12(日)23:25:50 ID:Jct
では皆さん、本日より新スレに移行して「さくきび」シリーズ続編の
掲載を行いたいと思います。
一つ、お付き合いの程、よろしくお願いします。



389肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/16(日)03:45:13 ID:091
さくらと乙女たちの堕天(148)
知世は緊縛されたマルの肉体に羽箒を使いながら、この数日で侑子から教えられた事を思い返していた。
それは縛りの練習をしていた時の事だ。
「いい?知世ちゃん。上手く縛っても相手の心を縛る事は出来ない。」
「それはどういう事ですの?」
「相手の心を縛れば縄が無くても相手の行動を束縛出来るわ。」
「心を縛る・・・」
「例えば相手に出来そうも無い指示を出して、出来なかった事を追及し、相手の心に枷を填めるの。」
「つまり精神的な負い目を利用するのですね・・・。」
肉体から精神へと責めの対象を変化させる、これを試してみようと考える知世。
細かく、優しく肌を撫で回す羽箒の感触に官能を高められ頬を染めているマルに向かって仕掛けた。
「マルさん、私がいいと言うまで気を遣ってはダメですよ。いい?」
快感に流され、うわの空で聞いているマルが意味を理解できているかは怪しいところだ。
こそばゆさに身を捩(よじ)れば、たちまち縄が肉に食い込んで苦痛を生じる。
どちらかの足を動かせば股縄の結び目が花芯を擦って刺激した。
「ぁッ、あッ、ぁは~んッッッ.....」
断続的に襲って来る苦痛と快感の繰り返しにマルは我を失う。
そして禁じられていたにも関わらず絶頂に上り詰めてしまったのだ。
「私の言いつけを守って下さらなかったのですね・・・仕方ないですわ、お仕置きにしましょう。」
瞳を潤ませて余韻に浸(ひた)るマルを見下ろしながら、知世は宣言した。
マルは禁則を犯した事に気付いたが手遅れである。
(149)へ続く

390名無しさん@おーぷん:2018/09/18(火)00:09:14 ID:82J
見てます!頑張ってください!

391肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/22(土)18:13:26 ID:zsN
さくらと乙女たちの堕天(149)
予め用意してあった蝋燭に火をともし熱蝋責めを素早く支度する知世。
「知世ちゃん...やめて...マルは...」
言い訳しようと口ごもるマルだが、知世は構わず蝋燭を握ってマルの体の上にかざす。
溶けた蝋が肌に垂れるとマルは体を捩って熱がり悶えた。
当然、動けば体中に張り巡らされた縄が肉体に食い込み、更には股縄が花芯を擦る。
熱さ、痛さと快感の同時攻撃に気も狂わんばかりになってしまうマル。
その時、知世は侑子の教えを思い起こした。
「知世ちゃん、苦しめるだけではダメよ。相手の心を突き放してしまう。許しを与えて心を引き戻すの。
何事もバランスが肝心なのよ。」
5分も責めるとマルは泣かんばかりの形相になったので、知世は責めの手を止めてマルに覆いかぶさり教訓を垂れる。
「いい事?マルさん。私の言いつけを守らないと痛く苦しくなるのですよ。これからは気を付けてね。」
そしてマルの髪を撫でながら抱きしめ、唇を重ねた。
許しのキスで機嫌が直り、表情を和らげるマル。
その後、羽箒責めが再開され、我慢できずにお仕置きされる繰り返しが続く。
官能と苦痛、罰と許しの連続に被虐の情念は燃え上がる。
マルは何時(いつ)の間にか責めとキスを求める様になっていた。
ものの1時間も経たないうちにマルの心は知世にコントロールされる様になってしまったのだ。
侑子の教えを血肉化した知世の手腕恐るべしであろう。
一連の調教を傍らで見分していた侑子は確信した。
(この仕上がりなら問題なく現場に戻せそうね・・・。)
(150)へ続く

392肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/22(土)18:15:46 ID:zsN
>>387
>>390
応援ありがとうございます!
次回で「さくらと乙女たちの堕天」は最終回を迎えますが、
続編「さくらと楽園追放」を鋭意制作中です。
お楽しみに。

393肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/22(土)18:16:45 ID:zsN
>>387
>>390
応援ありがとうございます!
次回で「さくらと乙女たちの堕天」は最終回を迎えますが、
続編「さくらと楽園追放」を鋭意制作中です。
お楽しみに。

394肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/24(月)21:58:32 ID:xpl
さくらと乙女たちの堕天(150)
その日、さくらは他の少女たちと共に大広間での朝礼に出ていた。
1人ずつ玉座の御前に進み出ての公開オナニーと従属宣言をさせられた後、担当メイドに付き添われる。
そこまでは前日と変わらない。
ところが大広間の扉が開き侑子のアシスタント、モロが走り込んできて玉座の楓の傍らで何かを告げた。
楓は大急ぎで玉座を立ち、少女と担当メイドが並ぶ列まで移動する。
間もなく侑子とマル、そして誰かが大広間に入って来た。
謎の人影は頭から白いベールを被り誰かは解らない。
侑子は玉座へと進んで腰を降ろし、その左右にマルとモロ、誰かが並んだ。
「今日まで皆さんをお待たせしたのは色々と準備があったからです。いい子で過ごせてましたか?」
いつになく上機嫌な侑子が口を開いた。
さくらは玉座の主(あるじ)の帰還に不安を抱く。
「早速紹介しましょう。はい!」
侑子はベールを被った人物に合図する。
ベールが、はらりと床に落ちて姿を現したのは大道寺知世だった。
さくらが親友の生存に安堵するのも束の間、その装束に驚く。
黒いエナメルのボンテージ服に膝丈越えのエナメルブーツ、肘より長いエナメルの手袋。
まるで黒豹の如き精悍さを帯びた出で立ちに鋭い眼光。
2週間にも満たない短期間で人はここまで変わるものかと、さくらは思う。
「ご心配かけました、大道寺知世ですわ。今日からまたよろしく。」
慇懃に挨拶する知世だが、さくらは違和感しか感じなかった。
さくらと乙女たちの堕天(完)

395肝井◆hC1yo3z59U:2018/09/24(月)22:02:17 ID:xpl
「さくらと乙女たちの堕天」、本日完結しました。
如何でしたか?
次回作「さくらと楽園追放」は鋭意制作中です。
50話くらい書き溜めてから順次発表します。
いよいよ「さくきび」シリーズも最終章。
如何なる完結を迎えるのでしょうか。
お楽しみに。

396名無しさん@おーぷん:2018/09/29(土)14:27:40 ID:8Yu
あげ

397読者A:2018/09/30(日)15:58:44 ID:Dx2
毎回ワクワクしながら読んでいます。
詳細な浣腸描写ですが、スレ主さんは浣腸の経験者ですか?
こんな詳細な描写は経験者でないと描けないと思うのですが・・・???

398肝井◆hC1yo3z59U:2018/10/03(水)18:08:56 ID:4WN
>>397
SM雑誌とかのアナル開発講座とかが知識の源泉です。
浣腸する前にアナルマッサージで括約筋を解すという部分を入念に描写している
のは、無理に肛門を広げると痔になるという話を信じ、さすがに幼女が痔になるのも
可哀想だと考えた為です。
実際に浣腸された経験は3~4歳頃に一度だけで、強烈に腹が痛くて
喚き散らしていた記憶しかありません。
後から騒いだ事について親に怒られたオマケ付きです。

名前: mail:

【3:4】CCさくら板へようこそ
1名無しさん@おーぷん:2018/07/21(土)14:41:08 ID:lGH
スレを閉じる前に一言どうぞ



2名無しさん@おーぷん:2018/07/21(土)14:50:54 ID:mUq
哀れみの1レス

3名無しさん@おーぷん:2018/07/21(土)14:51:33 ID:lGH
>>2
夏休みキッズ釣るために増やしとるんやぞ

4名無しさん@おーぷん:2018/08/27(月)20:19:33 ID:fMT
どゆこと?

名前: mail:

【4:13】おんJ からきたンゴ誰かおるかー?
1名無し:2018/08/24(金)03:08:17 ID:JaT
ゴーウィーwゴーウィーw



4名無し:2018/08/24(金)03:09:53 ID:JaT
何もかも完璧wとはいかないけどww

5名無し:2018/08/24(金)03:10:40 ID:JaT
心の底に泉があるの♪ww

6名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:13:46 ID:eHj


7名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:13:53 ID:4R4
巣に帰れ

8名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:14:08 ID:3bw
おはこんばんちは(^o^)v

9名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:14:49 ID:3bw
ガンダーラガンダーラ♪

10名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:15:12 ID:3bw
愛のぉお国ぃぃいい♪

11名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:15:30 ID:3bw
ガンダーラァ…

12名無しさん@おーぷん:2018/08/24(金)03:16:17 ID:4F2
きんいーろのー眠りからーさめてー

13名無し:2018/08/24(金)03:19:45 ID:JaT
楽しくなってきたンゴねぇ

名前: mail:

【5:7】埼玉西武ライオンズC.C.Lee投手について語るスレ
1名無しさん@おーぷん:2016/05/14(土)03:45:42 ID:kF5
はーい、よーいスタート



2名無しさん@おーぷん:2016/07/07(木)20:07:22 ID:P6d
はーつっかえ
ほんまつっかえ

3名無しさん@おーぷん:2016/07/09(土)12:06:11 ID:dYu
気持ち悪いなお前
俺おもしれえええええええとでも思いながらスレ立てたのか?

4名無しさん@おーぷん:2016/07/09(土)14:42:21 ID:OHn
>>3
そらそうよ

5名無しさん@おーぷん:2018/03/10(土)11:23:41 ID:xB8
悲しいなあ

6名無しさん@おーぷん:2018/04/02(月)15:16:35 ID:TDk
二年も前のスレやんけ

7名無しさん@おーぷん:2018/06/03(日)02:32:39 ID:seU
いまドコでナニしとるんやろか

名前: mail:

【6:2】さくらちゃんよしよし
1名無しさん:2018/05/13(日)18:22:18 ID:HSb
んちゅーっ❤️



2名無しさん@おーぷん:2018/08/17(金)12:09:03 ID:zg4
酷いスレやで

名前: mail:

【7:2】【おーぷん】カードキャプターさくら本スレ ★1
1名無しさん@おーぷん:2018/04/06(金)18:57:16 ID:v7Y
誰もいないよなあ…



2名無しさん@おーぷん:2018/04/06(金)18:57:57 ID:v7Y
本家はそこそこ盛り上がってんのに

名前: mail:

【8:26】彡(゚)(゚)「男のサクラちゃんが好きなんや!」
1名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)01:14:43 ID:k8Y
┏━━━━━━━┓
┃  / \  ┃
┃ /   \ ┃
┃  (^) (^)ミ ┃
┃ 丿    ミ┃
┃ つ  (  ┃
┃  ) (  ┃
┗━━━━━━━┛



2名無しさん@おーぷん:2015/05/22(金)22:43:56 ID:Ag9
アーイキソ

3名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)23:04:47 ID:8q9
あったかいふとんでぐっすりねる!こんな楽しいことがほかにあるか。

26名無しさん@おーぷん:2018/04/03(火)09:04:30 ID:37r
残当

名前: mail:

【9:7】彡(°)(°)「お、さくらちゃんおるやん。犯したろ」
1名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)00:57:14 ID:QIz
┏━━━━━┓
┃   / \  ┃
┃ /     \┃
┃ (゚) (゚)ミ  ┃
┃ 丿     ミ ┃
┃ つ   (  ┃
┃   )  (   ┃
┗━━━━━┛



2名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)00:58:32 ID:Foa
レリースされたんやな

3名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)00:58:45 ID:Bc5
いきましたー

4名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)01:02:55 ID:C1i

J( ‘ー`)し「これは息子をレリースするチャンス!(さくらちゃんが危ない!)」

5名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)01:05:53 ID:n8i



6壮大:2015/05/22(金)20:38:12 ID:v0f
 ふ

7名無しさん@おーぷん:2018/04/02(月)18:23:57 ID:dD5
>>5
キモい

名前: mail:

【10:8】彡(^)(^)「せや!なんまめにあるまとめパクってスレ立てたろ!」
1名無しさん@おーぷん:2017/03/02(木)17:59:18 ID:6X6
彡(^)(^)「おっ、早速まとめられたか、どこのサイトやろ?」

な  ん  ま  め



2名無しさん@おーぷん:2017/03/29(水)04:42:10 ID:KQS
訪問記念レス

3名無しさん@おーぷん:2017/08/12(土)11:05:49 ID:WyW
訪問記念レス

4名無しさん@おーぷん:2017/10/07(土)19:40:40 ID:zLc
こんなところにおんj民の足跡が

5【74】【66】【10】:2017/10/07(土)19:41:37 ID:VGr
しかもなんまめ

6名無しさん@おーぷん:2017/11/04(土)16:24:32 ID:diX
模範的なんまめ民

7肝井◆hC1yo3z59U:2018/01/18(木)00:18:09 ID:tCk



ちょっとしたテストですので、お気になさらないでください。

8肝井◆hC1yo3z59U:2018/01/23(火)00:07:06 ID:roO



取り敢えず画像添付の実験です。

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net